マイケル・ウィナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ウィナー
Michael Winner
マイケル・ウィナーMichael Winner
生年月日 1935年10月30日
没年月日 2013年1月21日(満77歳没)
出生地 ロンドン
死没地 ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス

マイケル・ウィナーMichael Winner, 1935年10月30日 - 2013年1月21日)は、イギリス出身の映画監督映画プロデューサー

略歴[編集]

ロンドンユダヤ系の裕福な家庭に生まれる[1]。父親はロシア系、母親はポーランド人。ケンブリッジ大学のダウニング・カレッジで学ぶ。学生時代から雑誌にコラムを書いていた。

BBCに入り、テレビ番組のアシスタント・ディレクターとして業界入りし、1960年に監督としてデビューする。チャールズ・ブロンソン主演の映画『ロサンゼルス』、『メカニック』、『チャトズ・ランド』、『狼よさらば』などで知られる。

近年は映画監督としての活動は少ないが、イギリスのテレビ番組や広告に出演したり、長年サンデー・タイムズ紙にレストランの批評を執筆している事でも知られた[2]

2013年1月21日、ロンドンの自宅で死去[3]。77歳没。

主な監督作品[編集]

参照[編集]

  1. ^ “Variety Club - Jewish Chronicle colour supplement "350 years"”. The Jewish Chronicle. (2006年12月15日). pp. 28-29 
  2. ^ Michael Winner's Food Columns & Restaurant Reviews
  3. ^ Michael Winner: Death Wish director dies aged 77 BBC News 2013年1月22日閲覧

外部リンク[編集]