若者のすべて (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
若者のすべて
Rocco e i suoi fratelli
監督 ルキノ・ヴィスコンティ
脚本 ルキノ・ヴィスコンティ
パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
スーゾ・チェッキ・ダミーコ
マッシモ・フランチオーザ
エンリコ・メディオーリ
原案 ルキノ・ヴィスコンティ
スーゾ・チェッキ・ダミーコ
ヴァスコ・プラトリーニ
製作 ゴッフリード・ロンバルド
出演者 アラン・ドロン
レナート・サルヴァトーリ
アニー・ジラルド
音楽 ニーノ・ロータ
撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集 マリオ・セランドレイ
製作会社 ティタヌス
Les Films Marceau
配給 イタリアの旗 Manenti Film Sp.A.
日本の旗 イタリフィルム
公開 イタリアの旗 1960年9月6日
日本の旗 1960年12月27日
フランスの旗 1961年3月10日
上映時間 168分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
興行収入 イタリアの旗 ITL 61,200,000[1]
テンプレートを表示

若者のすべて』(わかもののすべて、イタリア語: Rocco e i suoi fratelli / フランス語: Rocco et ses frères)は、1960年製作・公開のイタリアフランス合作映画。ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞受賞。全編モノクロ。成功を夢見てミラノにやって来たイタリア南部の貧しい家族と都会での残酷な現実を叙情的に描いた作品。イタリア語とフランス語の原題は「ロッコと彼の兄弟たち」の意味。

概要[編集]

ジョヴァンニ・テストーリ英語版の小説『Il ponte della Ghisolfa』の1エピソードから着想を得た作品である[2]

ベリッシマ』以来、ヴィスコンティとの共同脚本に参加している女流脚本家スーゾ・チェッキ・ダミーコに加え、フランスのヌーヴェルヴァーグの映画作家たちと同世代の脚本家、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレマッシモ・フランチオーザ、そしてエンリコ・メディオーリを本作、つづいて1963年『山猫』に起用した。カンパニーレとフランチオーザは同1963年、『つかの間の恋心』を共同監督し、監督としてデビューした。『熊座の淡き星影』には、ダミーコとメディオーリだけが残った。

ストーリー[編集]

未亡人のロザリア・パロンディとその4人の息子たち(シモーネ、ロッコ、チーロ、ルーカ)が、イタリア南部のバジリカータ州から長男ヴィンチェンツォの住むミラノへやって来る。しかし駅に迎えに来るはずの長男の姿はない。長男は恋人ジネッタとの婚約祝いのパーティの最中だったのだ。息子たちとそこに乗り込んだロザリアはジネッタの母親と大喧嘩を繰り広げ、パーティをぶち壊してしまう。

かつてプロボクサーを目指していたことがあったヴィンチェンツォについてジムに行った次男シモーネは才能を認められ、ボクサーとして活躍するようになる。しかし練習に身が入らず、娼婦のナディアと遊び暮らして堕落した生活を送るようになる。三男ロッコはクリーニング店で働いていたが、シモーネがナディアにプレゼントするために女店主のブローチを盗んだことから、クビになってしまう。ロッコは徴兵のために街を去る。その後、長男ヴィンチェンツォはジネッタと結婚して独立、四男チーロは苦学の末、学校を卒業してアルファ・ロメオの技師となる。

1年2ヵ月後、ロッコは出所したばかりのナディアと街で偶然に出会い、2人は恋に落ちる[3]。しばらくしてロッコが退役する。ボクシングジムのマネージャーであるチェッリはシモーネには失望していたが、ロッコの才能を見抜き、スカウトする。ロッコと愛し合うようになったナディアは別人のように真面目な生活を送るようになっていたが、そんなロッコとナディアの関係を知り、激しく嫉妬したシモーネは、仲間を連れて2人を襲い、ロッコの見ている前でナディアを強姦する。ロッコとシモーネは激しく殴り合うが、ロッコはシモーネのためにナディアから身を引き、ボクサーとして活躍するようになる。

よりを戻したシモーネとナディアは自堕落な生活を送っていた。シモーネは多額の借金を抱え、警察に追われるまでに落ちぶれる。シモーネを救うため、ロッコは借金を肩代わりしてタイトル戦に挑む。一方、シモーネと別れ、再び娼婦として客を取るようになっていたナディアにシモーネは復縁を迫る。しかしナディアに口汚く罵られたシモーネは、怒りに任せてナディアをめった刺しにして殺してしまう。ロッコの祝勝会に現れたシモーネを、母親とロッコだけが優しく迎え入れる。シモーネがナディアを殺したと知った母親とロッコはシモーネをかばおうとするが、真面目なチーロが警察に通報し、数日後、逃隠れていたシモーネは逮捕される。

家を出ていたチーロに五男で末っ子のルーカが会いに来る。チーロを責めるルーカにチーロは、都会での生活が善人だったシモーネを破滅させてしまい、ロッコの寛大さがそれに輪をかけてしまったこと、そしてシモーネを誰よりも愛していることなど、様々な想いを語る。ルーカはチーロが家に戻ることを確認して帰って行く。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rocco e i suoi fratelli (1960) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年4月11日閲覧。
  2. ^ Rocco e i suoi fratelli (1960) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2013年4月11日閲覧。
  3. ^ ミラノのドゥオーモの屋上でデートするシーンがある。

外部リンク[編集]