バルビゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > イル=ド=フランス地域圏 > セーヌ=エ=マルヌ県 > バルビゾン


バルビゾン
Blason ville fr Barbizon (Seine-et-Marne).svg

BarbizonRue.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) セーヌ=エ=マルヌ県
(arrondissement) ムラン郡
小郡 (canton) Perthes
INSEEコード 77022
郵便番号 77630
人口動態
人口 1,490人
1999年
人口密度 283人/km²
地理
座標 北緯48度15分53秒 東経2度21分43秒 / 北緯48.2648度 東経2.3620度 / 48.2648; 2.3620座標: 北緯48度15分53秒 東経2度21分43秒 / 北緯48.2648度 東経2.3620度 / 48.2648; 2.3620
標高 平均:m
最低:75m
最高:93m
面積 5.27km²
バルビゾンの位置
バルビゾン
テンプレートを表示

バルビゾン (Barbizon) はイル=ド=フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県の村(コミューン)。フォンテヌブローの森に隣接している。19世紀にはジャン=フランソワ・ミレーに代表される風景画家たちが集まり、バルビゾン派と称された。このため、小さな村ではあるが世界中から観光客が訪れており、村は「画家たちの村バルビゾン(Barbizon Village de Peintres)」と名乗っている。

村名の歴史[編集]

  • 808年- カール大帝の書類の中にバルビティオ(Barbitio)として登場している。
  • 1222年- バルビュイゾン(Barbuison)
  • 1392年- バルビロン(Barbiron)
  • 1487年以降は現在と同じバルビゾン(Barbizon)と称される。ただし、シャイイ=アン=ビエールから切り離される形で、独立の地方自治体となったのは1903年11月20日のことであった。

姉妹都市・提携都市[編集]

バルビゾンにゆかりのある有名人[編集]

観光名所[編集]

バルビゾンの経済にとって、観光収入は非常に大きな比重を占める。

  • ガンヌの宿屋(l'auberge Ganne)- 1824年に開業され、バルビゾン派の画家たちとも縁が深かった。現在は県立展示館(Musée departemental)となっている。
  • ミレーの家(Maison de Millet)- 現在は記念館となっている。
  • ルソーの住居兼アトリエ(Maison-Atelier de Rousseau)- テオドール・ルソーの家だったもので、現在は記念館となっている。