フェイ・ベインター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェイ・ベインター
Fay Bainter
Fay Bainter
黒蘭の女』(1938年)予告編より
本名 Fay Okell Bainter
生年月日 1893年12月7日
没年月日 1968年4月16日(満74歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
身長 165 cm[1]
職業 女優
ジャンル 映画・舞台・テレビ
活動期間 1910年 – 1961年
配偶者 レジナルド・シドニー・ヒュー・ヴェナブル(1921年 - 1964年)※死別
著名な家族 レジナルド・ヴェナブル・ジュニア(息子、俳優)

フェイ・ベインターFay Bainter, 1893年12月7日 - 1968年4月16日)はアメリカ合衆国の女優。『黒蘭の女』(1938年)で第11回アカデミー賞助演女優賞を受賞している。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに映画分野で名前が刻まれている。

来歴[編集]

1893年ロサンゼルスで生まれる。父はチャールズ・F・ベインター、母はメアリー・オケル。1898年に子役として初舞台を踏み、旅巡業の女優になった後、1912年ブロードウェイデビューする。

1921年6月にアメリカ海軍士官レジナルド・シドニー・ヒュー・ヴェナブル(1890年 - 1964年)と結婚、1926年に息子レジナルド・ヴェナブル・ジュニア(1926年 – 1974年、後に俳優となる)が生まれる[2]

1934年に『This Side of Heaven』で映画デビュー。1939年に行なわれた第11回アカデミー賞1938年の映画を対象)において、主演女優賞(『White Banners』)と助演女優賞(『黒蘭の女』)の2部門にノミネートされ、助演女優賞を受賞する。

1950年代以降はテレビドラマを中心に活動する。

1961年の映画『噂の二人』で第34回アカデミー賞の助演女優賞にノミネート(受賞はならず)。

1964年に夫を亡くし、1968年肺炎で死去。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1937 偽装の女
Quality Street
スーザン
明日は来らず
Make Way for Tomorrow
アニタ・クーパー
1938 黒蘭の女
Jezebel
アカデミー助演女優賞 受賞
娘の三角関係
Mother Carey's Chickens
マーガレット・キャリー
1940 若い科学者
Young Tom Edison
ナンシー・エジソン
我等の町
Our Town
ギブス夫人
1941 ブロードウェイ
Babes on Broadway
ミス・ジョーンズ
1942 女性No.1
Woman of the Year
エレン・ウィットコム
マーガレットの旅
Journey for Margaret
トルーディ・ストラウス
1944 黒い河
Dark Waters
エミリー
1945 ステート・フェア
State Fair
メリッサ・フレイク
落日の決闘
The Virginian
テイラー夫人
1947 虹を掴む男
The Secret Life of Walter Mitty
ミティ夫人
1948 花嫁の季節
June Bride
ポーラ・ウィンスロップ
1953 真紅の女
The President's Lady
ドネルソン夫人
1961 噂の二人
The Children's Hour
アメリア・ティルフォード

脚注[編集]

  1. ^ Fay Bainter - Biography” (英語). IMDb. 2013年3月24日閲覧。
  2. ^ Los Angeles Times, November 24, 1921, "Marriage Of Star Is Declared — Wedding of Fay Bainter and Navy Man Revealed by Mother of Actress", p. 17.

外部リンク[編集]