フィクサー (2007年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィクサー
Michael Clayton
監督 トニー・ギルロイ
脚本 トニー・ギルロイ
製作 シドニー・ポラック
スティーヴン・サミュエルズ
ジェニファー・フォックス
ケリー・オレント
製作総指揮 スティーブン・ソダーバーグ
ジョージ・クルーニー
ジェームズ・A・ホルト
アンソニー・ミンゲラ
出演者 ジョージ・クルーニー
トム・ウィルキンソン
ティルダ・スウィントン
シドニー・ポラック
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ロバート・エルスウィット
編集 ジョン・ギルロイ
製作会社 Section Eight
Mirage Enterprises
Samuels Media
キャッスル・ロック・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 ムービーアイ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年10月5日
日本の旗 2008年4月12日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000
興行収入 $92,991,835[1]
テンプレートを表示

フィクサー』(原題:Michael Clayton)は、2007年公開のアメリカ映画。大手弁護士事務所に勤めるフィクサーが主人公のサスペンス映画ジョージ・クルーニー主演。監督・脚本をトニー・ギルロイが行い、彼の初監督作品でもある。

第80回アカデミー賞作品賞を含む7部門にノミネート。ティルダ・スウィントン助演女優賞を受賞。

ストーリー[編集]

NYの大手弁護士事務所のフィクサー(揉み消し屋)であるマイケル・クレイトンは自らの仕事に嫌気が差していた。そのためにフィクサーの仕事から足を洗おうと考え兼業していた料理屋は失敗し、多額の負債を抱えて金銭問題に追われていた。

その頃、マイケルが勤める弁護士事務所は、農薬関連の大企業U・ノース社側の弁護士として大規模集団訴訟を抱えていた。訴訟が大詰めを迎えていたさなか、主任弁護士で、事務所一の敏腕弁護士でもあるアーサー・イーデンスが全裸になると言う奇行に走る。NYからマイケルがすぐに派遣され、友人でもあるアーサーの起こした件の対応に走らされる。アーサーは自分は正気だと言うが当然誰にも信用してもらえず、鬱病の再発だと考えたマイケルはひとまずホテルに軟禁する。しかし、アーサーは行方をくらましてしまう。マイケルはアーサーの問題と金の問題で翻弄されることになる。

実は一連のできごとは、アーサーが良心から依頼人のU・ノース社を裏切ろうと考えたものだった。アーサーは予てより手に入れていた訴訟を全てひっくり返す機密文書で原告の勝利を確信していた。機密書類の存在に気付いたU・ノース社の法務部本部長カレン・クラウダーは、秘密裏にアーサーを監視させる。そして、弁護士事務所の対応も信用できなくなった彼女は雇った男たちを使ってアーサーを自殺に見せかけて殺すと、機密文書を手に入れたマイケルをも殺そうとする。しかし、マイケルは運良く難を逃れ、所持品を残して自分が死んだように見せかける。

U・ノース社と原告との間の和解が進む中、カレンの前にマイケルが現れ、機密文書と引き換えに大金を要求すると、カレンはその提案を受けると返答する。しかし、これはマイケルが弟の刑事ジーンと組んで仕掛けた罠だったのだ。カレンらは待機していた警察に逮捕される。

キャスト[編集]

  • マイケル・クレイトン - ジョージ・クルーニー(日本語吹替:小山力也): 大手弁護士事務所のフィクサー。
  • アーサー・イーデンス - トム・ウィルキンソン(日本語吹替:菅生隆之): 躁鬱病の弁護士。マイケルの同僚で親友。
  • カレン・クラウダー - ティルダ・スウィントン(日本語吹替:日野由利加): U・ノース社の法務部本部長。
  • マーティ・バック - シドニー・ポラック(日本語吹替:塚田正昭): マイケルの上司。
  • バリー・グリッソム - マイケル・オキーフ(日本語吹替:魚建): マイケルの同僚。
  • ドン・ジェフリーズ - ケン・ハワード: U・ノース社の役員。
  • ミスター・グリーア - デニス・オヘア: 事務所のクライアント。ひき逃げ事件を起こす。
  • ジーン・クレイトン - ショーン・カレン: マイケルの弟。刑事。
  • アナ - メリット・ウェヴァー: 集団訴訟の原告の1人。
  • ヘンリー・クレイトン - オースティン・ウィリアムズ(日本語吹替:小林由美子): マイケルの息子。
  • ティミー・クレイトン - デイヴィッド・ランズベリー: マイケルの従弟。マイケルに任された店を潰して借金を負わせる。
  • ダルベルト刑事 - デイヴィッド・ザヤス
  • ミスター・ヴァーン - ロバート・プレスコット(日本語吹替:檀臣幸): U・ノース社が雇った男。
  • ミスター・イケル - テリー・セルピコ(日本語吹替:世古陽丸): U・ノース社が雇った男。
  • ゲイブ・ゼイベル - ビル・レイモンド(日本語吹替:伊井篤史

スタッフ[編集]

主な受賞[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Michael Clayton (2007)” (英語). Box Office Mojo. 2013年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]