ドニス・ド・ラ・パテリエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Denys de La Patellière
ドニス・ド・ラ・パテリエール
本名 ドニス・デュボワ・ド・ラ・パテリエール
Denys Dubois de La Patellière
別名 Denis de La Patellière
生年月日 1921年3月8日
没年月日 2013年7月21日(満92歳没)
出生地 フランスの旗 フランス ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ロワール=アトランティック県ナント
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビ映画
活動期間 1949年 -
活動内容 1949年 助監督をつとめる
1954年 脚本家デビュー
1955年 監督デビュー

ドニス・ド・ラ・パテリエール(-パトリエールDenys de La Patellière1921年3月8日 - 2013年7月21日)は、フランス映画監督脚本家である。本名はドニス・デュボワ・ド・ラ・パテリエールDenys Dubois de La Patellière)。

人物・来歴[編集]

1921年(大正10年)3月8日、フランスのペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ロワール=アトランティック県ナント、デュボワ・ド・ラ・パテリエール家に生まれる。

1945年(昭和20年)の第二次世界大戦終結後、助監督として映画界に入り、ジョルジュ・ランパンらに師事する。1954年(昭和29年)、レオ・ジョアノン監督の『聖職剥奪』の脚本を執筆し、脚本家としてデビューする。同作は、同年の第4回ベルリン国際映画祭で銅熊賞を受賞している。

1955年(昭和30年)、ミシェル・ド・サン=ピエールアカデミー・フランセーズ賞受賞作『貴族たち』を映画化して、監督としてデビューした。ジャン・ギャバン作品を多く手がけた。

1990年代には、テレビ映画シリーズ『新・メグレ警視』のうち2作の脚本・監督を務めた。

おもなフィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]