アン=マーグレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ann-Margret
アン=マーグレット
アン=マーグレット
1988年のアン=マーグレット
本名 Ann-Margret Olsson
生年月日 1941年4月28日(73歳)
出生地 スウェーデンの旗 スウェーデンイェムトランド地方ヴォルソビン
職業 女優、歌手
活動期間 1961年 -
配偶者 ロジャー・スミス(1967年 - )
公式サイト ann-margret.com

アン=マーグレット (Ann-Margret) の芸名で知られるアン=マーグレット・オルソン (Ann-Margret Olsson、1941年4月28日 - )は、スウェーデンアメリカ人女優歌手ダンサー。『バイ・バイ・バーディー』(Bye、Bye Birdie)、『ラスベガス万才』(Viva Las Vegas)、『シンシナティ・キッド』(The Cincinnati Kid)、『愛の狩人』(Carnal Knowledge)、『トミー』(Tommy) などが代表作。

ゴールデン・グローブ賞を通算5回受賞したほか、アカデミー賞グラミー賞にそれぞれ2回、全米映画俳優組合賞1回、エミー賞6回のノミネートを誇る。

2010年8月、『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』へのゲスト出演で自身初のエミー賞受賞。

略歴[編集]

スウェーデンイェムトランド地方ヴォルソビンで生まれる。両親は共にスウェーデン人1946年11月、5歳の時に母親とともにアメリカに移住。すでにアメリカで職を得ていた父と家族3人でのアメリカ生活が始まる。幼少時は主にイリノイ州で育つ。

1949年に米国籍を得て、マージョリー・ヤング・スクールで最初のダンスレッスンを受ける。レッスン開始当初から才能を発揮した。

まだ10代だった1958年、アイドル発掘番組「ジ・オリジナル・アマチュア・アワー」(The Original Amateur Hour)に出演。

ノースウェスタン大学中退後、パフォーマンス・グループ、サトルトーンズの一員としてラスベガスのステージに立っていたところをジョージ・バーンズに見出され、彼のショーのオーディションを受けるチャンスに恵まれる。

1961年に舞台でデビュー、同年に『ポケット一杯の幸福』で映画初出演。1963年にはヒロインを務めたミュージカル映画『バイ・バイ・バーディー』で溌剌とした歌を披露して人気を博した。1971年の『愛の狩人』でゴールデングローブ賞 助演女優賞1975年の『トミー』でゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞。また、前者でアカデミー助演女優賞、後者でアカデミー主演女優賞にもノミネートされた。

1967年ロジャー・スミスと結婚。スミスはドラマ『サンセット77』などが有名な俳優だったが、後にマーグレットのマネージャーへ転身。離婚歴はなく、2007年に結婚生活40年を迎えている。

1965年(昭和40年)10月18日来日

歌手活動[編集]

1961年RCAレコードからデビュー。デビューアルバム And Here She Is は、ギターにチェット・アトキンス、コーラスにはエルビス・プレスリーのバックシンガー・チーム The Jordanaires とアニタ・カー・シンガーズを迎えた豪華な布陣で制作され、RCAは彼女のセクシー・ヴォイスをエルビスになぞらえ、「女エルビス」としてプロモーションした。

1961年の8月には、セカンド・アルバムからのシングルカット I Just Don't Understand がビルボードTop40にランクインする中ヒットを記録した。この曲は後にビートルズのライブでもカバーされた。1962年にはアカデミー賞授賞式で、ノミネート曲 Bachelor in Paradise を歌った。アルバムで唯一チャートインしたのは、トランペッターのアル・ハートと共演した1964年Beauty and the Beard

RCAとの契約は1966年に終了したが、1970年代後半から1980年代前半までの間、ディスコ・ダンス・チャートにいくつかの曲を送り込んだ。特に8位まで上昇した「ラヴ・ラッシュ」(Love Rush)(1979年) が最大のヒットである。

歌手として13枚のアルバムをリリースしており、その歌唱力を引っ提げて前述のような多くのミュージカル映画に出演し、存在感を遺憾なく発揮している。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]