カイエ・デュ・シネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カイエ・デュ・シネマ』(Les Cahiers du cinéma)は、フランスの映画批評誌である。初代編集長アンドレ・バザン提唱の「作家主義」、および同誌の執筆者からヌーヴェルヴァーグの映画作家たちを生んだことで知られる。

概要・略歴[編集]

主な出身者[編集]

特筆以外は映画作家、脚本家となった者。

日本版[編集]

  • 1991年には日本語版である「カイエ・デュ・シネマ・ジャポン」が創刊された。80年代にフランス本誌に寄稿していた梅本洋一を編集長として、仏本誌の批評の翻訳紹介、さらには独自の批評活動を展開する。仏本誌同様、執筆者から青山真治篠崎誠ら映画作家を生む。フィルムアート社勁草書房、と版元を変遷したのち、2001年に休刊。

[編集]

外部リンク[編集]