オルランド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルランド
Orlando
監督 サリー・ポッター
脚本 サリー・ポッター
製作 クリストファー・シェパード
出演者 ティルダ・スウィントン
音楽 サリー・ポッター
デヴィッド・モーション
撮影 アレクセイ・ロジオーノフ
編集 ハーヴ・シュナイド
配給 フランス映画社
公開 イタリアの旗 1992年9月1日
 (ヴェネツィア国際映画祭
日本の旗 1993年9月4日
上映時間 93分
製作国 イギリスの旗 イギリス
ロシアの旗 ロシア
イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
オランダの旗 オランダ
言語 英語
製作費 $5,000,000
テンプレートを表示

オルランド』 (Orlando)は、1992年の映画。サリー・ポッター監督。原作であるヴァージニア・ウルフの小説『オーランドー』を、監督独自の解釈で映像化した作品である。

英国アカデミー賞メイクアップ賞、ヨーロッパ映画賞新人監督賞を受賞した他、アカデミー美術賞アカデミー衣裳デザイン賞にノミネート。

ストーリー[編集]

16世紀末のイングランドに生まれた貴公子オルランドは、彼を寵愛するエリザベス1世に永遠の若さと命を保つ使命を与えられ、事実その通りになる。ロシアの皇女との儚い恋や、志した詩作への挫折への傷心からイングランドを離れ、大使として東洋に赴任した彼は、その国の王と邂逅し、一生を通じて親交を結ぶ。やがて、その王も死去して祖国に戻ったオルランドは永い眠りに落ち、やがて目覚めたとき、その肉体は男性から女性へと代わっていた。そのセンセーショナルな出来事で一躍、社交界の華となるオルランドだが、その彼女に相手にされなくなったかつての同僚・ハリー大公は、嫉妬からオルランドの資産を没収する訴訟を起こす。そんな中、オルランドは風来坊のシェルマディンと恋に落ち、生涯の伴侶とするのだった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • 原作では1928年で物語は終わるが、映画では1990年代までエンディングの年代が延長されている。これは、ヴァージニア・ウルフ自身が執筆された当時の年代に終局を設定したことを「オルランドの生命の継続」の象徴と読み替えた効果と思われる。
  • 意表を突くキャスティングが特徴として挙げられる。まず、中性的な容貌を持つ女優ティルダ・スウィントンが、男性時も女性時も通してオルランドを演じたのに対し、老境の女王を演じたのは男優のクウェンティン・クリスプである。また、オルランドをパトロンとしながら、その詩作を酷評する放埓な詩人・グリーンを演じたヒースコート・ウィリアムズは、映画の終りでオルランドの書いた自伝を預かる編集者として再度顔を出す。
  • 劇中にも登場して挿入歌を披露するのは、ポップ・グループであるブロンスキ・ビートコミュナーズヴォーカルジミー・ソマーヴィル

外部リンク[編集]