大いなる眠り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大いなる眠り』(おおいなるねむり、The Big Sleep)は、アメリカの作家レイモンド・チャンドラーハードボイルド小説1939年刊。私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とする長編シリーズの第1作目。

マーロウの視点からの一人称で描かれる。1935年に『ブラック・マスク』に発表された「キラー・イン・ザ・レイン英語版」が一部取り込まれ、内容はきわめて錯綜した筋立てで矛盾も多いとされるが、ハードボイルド小説史上の古典として高く評価されている。

あらすじ[編集]

フィリップ・マーロウは、スターンウッド将軍の娘が脅迫されている事件の依頼を受け、脅迫状の差出人の家を訪ねる。銃声を聞いてマーロウが部屋に飛び込むと、そこはヌード写真の撮影現場で、男の死体と裸身の将軍の娘を目にする。

日本語訳[編集]

映画化[編集]

関連項目[編集]