フィクサー (2007年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィクサー
Michael Clayton
監督 トニー・ギルロイ
脚本 トニー・ギルロイ
製作 シドニー・ポラック
スティーヴン・サミュエルズ
ジェニファー・フォックス
ケリー・オレント
製作総指揮 スティーブン・ソダーバーグ
ジョージ・クルーニー
ジェームズ・A・ホルト
アンソニー・ミンゲラ
出演者 ジョージ・クルーニー
トム・ウィルキンソン
ティルダ・スウィントン
シドニー・ポラック
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ロバート・エルスウィット
編集 ジョン・ギルロイ
製作会社 Section Eight
Mirage Enterprises
Samuels Media
キャッスル・ロック・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 ムービーアイ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年10月5日
日本の旗 2008年4月12日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000
興行収入 $92,991,835[1]
テンプレートを表示

フィクサー』(原題:Michael Clayton)は、2007年公開のアメリカ映画ジョージ・クルーニー主演。トニー・ギルロイの初監督作品。第80回アカデミー賞作品賞を含む7部門にノミネート。ティルダ・スウィントン助演女優賞を受賞。

ストーリー[編集]

6年間争われた農薬関連企業"U・ノース(United Northfield)"社への30億ドルの賠償を巡る集団訴訟は突如、和解を迎えた。

その4日前、U・ノース弁護団の主任弁護士アーサー・イーデンス(トム・ウィルキンソン)が、ミルウォーキーでの証言録取(Deposition)の席で全裸になり逮捕された。同僚の弁護士マイケル・R・クレイトン(ジョージ・クルーニー)はミルウォーキーに向かい、拘留中のアーサーを引き取る。アーサーは躁鬱病患者で、抗鬱剤の服用を怠っていたが、一方でU・ノース社の弁護について良心の呵責に苛まれていた。同社が販売した農薬"カルシテート(Culcitate)"の発がん性について、彼は重要な情報を握っていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主な受賞[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Michael Clayton (2007)” (英語). Box Office Mojo. 2013年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]