ジャン・ギャバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ギャバン
Jean Gabin
ジャン・ギャバンJean Gabin
本名 Jean-Alexis Moncorgé
生年月日 1904年5月17日
没年月日 1976年11月15日(満72歳没)
出生地 パリ
国籍 フランスの旗 フランス

ジャン・ギャバンJean Gabin1904年5月17日 - 1976年11月15日)は、フランス映画俳優歌手としても活躍した。往時のフランス映画を代表する名優で、深みのある演技と渋い容貌で絶大な人気を得た。

来歴・人物[編集]

1904年パリに生まれる。ギャバンの父はミュージック・ホールの役者、母は歌手であり、ギャバンも自然に芝居の道へ入った。場末のミュージック・ホールで主に活動し、この時期に演技はもちろん、歌についても相当の修練を経ている。

1930年、『メフィスト』ではじめて映画に出演。しばらく鳴かず飛ばずの状態だったが、1935年ジュリアン・デュヴィヴィエ監督となった『地の果てを行く』に出演し、これで当りをとった。以降デュヴィヴィエとのコンビで『ゴルゴダの丘』『我等の仲間』『望鄕』に出演。ことに『望鄕』によってギャバンはその名声を不動のものとする(この映画のなかでギャバンはシャンソンを実際に歌っていて、ミュージック・ホール時代の面影を彷彿とさせる)。

1937年ジャン・ルノワール監督の『大いなる幻影』に出演して後は活動の幅を広げ、同監督の『獣人』、マルセル・カルネの『霧の波止場』でも演技を見せるが、第二次世界大戦の激化にともないアメリカへ移住。この時期にはギャバンにめずらしく『夜霧の港』のようなアメリカ映画にも出演している。

戦後、フランスへ帰国。1954年にはジャック・ベッケルの『現金に手を出すな』に主演し、同作品によってヴェネツィア国際映画祭男優賞受賞。1950年代はギャバンの円熟期とも称すべき時期で、1954年のうちにマルセル・カルネの『われら巴里ッ子』やジャン・ルノワールの『フレンチ・カンカン』などにも出演している。

1960年代以降は渋い老役を中心に脇役にまわるようになり、『地下室のメロディー』や『暗黒街のふたり』などの重厚な演技が知られる。またこの時期にはシムノンメグレ警視役を持役にしてシリーズ作品が作られた。

ギャング映画に数多く出演し、晩年はマフィアの組長役などを好演した。三度の結婚と三度の離婚を経験し、マレーネ・ディートリッヒと浮名を流したことでも有名。気さくな性格で、共演者からも愛された俳優だった。1976年11月15日午前6時(日本時間午後2時)パリ郊外にあるヌイイのアメリカン病院にて心臓発作により逝去。72歳だった。

日本特撮テレビ番組宇宙刑事ギャバン』の名前の由来になっている。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1933 上から下まで
Du haut en bas
シャルル
トンネル
Le tunnel
マック・アラン
1934 白き處女地
Maria Chapdelaine
フランソワ
はだかの女王
Zouzou
ジャン
ゴルゴダの丘
Golgotha
ピラト
1935 地の果てを行く
La Bandera
ピエール
1936 我等の仲間
La belle équipe
Jean dit Jeannot
どん底
Les bas-fonds
ペペル
1937 望郷
Pépé le Moko
ペペ
大いなる幻影
La grande illusion
マレシャル中尉
愛慾
Gueule d'amour
ルシアン
1938 霧の波止場
Le quai des brumes
ジャン
獣人
La bête humaine
ジャック
1939 珊瑚礁
Le récif de corail
陽は昇る
Le jour se lève
フランソワ
1941 曳き船
Remorques
アンドレ
1942 夜霧の港
Moontide
ボボ
1943 逃亡者
The Impostor
1946 狂恋
Martin Roumagnac
ルタン・ルーマニャック
1947 面の皮をはげ
Miroir
リュサック
1948 鉄格子の彼方
Le mura di Malapaga
フランス・ピエール
1950 港のマリィ
La Marie du port
アンリ・シャトラール
1951 夜は我がもの
La nuit est mon royaume
レエモン・パンサアル ヴェネツィア国際映画祭 男優賞 受賞
1952 愛情の瞬間
La minute de vérité
ピエエル・リシャアル
1953 ラインの処女号
La vierge du Rhin
1954 現金に手を出すな
Touchez pas au grisbi
マックス ヴェネツィア国際映画祭 男優賞 受賞(『われら巴里っ子』での演技と共に)
われら巴里っ子
L'air de Paris
ヴィクトル ヴェネツィア国際映画祭 男優賞 受賞(『現金に手を出すな』での演技と共に)
フレンチ・カンカン
French Cancan
アンリ・ダングラール
1955 筋金を入れろ
Razzia sur la Chnouf
アンリ・フェレ
その顔をかせ
Le port du désir
ル・ケヴィック船長
首輪のない犬
Chiens perdus sans collier
ラミイ判事
地獄の高速道路
Gas-oil
シャプ
1956 ヘッドライト
Des gens sans importance
ジャン・ヴィァール
殺意の瞬間
Voici le temps des assassins
アンドレ
罪と罰
Crime et châtiment
パリ横断
La traversée de Paris
1957 医師
Le cas du Dr Laurent
赤い灯をつけるな
Le rouge est mis
ルイ・ベルタン
1958 殺人鬼に罠をかけろ
Maigret tend un piège
メグレ警部
レ・ミゼラブル
Les Misérables
ジャン・バルジャン
夜の放蕩者
Le désordre et la nuit
バロワ警部
可愛い悪魔
En cas de malheur
アンドレ・ゴビヨ
大家族
Les grandes familles
ノエル
1959 放浪者アルシメード
Archimède, le clochard
ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (男優賞) 受賞
サン・フィアクル殺人事件
Maigret et l'affaire Saint-Fiacre
メグレ警部
子供たち
Rue des Prairies
アンリ
1960 ギャンブルの王様
Le baron de l'écluse
アントワーヌ男爵
1961 親分は反抗する
Le cave se rebiffe
1962 冬の猿
Un singe en hiver
アルベール・カンタン
エプソムの紳士
Le gentleman d'Epsom
1963 地下室のメロディー
Mélodie en sous-sol
シャルル
メグレ赤い灯を見る
Maigret voit rouge
メグレ警部
1965 皆殺しのバラード
Du rififi à Paname
ポウロ・レ・ディアム
1967 太陽のならず者
Le soleil des voyous
ドニ
パリ大捜査網
Le pacha
ジョス
1969 シシリアン
Le clan des Siciliens
ヴィットリオ・マナレーゼ
1970 ジャン・ギャバン/ドン
La horse
1971 Le chat ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (男優賞) 受賞
1973 事件
L'affaire Dominici
ガストン・ドミニク
暗黒街のふたり
Deux hommes dans la ville
ジェルマン・カズヌーブ
1974 愛の終わりに
Verdict
ミュニエール判事
1976 脱獄の報酬
L'année sainte
マックス・ランベルト

外部リンク[編集]