クラウディア・カルディナーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Claudia Cardinale
クラウディア・カルディナーレ
クラウディア・カルディナーレ
本名 Claude Joséphine Rose Cardinale
生年月日 1938年4月15日(76歳)
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 女優
配偶者 Franco Cristaldi (1966-75)
パスクァーレ・スキティエリ
主な作品
映画
8 1/2
山猫 (映画)
フィツカラルド

クラウディア・カルディナーレ(Claudia Cardinale, 1938年4月15日-)はイタリア人の両親のもと、チュニジアに生まれたイタリア女優である。愛称はCC

来歴[編集]

母語はフランス語で、イタリア語は18歳になるまで話すことがなかった[1]。1957年、チュニジアで開かれた美人コンテストで優勝したことがきっかけで映画界入りした。

フェデリコ・フェリーニ監督やルキノ・ヴィスコンティ監督の作品が代表作。1960年代にはブリジット・バルドーBB)、マリリン・モンローMM)らと並び、CC(Claudia Cardinale)としてセクシー女優としても人気を誇っていた。

米国アカデミー賞で、第37回にプレゼンター(スティーブ・マックイーン録音賞)、第42回にリレー式の司会とプレゼンター(クリント・イーストウッド外国語映画賞ジェームズ・アール・ジョーンズ編集賞)を務めた。

2002年、イタリア共和国功労勲章(グランデ・ウッフィチャーレ)を受章。

複数回来日している。

プライベート[編集]

2009年

1966年に映画プロデューサーのフランコ・クリスタルディと結婚するが1975年に離婚。現在、ユネスコ親善大使にも就任し、教育を通した女性の権利保護活動を進めている。子供が2人おり[2][3]、1975年以来、映画監督パスクァーレ・スキティエリと暮らしている[4]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1959 暗殺指令
Vento del Sud
グラジア
刑事
Un Maledetto imbroglio
上と下
Upstairs and Downstairs
マリア
1960 汚れなき抱擁
Il bell'Antonio
バーバラ
ナポレオン/アウステルリッツの戦い
Austerlitz
ポーリーヌ・ボナパルト
女は選ぶ権利がある
Il Magistrato
マリア
若者のすべて
Rocco e i suoi fratelli
ジネッタ
太陽の誘惑
I delfini
フェドラ・サンティニ
1961 鞄を持った女
La ragazza con la valigia
アイダ
ビアンカ
La viaccia
ビアンカ
大盗賊
Cartouche
ヴィーナス
1963 8 1/2
Otto e mezzo
クラウディア
山猫
Il Gattopardo
アンジェリカ
ピンクの豹
The Pink Panther
ダーラ王女
ブーベの恋人
La Ragazza di Bube
マーラ
1964 サーカスの世界
Circus World
トニ・アルフレド
気ままな情事
Il Magnifico cornuto
マリア・グラジア
1965 熊座の淡き星影
Vaghe stelle dell'Orsa...
サンドラ・ドーソン
めかくし
Blindfold
ヴィッキー
1966 名誉と栄光のためでなく
Lost Command
アイシャ
プロフェッショナル
The Professionals
マリア・グラント
1967 サンタモニカの週末
Don't Make Waves
ローラ
1968 マフィア
Il giorno della civetta
ロザ
アフリカ大空輸
The Hell with Heroes
エレナ
恋人泥棒
Ruba al prossimo tuo
エスメラルダ
ウエスタン
C'era una volta il West
ジル・マクベイン
1969 SOS北極... 赤いテント
Красная палатка / La tenda rossa
ヴァレリア
1970 勇将ジェラールの冒険
The Adventures of Gerard
テレサ
1971 華麗なる対決
Les Pétroleuses
マリア
太陽の200万ドル
Popsy Pop
ポプシー
1972 ラ・スクムーン
La Scoumoune
ジョージア・サラトフ
1974 暗黒街の紋章/マフィアに血は生きる
I guappi
ルシア
家族の肖像
Gruppo di famiglia in un interno
教授の妻 クレジットなし
1977 ナザレのイエス
Jesus of Nazareth
姦淫の女 テレビ・ミニシリーズ
鉄人長官
Il prefetto di ferro
アンナ
1978 白熱マフィア戦争/皆殺しの抗争
Corleone
Rosa Accordino
狼の日曜日・狂暴ジャック
Goodbye e amen
Aliki
1979 オフサイド7
Escape to Athena
エレアナ
1980 狂える戦場
La pelle
Principessa Consuelo Caracciolo
1982 フィツカラルド
Fitzcarraldo
モリー
わたしは贈りもの
Le cadeau
アントネッラ
1983 プリンセス・デージー
Princess Daisy
Anabelle de Fourdemont Valenski テレビ映画
1984 クラレッタ・ペタッチの伝説
Claretta
クラレッタ・ペタッチ
1986 愛と哀しみの絆
La storia
アイダ テレビ映画
1987 ザ・ヒットマン/イタリアン・マフィア血の抗争
Naso di cane
ローラ テレビ映画
ア・マン・イン・ラブ
Un homme amoureux
ジュリア
1993 ピンク・パンサーの息子
Son of the Pink Panther
マリア
1999 キンスキー、我が最愛の敵
Mein liebster Feind - Klaus Kinski
- ドキュメンタリー
2002 男と女 アナザー・ストーリー
And Now... Ladies and Gentlemen...
マダム・ファルコネッティ
2008 HOLD UP!
Hold-up à l'italienne
セシル テレビ映画
2010 海の上のバルコニー
Un balcon sur la mer
マルクの母

日本のテレビ番組出演[編集]

関連書籍[編集]

  • 『クラウディア・カルディナーレ イタリアの可愛い女猫』
梶原和男編、シネアルバム35、芳賀書店 1976年

脚注[編集]

  1. ^ Claudia Cardinale (I) - Biography
  2. ^ “Film Star Reveals Secret of Baby Son”. The Sun Herald. (1967年4月16日). http://news.google.com/newspapers?id=DqBWAAAAIBAJ&sjid=ducDAAAAIBAJ&pg=3634,45285 
  3. ^ Claudia Cardinale. biography-center.com
  4. ^ Claudia Cardinale. lovegoddess.info

外部リンク[編集]