マレーネ・ディートリッヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マレーネ・ディートリッヒ
Marlene Dietrich
マレーネ・ディートリッヒMarlene Dietrich
本名 Marie Magdalene Dietrich
生年月日 1901年12月27日
没年月日 1992年5月6日(満90歳没)
出生地 ドイツの旗 ドイツ帝国ベルリン
死没地 フランスの旗 フランスパリ
国籍 ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優歌手
活動期間 1919 - 1984
配偶者 ルドルフ・ジーバー(1924-1976、死別)
家族 マリア(娘)

マレーネ・ディートリッヒMarlene Dietrich1901年12月27日 - 1992年5月6日)はドイツ出身の女優歌手

1920年代ヴァイマル共和国のドイツ映画全盛期に花開き、1930年代からはハリウッド映画に出演、1950年代以降は歌手としての活動が多かった。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1901年に、プロイセン王国近衛警察士官の次女としてベルリンで生まれる。幼くして父が病死、継父も、第一次世界大戦で戦死。生活費を稼ぐため酒場などで歌っていた。また、フランス語を独学で取得。18歳で国立ヴァイマール音楽学校に入学してバイオリニストを目指すが、手首を痛めて音楽家を断念。

映画デビュー[編集]

1921年マックス・ラインハルトの演劇学校に入学、翌年には『ナポレオンの弟』で映画デビュー。1924年に、助監督のルドルフ・ジーバーと結婚。同年12月には娘マリアを出産後、ジーバーとは別居となる。夫はカトリックであり、離婚が認められていなかった。

1930年ベルリンの舞台に立っていたところを映画監督ジョセフ・フォン・スタンバーグに認められドイツ初のトーキー『嘆きの天使』に出演。退廃的な美貌、セクシーな歌声、その脚線美で国際的な名声を獲得した。

アメリカへ[編集]

同年、パラマウントに招かれてアメリカ合衆国に渡りゲイリー・クーパーと共演した『モロッコ』でハリウッド・デビュー、アカデミー主演女優賞にノミネートされた(『モロッコ』は日本語字幕映画の第1作である)。『上海特急』でスターの座を確立する。 ユダヤ人監督スタンバーグとのコンビで黄金時代を築く。

アメリカ軍への慰問(1944)

1935年の『西班牙狂想曲』がヒットしなかったのを最後にスタンバーグ監督との公私にわたる関係を解消、しばらく低迷する。当時のドイツの指導者であるアドルフ・ヒトラーはマレーネがお気に入りだったようでドイツに戻るように要請したが、ナチスを嫌ったマレーネはそれを断って1939年にはアメリカの市民権を取得した[1]ため、ドイツではマレーネの映画は上映禁止となる。1940年代からは西部劇ブロードウェイの舞台にも立って活躍した。また、占領下のフランスからジャン・ギャバンも渡米しており交際、やがて、自由フランス軍にギャバンは志願したが、文通は続け、やがてアルジェリアで再会した。

第二次世界大戦中の1943年からはUSO(前線兵士慰問機関)の一員として活動、アメリカ軍兵士の慰問にヨーロッパ各地を巡り反ナチスの立場を明確にした。戦地で兵士が口ずさんでいた「リリー・マルレーン」をおぼえ、対独放送でも歌った。

戦後、壊滅したベルリンで、奇跡的に母親と再会、その2か月後に、母は急死した。その功績によりアメリカからは1947年大統領自由勲章(アメリカ市民として最高の栄誉)、フランスからはレジオンドヌール勲章を授与された。

なお、1944年にはバルジの戦い中のアルデンヌにおいてアメリカ軍の慰問を行った際に急襲してきたドイツ軍に捕えられそうになったが直前に回避し事なきを得た。戦後、しばらくパリでギャバンと暮らしたが次第に疎遠となり別れた。

歌手活動[編集]

若い女優の登場で映画出演の機会は減ったが、ラスベガスでのリサイタル依頼があり、成功をおさめ1950年代からは歌手としての活動が多くなり、アメリカ合衆国やヨーロッパを巡業。1958年からはバート・バカラックと組んでいる[2]1960年には念願の故郷ドイツでの公演を行った。マレーネは「裏切り者」と罵声を浴びせられながらも、暖かい歓待も受けるという彼女に対するドイツ人の複雑な感情を見せつけられた。1970年大阪万博(EXPO'70)と1974年に来日してコンサートを行った(実はもっと昔、1948年にも極東駐留の将兵への慰問のため日本にも立ち寄っており、その時に土産として買ったいわゆる豆カメラのひとつ「マイクロ」が報道され、同機の輸出が急速に伸びたという話がある[3])。

メリー・ホプキンの『悲しき天使』(Those Were the Days)という曲のヒットでも知られている。

1976年、ギャバンと夫を立て続けに亡くした。

引退[編集]

マレーネ・ディートリッヒの墓銘碑

1975年、コンサート中に足を骨折して活動を引退せざるをえなくなる[4]。 引退後はパリに隠棲。引退から時期がたってもファンレターは絶えず、「パリ市。マレーネ・ディートリヒ様」と書くだけで手紙が届いたと言う。引退後の姿はまったく謎に包まれており、人々の興味の対象となった。

ドイツの大衆紙『ビルト』が、ある老女の写真を「現在のマレーネ・ディートリッヒだ」とスクープを出したことがあるが、彼女の親族によって否定された。

それまで生まれた地ベルリンを語ることはなかったが、1989年のベルリンの壁崩壊の際には、いつになく興奮して「私は生粋のベルリンっ子よ、素晴らしいわ私の街は自由よ」と語ったという。

死去[編集]

1992年パリで死去。死因は肝臓と腎臓障害であったとされる。亡くなる前の12年間は寝たきりであったという。葬儀はパリのマドレーヌ寺院で行われ、その後遺骸がベルリンに移されベルリンでも葬儀が行われた。

その遺骸は同年、彼女の望み通りベルリンの母の墓の横に葬られた。死後、ベルリン中心のポツダム広場に隣接した広場が「マレーネ・ディートリッヒ広場」と命名された。

2002年、ベルリン名誉市民となった。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1930 嘆きの天使
The Blue Angel
ローラ・ローラ
モロッコ
Morocco
アミー・ジョリー
1931 間諜X27
Dishonored
X27
1932 上海特急
Shanghai Express
上海リリー(マデリーン)
ブロンド・ヴィナス
Blonde Venus
ヘレン・ファラデイ
1933 恋の凱歌
The Song of Songs
リリー
1934 恋のページェント
The Scarlet Empress
ゾフィア(後のエカチェリーナ2世
1935 西班牙狂想曲
The Devil is a Woman
コンチャ・ペレス
1936 真珠の頚飾
Desire
マドレーヌ・ド・ボープレ
沙漠の花園
The Garden of Allah
ドミニ・エンフィルデン
1937 鎧なき騎士
Knight Without Armour
アレクサンドラ・ウラディノフ
天使
Angel
マリア・エンジェル・バーカー
1939 砂塵
Destry Rides Again
フレンチー
1940 妖花
Seven Sinners
ビジュー・ブランシュ
1941 焔の女
The Flame of New Orleans
クレール・ルドゥー
大雷雨
Manpower
フェイ・デュヴァル
1942 淑女の求愛
The Lady Is Willing
エリザベス・マッデン
スポイラース
The Spoilers
チェリー
男性都市
Pittsburgh
ジョジー・ウィンターズ
1944 キスメット
Kismet
ジャミラ
1946 狂恋
Martin Roumagnac
ブランシュ・フェラン
1947 黄金の耳飾り
Golden Earrings
リディア
1948 異国の出来事
A Foreign Affair
エリカ・フォン・シュルートウ
1950 舞台恐怖症
Stage Fright
シャーロット・インウッド
1952 無頼の谷
Rancho Notorious
アルター・キーン
1956 八十日間世界一周
Around the World in Eighty Days
サロンのホステス
モンテカルロ物語
The Monte Carlo Story
マリア・ド・クレヴクール侯爵夫人
1957 情婦
Witness for the Prosecution
クリスティーネ
1958 黒い罠
Touch of Evil
ターニャ
1961 ニュールンベルグ裁判
Judgment at Nuremberg
ベルトホルト夫人
1964 パリで一緒に
Paris, When It Sizzles
本人 クレジットなし
1979 ジャスト・ア・ジゴロ
Schöner Gigolo, armer Gigolo
ゼーメリング男爵夫人 カメオ出演
1984 MARLENE/マレーネ
Marlene
ナレーションのみ

その他[編集]

  • 真実のマレーネ・ディートリッヒ Marlene Dietrich: Her Own Song(2001) - マレーネの孫デヴィッド・ライヴァ監督のドキュメンタリー。
  • 永遠のヒロイン(NHK 2010年)

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ノミネート
1931年 アカデミー主演女優賞:『モロッコ

ゴールデングローブ賞[編集]

ノミネート
1958年 主演女優賞 (ドラマ部門):『情婦

通称[編集]

本名はマリー・マグダレーネ・ディートリッヒ(Marie Magdalene Dietrich)であるが、彼女はファーストネームミドルネームを合わせて1つとして現在良く知られている通称を自身創造した。つまりMarie Magdaleneの太文字部分を合わせ、マレーネ・ディートリッヒ(Marlene Dietrich)とした。

第二次世界大戦開戦後アフリカ戦線で敵味方両軍の間でブレークした『リリー・マルレーン』はララ・アンデルセンが最初にリリースしたものである。原題は"Lili Marleen"とディートリッヒの通称・マレーネ("Marlene")とスペルが若干異なるが、英語読みすると似た発音になる。彼女は"Lili Marlene"としてカバーして、連合軍兵士を慰問した。日本では『リリー・マルレーン』はマレーネのオリジナルと見なされているほどである。

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dietrich applied for US citizenship in 1937 ("Marlene Dietrich to be US Citizen". Painesville Telegraph, 6 March 1937.); it was granted in 1939 (see "Citizen Soon". The Telegraph Herald, 10 March 1939. and "Seize Luggage of Marlene Dietrich". Lawrence Journal World, 14 June 1939).
  2. ^ Bach 1992, p. 395.
  3. ^ 小倉磐夫『国産カメラ開発物語』朝日選書684 pp. 141~142
  4. ^ 'Act follows suggestion of song's title', Toledo Blade, Ohio 7 Nov. 1973, p37.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]