ティルダ・スウィントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティルダ・スウィントン
Tilda Swinton
Tilda Swinton
2007年8月
本名 Katherine Mathilda Swinton
生年月日 1960年11月5日(53歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優
活動期間 1986年 -
主な作品
オルランド
ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女
フィクサー

ティルダ・スウィントンTilda Swinton, 1960年11月5日 - )は、イギリス女優。身長180cm。

生い立ち[編集]

ロンドンにて、キャサリン・マチルダ・スウィントン(Katherine Mathilda Swinton)として生まれる。父方の祖先はスコットランドの名家[1]、母親はオーストラリア[2][3]。1983年にケンブリッジ大学を卒業(専攻は政治学社会学)。

キャリア[編集]

大学卒業後、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで演劇を学ぶ。1980年代に映画監督デレク・ジャーマンと知り合い、1986年に同監督作品の『カラヴァッジオ』で映画デビュー。以後、ジャーマン作品の常連となる。1991年公開の『エドワードII』でヴェネツィア国際映画祭 女優賞を受賞。

1999年公開の『ザ・ビーチ』でハリウッド進出を果たし、2001年公開の『ディープ・エンド』でゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)の候補となる。2005年公開の『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』では白の魔女を演じた。

2007年公開の『フィクサー』 でアカデミー助演女優賞英国アカデミー賞 助演女優賞を受賞する。

1988年にはベルリン国際映画祭の、1998年にはヴェネツィア国際映画祭の、2004年にはカンヌ国際映画祭の審査員を務めている。2009年のベルリン国際映画祭では審査委員長を務める。

私生活[編集]

スコットランド北部在住。芸術家劇作家のジョン・バーン(John Byrne)との間に1997年生まれの男女の双子(ザビエル、オナー)を儲けているが、バーンとは結婚はしていない。2004年からサンドロ・コップというニュージーランドの画家との関係が続いている[4]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1986 カラヴァッジオ
Caravaggio
レナ
1987 アリア
Aria
少女
1988 ラスト・オブ・イングランド
The Last of England
1989 ウォー・レクイエム
War Requiem
看護婦
1990 ザ・ガーデン
The Garden
マドンナ
1991 エドワード II
Edward II
イザベラ ヴェネツィア国際映画祭 女優賞 受賞
1992 オルランド
Orlando
オルランド
1993 BLUE ブルー
Blue
声の出演
ウィトゲンシュタイン
Wittgenstein
リメンバランス/記憶の高速スキャン
Remembrance of Things Fast: True Stories Visual Lies
ドキュメンタリー
1996 イヴの秘かな憂鬱
Female Perversions
イヴ・スティーブンス
1997 クローン・オブ・エイダ
Conceiving Ada
エイダ
1998 愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像
Love Is the Devil: Study for a Portrait of Francis Bacon
ミュリエル・ベルチャー
1999 素肌の涙
The War Zone
2000 ザ・ビーチ
The Beach
サル
2001 バニラ・スカイ
Vanilla Sky
レベッカ・ディアボーン
ディープ・エンド
The Deep End
マーガレット・ホール
2002 アダプテーション
Adaptation.
ヴァレリー
2003 猟人日記
Young Adam
エラ
2005 コンスタンティン
Constantine
天使ガブリエル
ブロークン・フラワーズ
Broken Flowers
ペニー
ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女
The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe
白い魔女
サムサッカー
Thumbsucker
オードリー
2007 ヒストリー・オブ・ゲイシネマ
Schau mir in die Augen, Kleiner
ドキュメンタリー
フィクサー
Michael Clayton
カレン・クラウダー アカデミー助演女優賞 受賞
英国アカデミー賞 助演女優賞 受賞
倫敦から来た男
A Londoni férfi
マダム・マロワン
2008 ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛
The Chronicles of Narnia: Prince Caspian
白い魔女
バーン・アフター・リーディング
Burn After Reading
ケイティ・コックス
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
The Curious Case of Benjamin Button
エリザベス・アボット
2009 リミッツ・オブ・コントロール
The Limits of Control
コードネーム:ブロンド
ミラノ、愛に生きる
Io sono l'amore
エンマ 兼製作
2010 ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島
The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader
白い魔女
2011 少年は残酷な弓を射る
We Need to Talk About Kevin
エヴァ 兼製作総指揮
2012 ムーンライズ・キングダム
Moonrise Kingdom
ソーシャルワーカー
2013 オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
Only Lovers Left Alive
イヴ
スノーピアサー
Snowpiercer
2014 グランド・ブダペスト・ホテル
The Grand Budapest Hotel
マダム.D

参考文献[編集]

  1. ^ Tilda Swinton, one of our most unique actors, talks to Gaby Wood | Magazine | The Observer
  2. ^ Hattenstone, Simon (2008年11月22日). “Winner takes it all”. The Guardian. 2012年5月23日閲覧。
  3. ^ Tilda Swinton Biography”. Tiscali.co.uk. 2011年2月11日閲覧。
  4. ^ ハリウッドチャンネル (2008年3月13日). “ティルダ・スウィントンが愛に奔放!?二人の男性と同棲中!”. 2008年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]