ロサンゼルス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロサンゼルス
Death Wish II
監督 マイケル・ウィナー
脚本 デイヴィッド・エンゲルバック
製作 メナハム・ゴーラン
ヨーラン・グローバス
製作総指揮 ハル・ランダーズ
ボビー・ロバーツ
出演者 チャールズ・ブロンソン
ジル・アイアランド
ヴィンセント・ガーディニア
音楽 ジミー・ペイジ
撮影 リチャード・H・クライン
編集 ジュリアン・セミラン
マイケル・ウィナー
製作会社 キャノン・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フィルムウェイズ・ピクチャーズ
日本の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年2月19日
日本の旗 1982年3月20日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,000,000
興行収入 $16,100,000[1]
前作 狼よさらば
次作 スーパー・マグナム
テンプレートを表示

ロサンゼルス』(Death Wish II)は、1982年製作のアメリカ合衆国の映画作品。主演はチャールズ・ブロンソン、監督はマイケル・ウィナー

概要[編集]

狼よさらば』(Death Wish)の続編で、家族を失った男が私的制裁を加えるヴィジランテ(復讐)映画。前作に続きマイケル・ウィナーが監督を務め、更にキャノン・フィルムズメナハム・ゴーランヨーラン・グローバスが製作として初めて参加し、今後このシリーズには欠かせないスタッフとなった。音楽は元・レッド・ツェッペリンジミー・ペイジが映画音楽を初めて手掛けた。

ストーリー[編集]

数年前、ニューヨークチンピラに妻を殺され、娘をも犯された設計技師の男、ポール・カージーはロサンゼルスに住まいを移し、療養中の娘、新たな恋人と休みのひと時を過ごす。

しかし、幸せの時間は長く続かず、またもや娘がチンピラ共に強姦された挙げ句、死に追いやられてしまう。復讐の鬼と化したカージーは街のチンピラの中から、事件の犯人を探し出し、片っ端から殺害していく。

キャスト[編集]

役名 俳優 テレビ朝日・DVD 日本テレビ
ポール・カージー チャールズ・ブロンソン 大塚周夫
ジェリ・ニコルズ ジル・アイアランド 弥永和子 藤田淑子
フランク・オチョア刑事 ヴィンセント・ガーディニア 富田耕生 あずさ欣平
キャス社長 マイケル・プリンス 中村正 内田稔
マンキウィッツ警視 ベン・フランク 池田勝 小林勝彦

参考文献[編集]

  1. ^ Death Wish II”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]