デニス・オヘア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニス・オヘア
Denis O'Hare
Denis O'Hare
2009年・トライベッカ映画祭にて
生年月日 1962年1月16日(52歳)
出生地 ミズーリ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 アイルランド系アメリカ人
職業 俳優
ジャンル テレビ・映画・舞台
活動期間 1983年 - 現在

デニス・オヘアDenis O'Hare, 1962年1月16日 - )は、アメリカ合衆国俳優である。

来歴[編集]

1962年ミズーリ州カンザスシティに生まれる。後にデトロイト郊外へ移り、15歳までそこで育った。母親はミュージシャンで、オヘア自身も幼少期は教会のオルガン奏者だった[1]。また、10代の頃は合唱団にも所属しており、舞台に出演した経験もある[2]1980年シカゴへ渡りノースウェスタン大学へ進学。

演技派としても知られ、これまでにリチャード・グリーンバーグの『Take Me Out』という舞台劇でトニー賞に輝いているほか、2005年にはブロードウェイミュージカルの『Sweet Charity』にてドラマ・デスク・アワードも授与された。そのほか、スティーヴン・ソンドハイムによるミュージカル『アサシンズ』へ出演して2004年のトニー賞候補にも挙がった。母親譲りの歌唱力を生かして、そのほかにも様々な舞台を踏んでいる。映画においても様々な役柄で出演しており、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『21グラム』や、ショーン・ペンが二度目のアカデミー主演男優賞を受賞した『ミルク』、クリント・イーストウッド監督の『チェンジリング』、レオナルド・ディカプリオが主演した『J・エドガー』などがある。2012年に、ニューヨークのパブリック・シアターにおいて、スティーヴン・ソンドハイムのミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』ではエイミー・アダムスらとも共演した。

テレビドラマへも数多くゲスト出演しており、近年ではFXが制作したホラーシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』へ出演。同作品では主人公たちが住む呪われた屋敷の前住人を不気味に演じた。同作品への出演でプライムタイム・エミー賞のミニシリーズ部門で助演男優賞にノミネートされた。私生活ではゲイであることを公表している[3]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

  • The American Experience (2007 - 2010) ※ドキュメンタリー
  • The Ghosts of Los Angeles (2011) ※短編
  • 5,000 Feet Is the Best (2011) ※短編

脚注[編集]

外部リンク[編集]