グリニッチ・ビレッジの青春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリニッチ・ビレッジの青春
Next Stop, Greenwich Village
監督 ポール・マザースキー
脚本 ポール・マザースキー
製作 ポール・マザースキー
アンソニー・レイ
出演者 レニー・ベイカー
シェリー・ウィンタース
エレン・グリーン
ロイス・スミス
クリストファー・ウォーケン
音楽 ビル・コンティ
撮影 アーサー・オーニッツ
編集 リチャード・ハルシー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年2月4日
日本の旗 1976年6月19日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗
言語 英語
テンプレートを表示

グリニッチ・ビレッジの青春』(Next Stop, Greenwich Village)は、1976年に公開されたアメリカ映画1950年代ニューヨークを舞台とした青春ドラマである。脚本・監督をポール・マザースキーが務め、レニー・ベイカーシェリー・ウィンタースらが出演した。

あらすじ[編集]

1953年ブルックリン出身のユダヤ系アメリカ人のラリーはスターを夢見る青年。ラリーは母親の異常なまでの過保護さを免れグリニッチ・ビレッジに移り住む。そこには彼と同じように俳優画家などを夢見る若者たちで溢れていた。早速ラリーにも仲間が出来る― 風変わりなコニー、自殺未遂を繰り返すアニタ、気分屋の詩人ロバート、ゲイ黒人のバーンスタイン、そしてラリーの彼女となるサラ。彼らが役者としてハリウッドを目指すラリーの新しい家族となる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

批評・その他[編集]

批評は概して良い。北米の大手レビュー・サイト「ロッテン・トマト」では、スコアは11レビューで100%である[1]。本作は、本作同様ニューヨーク市を舞台とした1953年スタンリー・キューブリック監督作品『恐怖と欲望』で役者としてデビューしたマザースキー監督自身の自伝的物語である。尚、本作は1976年第29回カンヌ国際映画祭に出品された[2]

脚注[編集]

  1. ^ Next Stop, Greenwich Village (1976)”. rottentomatoes.com. 2011年1月16日閲覧。
  2. ^ Festival de Cannes: Next Stop, Greenwich Village”. festival-cannes.com. 2009年5月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]