シェリー・ウィンタース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェリー・ウィンタース
Shelley Winters
Shelley Winters
『Tennessee Champ』(1954年)の予告編より
本名 Shirley Schrift
生年月日 1920年8月18日
没年月日 2006年1月14日(満85歳没)
出生地 ミズーリ州セントルイス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Paul Meyer (1942-1948)
ヴィットリオ・ガスマン (1952-1954)
アンソニー・フランシオサ (1957-1960)
Gerry DeFord (2006-2006)

シェリー・ウィンタースShelley Winters, 1920年8月18日 - 2006年1月14日)は、アメリカ合衆国女優ウィンターズとも。

来歴[編集]

イリノイ州東欧ユダヤ系移民の家に生まれた[1]。父親は紳士服のデザイナー、母親は歌手[2]。幼い時に家族とブルックリンに移る。ハリウッド・スタジオ・クラブで演劇を学んだ後、ブロードウェイの舞台に立つ。当時は同じ劇団に在籍していたマリリン・モンローと部屋をシェアしていたという。1943年に映画デビュー。

1959年の『アンネの日記』と1965年の『いつか見た青い空』ではアカデミー助演女優賞を、1972年の『ポセイドン・アドベンチャー』でゴールデングローブ助演女優賞を、それぞれ受賞した。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1947 ニューオーリンズ
New Orleans
ホルムブライト夫人 クレジットなし
二重生活
A Double Life
パット
1948 都会の叫び
Cry of the City
ブレンダ
1949 暗黒街の巨頭
The Great Gatsby
マートル・ウィルソン
1950 ウィンチェスター銃'73
Winchester '73
ローラ・マナーズ
1951 その男を逃すな
He Ran All the Way
ペギー
陽のあたる場所
A Place in the Sun
アリス・トリップ
ダニー・ウィルソン物語
Meet Danny Wilson
ジョイ・キャロル
1954 サスカチワンの狼火
Saskatchewan
グレイス
重役室
Executive Suite
エヴァ ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞 受賞
マンボ
Mambo
トニ
1955 嵐の中の青春
I Am a Camera
ナタリー
狩人の夜
The Night of the Hunter
ウィラ・ハーパー
悪徳
The Big Knife
ディキシー・エヴァンス
黄金の銃座
The Treasure of Pancho Villa
ルース・ハリス
俺が犯人(ホシ)だ!
I Died a Thousand Times
マリー・ガーソン
1959 アンネの日記
The Diary of Anne Frank
ファン・ダーン夫人 アカデミー助演女優賞 受賞
拳銃の報酬
Odds Against Tomorrow
ロリー
1960 俺の墓標は立てるな
Let No Man Write My Epitaph
ネリー
明日なき十代
The Young Savages
メアリー
1962 ロリータ
Lolita
シャーロット(ロリータの母)
チャップマン報告(レポート)
The Chapman Report
サラ
1964 禁じられた家
A House Is Not a Home
ポリー・アドラー
1965 偉大な生涯の物語
The Greatest Story Ever Told
癒された女
いつか見た青い空
A Patch of Blue
ローズ・アン アカデミー助演女優賞 受賞
1966 動く標的
Harper
フェイ・エスタブルック
アルフィー
Alfie
ルディ
1968 インディアン狩り
The Scalphunters
ケイト
狂った青春
Wild in the Streets
ダフネ
想い出よ、今晩は!
Buona Sera, Mrs. Campbell
シェリー・ニューマン
1970 血まみれギャングママ
Bloody Mama
ケイト・ベイカー
おかしなおかしなおかしな親父
How Do I Love Thee?
レナ・マーヴィン
最後のインディアン
Flap
ドロシー・ブルーベル
1971 ヘレンに何が起こったのか?
What's the Matter with Helen?
ヘレン
無実の死
A Death of Innocence
エリザベス・キャメロン テレビ映画
1972 囁く砂
Something to Hide
ガブリエラ
誰がルーおばさんを殺したか?
Whoever Slew Auntie Roo?
フォレスト夫人
ポセイドン・アドベンチャー
The Poseidon Adventure
ベル・ローゼン ゴールデングローブ賞助演女優賞 受賞
1973 ダイナマイト諜報機関/クレオパトラ危機突破
Cleopatra Jones
1974 セックス・シンボル
The Sex Symbol
アガサ・マーフィー テレビ映画
1975 ラッキー・タッチは恋の戦略
That Lucky Touch
ダイアナ・スティードマン
怒りの凶弾
Journey Into Fear
マシューズ夫人
MR.ダイヤモンド
Diamonds
ゼルダ・シャピロ
1976 グリニッチ・ビレッジの青春
Next Stop, Greenwich Village
フェイ・ラピンスキー
テナント/恐怖を借りた男
Le Locataire
コンシェルジュ
1977 テンタクルズ
Tentacles
ティリー・ターナー
ピートとドラゴン
Pete's Dragon
レナ
1978 のろわれた美人学生寮
The Initiation of Sarah
エリカ・ハンター
キング・オブ・ジプシー
King of the Gypsies
1979 ザ・シンガー
Elzbieta
グラディス・プレスリー テレビ映画
シティ・オン・ファイア
City on Fire
アンドレア・ハーパー
ルブリンの魔術師
The Magician of Lublin
Elzbieta
大西洋を乗っ取れ!
The French Atlantic Affair
ヘレン・ワバシュ テレビ・ミニシリーズ
1981 S.O.B.
S.O.B.
エヴァ・ブラウン
1983 若草のふくらみ ファニー・ヒル
Fanny Hill
ミセス・コール
1984 黄昏のブルックリン・ブリッジ
Over the Brooklyn Bridge
ベッキー
1985 デジャ・ヴ/夢の女
Déjà Vu
オルガ
不思議の国のアリス
Alice in Wonderland
ドードー テレビ映画
1986 ロッキーヒルの魔女たち
Witchfire
リディア
デルタ・フォース
The Delta Force
エディ・カプラン
1988 パープル・ピープル・イーター
Purple People Eater
リタ
1991 ステッピング・アウト
Stepping Out
フレイザー夫人
1992 いまは涙を忘れて
Weep No More, My Lady
ヴィヴィアン・モーガン テレビ映画
1993 フライング・ピクルス
The Pickle
イェッタ
1994 羊たちの沈没
Il silenzio dei prosciutti
ミセス・モテル
バックファイヤー!
Backfire!
1995 君に逢いたくて
Heavy
ドリー
陪審員だよ、全員集合!
Jury Duty
スピリット・オブ・ファイヤー/邪教都市
Raging Angels
ルース
1996 ある貴婦人の肖像
The Portrait of a Lady
タチェット夫人

参照[編集]

外部リンク[編集]