ロリータ (1962年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロリータ
Lolita
監督 スタンリー・キューブリック
脚本 ウラジーミル・ナボコフ
原作 ウラジーミル・ナボコフ
製作 ジェイムズ・B・ハリス
出演者 ジェームズ・メイソン
スー・リオン
音楽 ネルソン・リドル
ボブ・ハリス
撮影 オズワルド・モリス
編集 アンソニー・ハーヴェイ
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
セヴン・アーツ・プロダクションズ
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1962年6月12日
イギリスの旗 1962年9月
日本の旗 1962年9月22日
上映時間 152分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 $2,000,000[1]
テンプレートを表示

ロリータ』(Lolita)は、1962年イギリスの映画ウラジーミル・ナボコフ同名小説を原作とし、ナボコフ本人の脚本でスタンリー・キューブリックが監督した作品。上映時間152分。モノクロ。日本での公開は1962年9月。

ストーリー[編集]

霧深い日、荒れ果てた邸宅でキルティという男を射殺したハンバート教授は、フラッシュバックで事の顛末を思い出す。 パリからアメリカにやってきたハンバート教授は、夏を過ごすために田舎町で下宿の家を探し、ヘイズ夫人の家を訪れた。そこで美しい少女の姿を目にしたハンバートは、釘付けになる。少女は夫人の娘ドロレス・ヘイズ、ロリータであった。早速下宿を決める。ロリータに心奪われたハンバートは2階に上がってきたロリータにエドガー・アラン・ポーの「ウラルミー」(Uralume)を朗読する。ハンバートの虜となったヘイズ夫人と結婚する事に。それはロリータのそばにずっと居たいがためであった。そして彼の本心を知り、逆上して家を飛び出した夫人は、不慮の事故で死ぬ。念願叶い、ロリータと2人きりになったハンバート教授は、異常な独占欲と愛欲に駆られ、ロリータを連れての旅に出る。

2人だけの逃避行を続けていたが、自分たちを車が追跡していることに気づく。ロリータは思いすごしではないかと気にしない。ところが、インフルエンザで入院したロリータが伯父と名乗る男に連れ出される。宝を奪われてハンバートは痛恨の日々を送る。

全く消息を絶っていたロリータから手紙が来る。ロリータは鉱山の町の貧しい家で懐かしそうに迎える。彼女はキルティに連れ出されたあげく棄てられ、1年ほど前に今の夫と結婚し、引越するにつけて金が入用だったのでハンバートに無心したのだ。ハンバートは総てを忘れ、一緒に暮らそうと懇願したが、聞き入れられない。あきらめたハンバートは400ドルの現金2500ドルの小切手、家を売却した1万ドルをシャーロットに渡し、キルティの家へ向かい、射殺。逮捕されて公判を待つうちに急死する。

登場人物[編集]

原作との違い[編集]

大まかな筋は原作と同じだが、舞台を現代(制作当時の1960年代)に移しており、さらにアメリカが舞台であるにもかかわらず、イギリス人中心のキャスティングが行われ、ほとんどがイギリスで撮影されている(当時のアメリカの厳格な検閲を避けるため)。原作ではもっとあどけなく、それでいて小悪魔的な魅力のあったロリータは、当時の検閲と規制により原作よりも若干年齢が上がり、おませでどこか冷めたような感じのヒロインになっている。時代的な事もあり、性描写が全く無い。また、映画には省略された人物や事柄も数多くある。特に映画でのシャーロットの描写はまるで別人である。

脚本のクレジットはナボコフになっているが、最初、ナボコフの脚本が長過ぎて映画にすると7時間以上にもなることから、一度短く書き直したが、結局キューブリックはその2割ほどを使ったにすぎず、ほとんどを自分の脚本で撮影した[2]。ナボコフはそのことを試写で知り、のちに不満を述べている[2]

未婚の男女が同じ平面上で横たわらない、といったハリウッドの自主規制コードやカトリック団体からの抗議により、小説の主題を明確に描けず、「主人公たちの関係のエロティックな面を強調できなかった」とキューブリックは述べている[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Lolita (1962) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年12月21日閲覧。
  2. ^ a b c 映画Lolita とアメリカ中田晶子、南山短期大学紀要 27号、1999年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]