アニー・ジラルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アニー・ジラルド
Annie Girardot
Annie Girardot
2005年
本名 Annie Suzanne Girardot
生年月日 1931年10月25日
没年月日 2011年2月28日(満79歳没)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
死没地 フランスの旗 フランス・パリ
身長 163 cm
職業 女優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1955年 - 2007年
配偶者 レナート・サルヴァトーリ(1962年 - 1988年)※死別

アニー・ジラルド(Annie Girardot, 1931年10月25日 - 2011年2月28日[1])はフランスパリ出身の女優。誕生名はAnnie Suzanne Girardot。

来歴[編集]

プロ・デビューは、1954年パリフランス国立高等演劇学校コンセルヴァトワール)を卒業後、コメディ・フランセーズの舞台に立った時である。彼女は、劇団に1957年まで残り、出演の合間には、テレビやラジオ、パリのナイトクラブへの出演も行っていた。映画には1955年にデビュー、暗黒街での不審な悪女を演じることが多かった。1956年シュザンヌ・ビアンケッティ賞を受賞。彼女のイメージが変わるのは1960年出演したルキノ・ヴィスコンティ監督の『若者のすべて』からである。この作品で共演したレナート・サルヴァトーリと結婚し、死別するまで一緒だった。60年代初めには、ヴィスコンティやマルコ・フェレーリ監督のイタリア映画の作品に出演、60年代後半はルルーシュ作品に出演するが、70年代は彼女より若いイザベル・アジャーニなどの新人の母親役として活躍した。だが、60年代、70年代でもコメディ・フランセーズの経験を基にコメディ映画にも出演している。多数の映画に出演しているが本邦未公開作品が多い。

2011年2月28日、アルツハイマー病のためパリ市内の病院で死去。79歳没[1]

主な出演作品[編集]

  • 殺人鬼に罠をかけろ Maigret tend un piège (1958)
  • 若者のすべて Rocco e i suoi fratelli (1960)
  • 悪徳の栄え Le Vice et la vertu (1962)
  • 悪い女 Le Crime ne paie pas (1963)
  • マンハッタンの哀愁 Trois chambres à Manhattan (1965)
  • パリのめぐり逢い Vivre pour vivre (1967)
  • Erotissimo (1969)
  • あの愛をふたたび Un homme qui me plaît (1970)
  • ル・ジタン Le Gitan (1975)
  • 暗殺の報酬 Adieu blaireau (1984)
  • メルシー・ラ・ヴィ Merci la vie (1991)
  • レ・ミゼラブル Les Misérables (1995)
  • ピアニスト La Pianiste (2001)
  • 隠された記憶 Caché (2005)

日本のテレビ番組出演[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “アニー・ジラルドさん死去 フランスの女優”. 47NEWS(よんななニュース). (2011年3月1日). http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011022801000984.html 2013年4月12日閲覧。 

外部リンク[編集]