夏の嵐 (1954年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夏の嵐
Senso
監督 ルキノ・ヴィスコンティ
脚本 ルキノ・ヴィスコンティ
スーゾ・チェッキ・ダミーコ
カルロ・アリアネッロ
ジョルジョ・バッサーニ
ジョルジョ・プロスペーリ
原作 カミロ・ボイト
製作 ドメニコ・フォルジェス・ダヴァンツァーティ
出演者 アリダ・ヴァッリ
ファーリー・グレンジャー
撮影 G・R・アルド
ロバート・クラスカー
編集 マリオ・セランドレイ
製作会社 ルクス
配給 日本の旗 イタリフィルム / NCC
公開 イタリアの旗 1954年12月30日
日本の旗 1955年10月25日
上映時間 121分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

夏の嵐』(なつのあらし、イタリア語: Senso, 「官能」の意)は、ルキノ・ヴィスコンティ監督による1954年(昭和29年)製作・公開のイタリア映画である。原作はカミロ・ボイト短篇小説『官能』(Senso)。同監督初のテクニカラー作品。

伊墺戦争を背景に、ヴェネツィアの公爵夫人とオーストリア軍の将校との破滅的な恋をオペラ的に描いた歴史大作。音楽にアントン・ブルックナー交響曲第7番が用いられている。テネシー・ウィリアムズが台詞を協力し、監督助手としてフランチェスコ・ロージフランコ・ゼフィレッリが参加している。冒頭で上演されるオペラはジュゼッペ・ヴェルディの『イル・トロヴァトーレ』である。

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

1866年、オーストリア占領下のヴェネツィア。フェニーチェ歌劇場でオーストリア軍のフランツ・マーラー中尉(ファーリー・グレンジャー)と反占領軍運動の指導者ロベルト・ウッソーニ侯爵(マッシモ・ジロッティ)の決闘騒ぎが起こる。リヴィア(アリダ・ヴァッリ)は従兄のロベルトを救うため、フランツを桟敷席に招き、決闘の申し出を断るように頼む。決闘は免れたが、フランツの密告でロベルトは捕まって流刑になってしまう。リヴィアは夫のセルピエーリ伯爵に助けを求めたが、取り合ってくれなかった。

その夜、フランツと再会したリヴィアは彼に言葉巧みに言い寄られ、恋に落ちてしまう。秘密の部屋を借りて逢瀬を重ねる2人だったが、ある日、約束の時間になってもフランツが現れない。リヴィアは彼の宿舎に行ってみるが、フランツの姿はなく、仲間の将校から彼の遊び癖を聞かされる。やがて開戦し、フランツに会えないまま夫とアルデーノへ行くことになった。

そこへ突然フランツが現れ、リヴィアの思いが再燃してしまった。リヴィアはフランツ愛しさのあまり、ロベルトから預かった義援金を渡して医者の賠償費用にし、フランツを除隊させる。彼を追ってヴェローナへ行くと、酔っていたフランツは娼婦のクララを彼女に会わせ、口汚く罵った。ショックを受けたリヴィアは軍に事実を密告し、フランツは銃殺刑となる。リヴィアはフランツの名を泣き叫びながら暗い夜道を歩いていった。

エピソード[編集]

  • ヴィスコンティは当初「カトリックの結婚」を題材にした作品を準備していたが、予備検閲機関の否定的見解で中止となった。
  • スター主義者のヴィスコンティは、当初主演にマーロン・ブランドイングリッド・バーグマンを迎える予定だったのだが、実現しなかった。
  • 革命家ウッソーニ侯爵は物語の鍵を握る立場にある重要な人物であるように見えるが、出番が少ないため印象が薄い。これについてヴィスコンティは「もっと比重をかけて描きたかったが、さまざまな拘束がそうすることを妨げた」と語っている。ウッソーニはもともとボイトの原作には登場しない人物である。
  • マーラー中尉の名前は作曲家のグスタフ・マーラーにちなんでいる。のちにヴィスコンティは『ベニスに死す』でマーラーを思わせる男を主役として登場させている。
  • 撮影途中、撮影監督のG・R・アルドが事故死したため、ロバート・クラスカーが後を引き継いだ。
  • 本作は、日本で初めて公開されたヴィスコンティの長編作品である。今でこそ、ヴィスコンティ監督の代表作でイタリア映画史上でも重要な作品と考えられている本作だが、公開当時の日本ではほとんど無視され、1955年の「キネマ旬報ベストテン」では30人中3人のみの投票により29位という結果に終わっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]