シノン城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷
フランス
シノン城
シノン城
英名 The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes
仏名 Val de Loire entre Sully-sur-Loire et Chalonnes
登録区分 文化遺産
登録基準 (i),(ii),(iv)
登録年 2000年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
シノン城の位置
使用方法表示

シノン城Château de Chinon)は、フランスロワール渓谷アンドル=エ=ロワール県シノンにある城。

立地[編集]

シノン城の重要性はその立地条件、すなわちヴィエンヌ川の岸辺の、ちょうどロワール川との合流地点に立つという位置から生まれる。有史以前からフランスの川は主要な流通経路であった。ヴィエンヌ川が、ポワトゥーの肥沃な南平野とリモージュの都市とを結び、ロワール川はさながら広大な大通りの役割を果たした。ロワール川は、西海岸にあるナントの港で海とつながり、東はイル・ド・フランスにもつながっていた。シノン城はヴィエンヌ川の中洲に立っているので交通の便がよく、また岸壁に立ちふさがる岩が天然の砦となるだけでなく例年のように起こる川の氾濫に対する堰ともなる。

建築[編集]

城は台地の高い位置にあり、巨大な城は町全体を見下ろしている。この地はガロ・ローマンの砦であったように思われる。4世紀の終わりごろに聖マルティヌスの弟子聖メクシムが、最初に庵を、次いで街の東の傾斜地に修道院を建てた。後に城の基礎建築となるこの修道院は中世初期に最も栄え、美しく装飾された大きな教会堂、回廊、司祭の住居が1区画、といった規模を誇ったが、16世紀のユグノー戦争に続き1789年フランス革命で城は閉鎖、一部解体された。前方にはひどく破壊されたファサードと塔だけが残されていたが、現在は修復されて文化センターとして使用されている。

歴史[編集]

シノンの山は954年ブロワ伯爵テオバルド1世の拠点として築城された。12世紀のシノンはアンジューにあり、プランタジネット家出身のイングランド王ヘンリー2世の居城となっていた。ヘンリー2世は、長さ1,300フィート以上、幅250フィート、高さ115フィート(14世紀の時計塔)という巨大な城の建築ほぼすべてに関わっている。シノンは、アンジュー帝国の莫大な領土における南の中心地として、ポワティエボルドーを支えていた。1173年、ヘンリー2世はシノン城ほか大陸側においてアンジュー帝国の要ともいえる3つの城を、末子のジョンに与えようとして、当時共同君主であった次男の若ヘンリー王の公然たる抗議にあい、やがてジョン以外の3人の息子たち、若ヘンリー王、リチャードジェフリーの反乱をまねくこととなる。1189年、ヘンリー2世は失意の中この城で亡くなり、彼とエレアノール王妃、息子のリチャード1世は、全員近くのフォントヴロー修道院に埋葬されている。

水はないものの深い堀があり、その堀でシノン城は3つの区画に分けられる。東の部分は「聖ゲオルギウスの砦」、中央部は「ミリューの城」、西の部分は「クードレイの砦」と呼ばれる。13世紀初期にカペー朝がアンジューを併合すると、フィリップ2世ルーアンパリ同様、円筒形の本丸を「クードレイの砦」の入り口に増築する。 本丸(もしくは天守閣)は「クードレイの塔」と呼ばれ、1307年に起こったテンプル騎士団の弾圧の際、騎士が抑留され拷問された。

15世紀初期、シノン城はフランス王太子(のちのシャルル7世)の居城となった。ジャンヌ・ダルク1429年3月8日にシノン城を訪れ、王太子を見分けて、自分が王であることを宣言し、軍を立ち上げてフランスをイギリスから解放するよう訴えている。

1562年に、シノン城はユグノーの所有となり、アンリ4世はこれを国家刑務所とした。このあと城は放置されるが、恐怖政治時代の1793年ヴァンデの反乱により城は一時的に占拠される。しかしすぐに城は放置されて荒廃する。 その後、ナポレオン3世が部分的に修築に取りかかった。現在、シノン城は主要な観光地として、シノンの町によって運営されている。

ワイン[編集]

シノンは、ロワール側対岸のブルグイユとともに、ロワールワインの中では最も優れたワインの一つといわれている。AOCシノンは、シノン、リグレなど18の村で算出する。

赤は、カベルネ・フランを75%以上、のこりはカベルネ・ソーヴィニョンで作られ、十分なタンニンとほどよい酸味があり、よいヴィンテージのものは20年以上飲むことができる。日本での購入価格が千円前後と手軽な、軽い味わいの赤ワインもある。

白ワインは、生産量が少ないが、シュウナン・ブラン種のぶどうを使ったこくのある辛口である。

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg フランスの世界遺産
World Heritage Sites in France

文化遺産
モン=サン=ミシェルとその湾 | シャルトル大聖堂 | ヴェルサイユの宮殿と庭園 | ヴェズレーの教会と丘 | ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群 | フォンテーヌブローの宮殿と庭園 | アミアン大聖堂 | オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」 | アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群 | フォントネーのシトー会修道院 | サラン=レ=バンの大製塩所からアル=ケ=スナンの王立製塩所までの煎熬塩の生産 | ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場 | サン=サヴァン・シュル・ガルタンプ修道院付属教会 | ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋) | ストラスブールのグラン・ディル | パリのセーヌ河岸 | ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿 | ブールジュ大聖堂 | アヴィニョン歴史地区:教皇宮殿、大司教座の建造物群およびアヴィニョン橋 | ミディ運河 | 歴史的城塞都市カルカソンヌ | フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 | ベルギーとフランスの鐘楼群(ベルギーにまたがる) | リヨン歴史地区 | サン=テミリオン地域 | シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷 | 中世市場都市プロヴァン | オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル | 月の港ボルドー | ヴォーバンの防衛施設群 | アルビの司教都市 | コースセヴェンヌ、地中海の農耕・牧畜の文化的景観 | アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(ほか5か国と共有) | ノール=パ・ド・カレーの鉱業盆地
自然遺産
ピアナのカランケ、ジロラータ湾、スカンドーラ自然保護区を含むポルト湾 | ニューカレドニアのラグーン:サンゴ礁の多様性と関連する生態系 | レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群
複合遺産
ピレネー山脈のモン・ペルデュ(スペインにまたがる)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | フランスの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、フランスの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。