ルイ・ド・フュネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・ド・フュネス
Louis de Funès
ルイ・ド・フュネスLouis de Funès
本名 ルイ・ジェルマン・ダヴィッド・ド・フュネス・ド・ガラルザ
生年月日 1914年7月31日
没年月日 1983年1月27日(満68歳没)
出生地 クールブヴォア
国籍 フランスの旗
職業 俳優
ジャンル 喜劇

ルイ・ド・フュネス(Louis de Funès、1914年7月31日クールブヴォア - 1983年1月27日ナント、出生名ルイ・ジェルマン・ダヴィッド・ド・フュネス・ド・ガラルザ Louis Germain David de Funès de Galarza)はフランス喜劇俳優。約140本もの映画に出演し、20世紀後半のフランス映画で最も有名な俳優の一人であるだけでなく、1960年代から1980年代初頭にかけてのフランス映画の興行収入の比類無き第一人者であり、2億7千万もの集客数を数えた。

約20年間の演劇及び映画界での修行ののち、1950年代後半の『パリ横断 La Traversée de Paris』(1956年)で彼は、大げさな身振りを伴う演技によって、衝動的で、文句屋で、愚直な喋り屋で、時には暴れ者といった、典型的なフランス人のキャラクターを作り上げた。その後の20年間では、長編シリーズ『大混戦 Gendarme de Saint-Tropez(サントロペの憲兵)』、『ファントマ Fantômas』三部作, Le Corniaud, La Grande Vadrouille, Oscar, La Folie des grandeurs, Les Aventures de Rabbi Jacob, L'Aile ou la Cuisse ou La Soupe aux choux などで多くの聴衆の人気を得た。フランス国外でもヨーロッパをはじめ、中でもソビエト連邦で大きな成功を収めた。幾つかの映画の脚本家、『L'Avare(守銭奴)』(1980年)では共同監督も務めた。

(本稿では日本公開されている映画および定まった邦題が検索可能なものは可能な限り邦題とその後に欧文原題を書き、日本未公開で邦題未定のものは欧文原題の後に括弧付きで訳題を、邦題が原題と大きく異なり尚且つ本文の都合上説明が必要な場合は邦題と欧文原題の後に括弧付きで訳題を記す。映画以外の演劇や参考文献についてはこの限りではない)

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カスティーリャ地方の没落した貴族の出身であるルイ・ド・フュネスは、カルロス・ルイ・ド・フュネス・ド・ガラルザ(1971年マラガ - 1944年5月19日)とレオノール・ソト・レグエラ(1878年1月21日オルティグエイラ - 1957年10月25日モンモランシー)の3番目の子供であり、1904年に父が母と結婚した後スペインから移住してきた。母方はその父がマドリッドで著名な弁護士であるブルジョアの家系であり、最初は彼らの結婚に反対していたが、最終的には多額の持参金を持たせて結婚を承認した。

2人の兄姉はマリー(出生名マリア・テオリンダ・レオノール・マルガリータ、1907年7月20日クールブヴォア - 1993年10月28日パリ、2度目の結婚で映画監督フランソワ・ジルの妻となった)と、シャルル(出生名カルロス・テオリンド・ハヴィエル、1908年9月12日 - 1940年5月20日ルテル)である。シャルルはフランス軍第152小隊の兵士としてドイツ軍の機関銃によって戦死した。

不思議な性格で、フランスに来てからは弁護士の仕事を続けられなかった父は、突然ダイアモンド職人になった後「仕事が発展する事を願って」ベネズエラに旅立ち、そこで結核にかかって1934年にスペインで孤独死した。それに対して母は、ルイの喜劇の最初の先生となった。

母は「そうりゃ、捕まえるじゃのう」と(スペイン語訛りで)叫びながらテーブルの周りを回って私を追いかけた。このような振る舞いから、彼女は無意識のうちに役者としての天分を持っていたのだ。 --ルイ・ド・フュネス 『フュネスからフュネスまで de Funès et de Funès』2005年、p. 38

彼女はまた、彼が5歳の時に最初のピアノのレッスンを教えた。幼きルイはその少年時代のすべてを、彼の通ったジュール・フェリー学校のあるヴィリエ=シュル=マルヌセーヌ=エ=オワーズ県)で過ごした。

1930年、16歳の時、パリのコンドルセ高校での学業が半ばにさしかかった頃、革職人となっていた兄の勧めにより、バスティーユ広場の近くにある皮革専門学校に入学したが、教師へのヤジを咎められて退学となった。それから幾つかの製革所で様々な技術を身につけたがことごとく首となり、また職業労働に対して怠慢だったため、両親は1932年に彼を自宅から徒歩圏内の写真映画学校に入学させ、そこで彼は映画科を選択した。クラスには、ずっとのちに彼の様々な映画の写真家となるアンリ・ドゥカエがいた。

ルイ・ド・フュネスはあまり外向的なタイプではなかった。のちに毎回新しい映画でお互い会う度に、彼は決まって20年や30年前の写真映画学校での冗談「チオ硫酸ナトリウムソーダ」(写真の定着剤に使われる化学薬品)を私に叫んで笑うのだった。それは先生が我々にその薬品の特性を教えるときの強い口調のものまねであり、我々の間の共通の冗談であった。 --アンリ・ドゥカエ 『カーネル Kernel』2004年、p. 184

最終的に、彼は故意の火事によって退学させられる。職を見つけてはすぐに首にされ失業者となる繰り返しの生活が始まった。「高等教育を放棄した後、私の父はあらゆる小さな仕事をやった。彼は家の中ではその事を一切語らなかったので、インタビューでその事を語っているのは多少の脚色があるかもしれない」と、息子のオリヴィエ・ド・フュネスは語っている。

1936年4月27日、サンテティエンヌでジェルメーヌ=ルイズ=エロディ・カロワイエ(1915年3月7日パリ - 2011年9月28日クレルモン)と最初の結婚をする。1937年7月12日には長男ダニエル=シャルル=ルイが生まれるが、既に3年後に夫婦は別居状態となり、1942年になってやっと正式な離婚をする。パリ占領時代、彼は小さな仕事(ショーウィンドーのデザイナー、靴磨き、郵便の糊付け人など)を転々としたのち、バーのピアニストとなり、そこでエディ・バークレーと出会う。「ルイ・ド・フュネスは、私と同じように楽譜を読むのは得意でなかったが、耳は良かった。彼は素晴らしい音楽家だった。役者である事は語らなかった。」彼は夜中まで12時間に及び様々なハコで演奏し、そのギャラとレッスン料で小さなるつぼの家賃を払って貧窮な生活を立てていた。

私は1942年にマドレーヌ寺院界隈でピアニストをしていた彼と出会った。場末のビストロで私は彼とピアノの連弾をした。最後に私が一人で弾いている間、フュネスはピアノの上によじ上って歌った。 --映画人ジョルジュ・ロートネルの回想

彼は『Pas de week-end pour notre amour(僕らの愛に週末は無い)』、『La Rue sans loi(無法地帯の通り)』、『サラサラと鳴る Frou-Frou』, 『大追跡 Le Corniaud』, 『大進撃 La Grande Vadrouille』, 『Le Grand Restaurant (大レストラン)』 そして 『オーケストラの男 L'Homme orchestre』 といったいくつもの映画の中で、当時のこのような仕事を演じている。

1943年にジャンヌ=オーギュスティーヌ・バルテレミーと再婚する。二人はモーブージュ通り42番地の小さな二間に住む。1944年、次男ののパトリックが、そして1949年には三男のオリヴィエが生まれた。オリヴィエはのちにその父の6本の映画制作に携わり、またOscarではキャストを演じた。

最初の舞台[編集]

1942年、28歳の時、彼は喜劇役者になる決意をし、モリエールの戯曲『スカパンの悪だくみ』を演じた事でルネ・シモン演劇教室の入学試験に合格した。在籍期間はわずかしか無かったものの、のちにMarc-Gilbert Sauvajon脚本の映画L'Amant de pailleでフュネスが出演するきっかけを作った俳優ダニエル・ジェランなど多くの仲間と知り合う。

驚くべき偶然だった。ある日私がメトロの先頭車両から降りると、次の車両にルネ・シモン演劇教室で知り合いだったダニエル・ジェランが乗り込むのを見かけた。電車の扉が閉まる瞬間、彼が私に叫んだ。「明日電話してくれよ。君にちょっと仕事を頼みたいんだ。」 --ルイ・ド・フュネス

ダニエル・ジェランも、仔細は異なるものの、このメトロのホームでの出会いを自伝に書いている。

劇場での端役をこなす間、フュネスはピアニストとしてレッスンや夜のパリのバーでの演奏で糊口を凌いでいた。1945年、またもやルイが「私の幸運」とあだ名するダニエル・ジェランのおかげで、Jean Stelliの映画『La Tentation de Barbizon(バルビゾンの誘惑)』でデビューする。脇役であるがキャバレー『天国』の門番として、彼は映画の中で最初のセリフを発する。閉じた入口に入ろうとする客(ピエール・ラルケイ)に向かって、「ふん、今日は酔っぱらってやがるな!」その後も様々な端役・脇役をこなしていき、時には Bernard de LatourのDu Guesclin (1948年)のように、バンドの指揮者、占い師、大家と、一つの映画の中で複数の役を演じたこともあった。1949年、当時人気作家だったLuis Marianoの喜劇『Pas de week-end pour notre amour(僕らの愛に週末は無い)』で、準主役である男爵専属のピアニスト(主役はジュール・ベリー)を演じ、オペレッタの雰囲気をスクリーンに持ち込み、またクラシックやジャズのナンバーを演奏した。

人気上昇[編集]

1950年、彼はMax Révolの一座Les Burlesques de Parisのピアニスト兼役者であった。Sacha GuitryによってLa Poison (1951), Je l'ai été trois fois (1952), Si Paris nous était conté (1955)といった映画で様々な端役の仕事を与えられ、また特に『La Vie d'un honnête homme(正直者の生涯)』 (1953)では「へつらってずる賢く悪巧みをしていそうな」味のある召使いを演じた。この映画で彼の個性は洗練されていき、「しかめ面も付け髭も無く自然に」そうした役どころを演じた。またClaude Gensacの仕事に初めて参加した。1952年、Robert Dhéryとの出会いが二人を大きく変化させたにもかかわらず、彼の一座Branquignolsに参加した。また評論誌Bouboute et Sélectionにデビューする。

1952年、父はFeydeauの『耳の中の蚤 La Puce à l'oreille』を演じた。・・・公演の終わりに彼は小さなVernet劇場の舞台の上を走り回り、それがBouboute et Sélection誌のスケッチに載った。それから彼はメトロに乗り、浮浪者を演じるキャバレーに向かった。 --オリヴィエ・ド・フュネス Aknin 2005, p. 44

それから1953年に、フュネスは映画『Ah ! les belles bacchantes(ああ!美しい口ひげ)』で主役を演じた。この映画は大成功し2年に渡って上映され、彼の名を一躍有名にした。喜劇に特化した一座に参加した経験から、彼の技術は磨かれていた。その翌年に掛けては、Jean Loubignac, やJean Drévilleの『バルテルミーの大虐殺 La Reine Margot』といった最初期のカラー映画に出演した。同じ年、Jean Loubignacの『Le Mouton à cinq pattes(5本脚の羊)』でフェルナンデルと共演し、またGilles Grangierの『Poisson d’avril(エイプリルフール)』でブールヴィルと初共演した。先に『Sans laisser d'adresse(書き残されなかった住所)』 (1951) および 『Agence matrimoniale(結婚紹介所)』 (1952)に端役で出演していたJean-Paul Le Chanois監督からは、『Papa, maman, la bonne et moi (パパ、ママ、良い娘と僕)』 (1954) とその続編『Papa, maman, ma femme et moi (パパ、ママ、妻と僕)』 (1956)で準主役のM. Calomel役を与えられた。1954年から数えて18本以上の映画で、彼は準主役だけを与えられ続けた。

1956年、Claude Autant-Lara監督の『パリ横断 La Traversée de Paris』で食料品店員Jambier役を演じた彼は広く知られる事となった。ジャン・ギャバンおよびブールヴィルと共演した。強いギャバンの前では弱々しく、繊細なブールヴィルの前では怒りっぽく演じ、対等に張り合う姿は、のちの彼の個性を予見させた。今日ではカルト映画と見なされているにもかかわらず、彼はその「両面感情による絶え間ない演説」によって人々に記憶されている。その翌年からは、Maurice Regameyが『Comme un cheveu sur la soupe (スープの中の髪の毛のように)』で彼をメインキャストに抜擢した。この自殺する作曲家の役で、彼は最初の賞となる1957年の喜劇俳優大賞を獲得し、「滅多に見かけない気取りの無い役柄で、この映画に長期興行をもたらした」との評を得た。同じく1957年、Yves Robertの『Ni vu, ni connu(見た事も聞いた事も無い)』で主役の密猟者Blaireau役に抜擢される。

Accompagné de son chien Fous le camp, cet « avatar rural de Guignol28 » brave toutes les formes d'autorité et finit toujours par échapper au garde-chasse.

映画は素晴らしい成功を収め、週刊誌『フランス日曜日 France Dimanche』の1957年第20号の見出しに次のように書かれた。

「ルイ・ド・フュネス、フランスで最も滑稽な俳優」 --France Dimanche, Jelot-Blanc 1993, p. 109

また1958年にはAndré Hunebelleの『Taxi, Roulotte et Corrida』のスペイン公開では254万2千人もの集客を数えた。しかしながら、ここで彼の成功は一旦足止めとなり、暫くの間は余り重要ではない役ばかりを演ずるようになる。

決定的な二つの役[編集]

フュネスが次への躍進をはじめたのは、映画よりもまず劇場からであった。デビュー以来彼が舞台から離れた事は無く、特に1957年、Danielle Darrieux および Robert Lamoureuxと共演したRaimu作のFaisons un rêve de Sacha Guitryでは特に成功を収めた。俳優Jacques Lorceyの自伝によると、「これは私たちのサーシャ(・ギトリー)にとっての最後の大きな喜びだった。・・・この様々な事なるクリエイターたちによる成功は、劇場を生き延びさせる確信を与えた。」

1959年9月のKarsentyのツアーでは、パリで前年にClaude Magnierによって作られ Pierre MondyおよびJean-Paul Belmondoと共演したOscarの連続公演にデビューした。10月1日からは、地方及びマグリブへの100日間ツアーへも出発した。この成功により、1961年にパリでも同じ演目を再演することとなった。最初は渋っていたものの、最終的に彼はその再演を受け入れた。公演は大成功を納め、文字通りの偉業を成し遂げた。

ルイ(・ド・フュネス)はOscarを天才的に演じた。何かを生み出し、滑稽に振る舞うことに特に長けていた。彼はこの役どころに見事に花を添えたのだった。 --Pierre Mondy、Oscarでの共演者

彼はこの「フェチズム的な」役をさらに磨き、1967年にはÉdouard Molinaroの監督で映画化もされた。さらに1970年にはPierre Mondyによる新たな演出で再び舞台も再演された。

並行して、1961年にはGérard Oury監督の3作目の映画『悪い女 Le crime ne paie pas』で脇役のバーテンダーを演じた。この映画では唯一の喜劇役を務めた彼は、むしろ作品を喜劇にするよう監督を納得させようとした。「君は実のところ喜劇作家で、真実を表現しようとすると喜劇にしかたどり着かないんだ。」同じ年、Robert Dhéry監督の『ミス・アメリカ パリを駆ける La belle américaine』で彼は一人二役の双子(警察署長と工場主)を演じる。翌1962年には、Gilles Grangierの『Le Gentleman d’Epsom(エプソムの紳士)』で怒りっぽく貪欲なレストラン店主を演じ、ジャン・ギャバンと共演する。1963年には Jean GiraultがJacques Vilfridと共作した戯曲『格式張らずに Sans cérémonie』を映画化した『Pouic-Pouic』でJacqueline Maillanと共演し、再び主役に返り咲いた。フュネスは1952年、この戯曲の初演に(映画版ではChristian Marinが演じた)ホテル経営主の役で参加していたが、作品は余り知られていなかった。最終的に、その不成功およびそれを監督がプロデューサーに映画化の話を持ちかけたときの反応の悪さにもかかわらず、この映画は多くの聴衆の人気を得て、フュネスの第2のキャリアを築くきっかけとなり、以後その人気が衰える事はなかった。Oscarでは、Pouic-Pouicと同様に、落ち着いているが時には怒りっぽく、子供達と不和を抱える父親役を演じ、「まるでズボンのようなマスコット役」とla commedia dell'arte誌で評された。このように彼はその怒りっぽく、威圧的で、しかめっつらで、「1950年代の過度な雑音を消し去った」役どころを作り上げていった。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]