キャロリン・G・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャロリン・G・ハート
誕生 キャロリン・ジンペル・ハート
Carolyn Gimpel Hart
1936年8月25日(77歳)[1]
アメリカ合衆国の旗 オクラホマ州オクラホマシティ[1]
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 オクラホマ大学
活動期間 1965年 -
ジャンル ミステリ、サスペンス
主な受賞歴

アガサ賞長編賞
1988年 舞台裏の殺人

マカヴィティ賞長編賞
1990年 ミステリ講座の殺人
処女作 "The Secret of the Cellars"
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

キャロリン・G・ハートCarolyn Gimpel Hart1936年8月25日[1] - )は、アメリカ合衆国推理作家

生い立ち[編集]

オクラホマ州オクラホマシティで生まれ育ち、現在も同地在住。クリーブランド小学校、タフト中学校、クラッセン高校に通った[2]。11歳の時に新聞記者を志し、小学校から大学まで学内の新聞部で制作に携わり続けた[3]

1958年オクラホマ大学を卒業し[4]、「ΦΒΚ(ファイ・ベータ・カッパ)ソサエティ」の会員となる[3]。大学ではジャーナリズムを学んだ。大学3年生時の欧州旅行中に後の夫となるフィリップと出会う[5]。大学卒業後、彼はロー・スクールの学生だったため、「ノーマン・トランスクリプト」でレポーターとして働き始めるが、息子(フィリップ・Jr)の出産後はジャーナリズムの道へ進むのを断念した[6]

娘(サラ)を出産した1964年、青少年向けのミステリコンテスト「コーリング・オール・ガールズ (Calling All Girls) 」で優勝した。1965年から1972年までヤングアダルト向けの作品を書き続けた。1972年から1987年には、シリーズものでないサスペンス作品やミステリ作品を9作執筆し、そこそこの成功を収めた。マーシャ・ミュラーサラ・パレツキースー・グラフトンなどの女流作家がデビューする前で、出版社側もアメリカ人女性作家にあまり強い関心を持っていない時期だった[3]。彼女たちのデビューと成功によって、1987年から執筆を開始した自身の「デス・オンデマンド」シリーズも日の目を見ることとなった[7]

第二次世界大戦を題材とした『手紙と秘密』(原題:"Letter from Home" )は、ピューリッツァー賞 フィクション部門にノミネートされた。

著書[編集]

デス・オンデマンド シリーズ[編集]

ハートが商業的に成功した最初のシリーズ。主人公は、サウスカロライナ州のブロワーズ・ロックという架空の島にある「デス・オンデマンド」という書店の店主、アニー・ローランス (Annie Laurance) [8]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 Death on Demand 1987年
2 Design for Murder 1988年
3 舞台裏の殺人 Something Wicked 1988年 1991年11月 青木久恵 早川書房
〈ミステリアス・プレス文庫〉
4 ハネムーンの殺人 Honeymoon with Murder 1988年 1992年5月 山本俊子
5 ミステリ講座の殺人 A Little Class on Murder 1989年 1992年11月 青木久恵
6 ヴァレンタイン・デイの殺人 Deadly Valentine 1990年 1993年1月 山本俊子
7 クリスティー記念祭の殺人 The Christie Caper 1991年 1994年3月
8 幽霊屋敷の殺人 Southern Ghost 1992年 1996年10月
9 ブック・フェスティバルの殺人 Mint Julep Murder 1995年 1997年8月
10 独立記念日の殺人 Yankee Doodle Dead 1998年 1999年8月
11 チャリティー・バザーの殺人 White Elephant Dead 1999年 2000年7月
12 Sugarplum Dead 2000年
13 April Fool Dead 2002年
14 Engaged to Die 2003年
15 Murder Walks the Plank 2004年
16 Death of the Party 2005年
17 Dead Days of Summer 2006年
18 Death Walked In 2008年
19 Dare to Die 2009年
20 Laughed 'Til He Died 2010年
21 Dead by Midnight 2011年
22 Death Comes Silently 2012年

ヘンリー・O シリーズ[編集]

70歳くらいの元記者ヘンリー・オドワイヤー・コリンズ (Henrie O'Dwyer Collins) が、旅行中に遭遇した事件の謎を解いていくシリーズ。

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 死者の島 Dead Man's Island 1993年 1995年1月 仙波有理 早川書房
〈ミステリアス・プレス文庫〉
2 優雅な町の犯罪 Scandal in Fair Haven 1994年 1996年7月
3 災いの小道 Death in Lovers' Lane 1997年 1999年11月
4 悪意の楽園 Death in Paradise 1998年 2001年1月 長島水際
5 死の散歩道 Death on the River Walk 1999年 2002年10月 対馬妙 早川書房
〈ハヤカワ・ミステリ文庫〉
6 Resort to Murder 2001年
7 Set Sail for Murder 2007年

その他[編集]

ベイリー・ルース・レイバーン (Bailey Ruth Raeburn) シリーズ
  1. Ghost at Work (2008)
  2. Merry, Merry Ghost (2009)
  3. Ghost In Trouble (2010)
ノン・シリーズ
  • The Sooner Story, 1890-1980 (1980) - ノンシクション、チャールズ・F・ロング共著
  • The Secret of the Cellars (1998)
  • Dangerous Summer (1968)
  • No Easy Answers (1970)
  • Rendezvous in Veracruz (1972)
  • Danger, High Explosives! (1972)
  • Flee from the Past (1975)
  • A Settling of Accounts (1976)
  • Escape from Paris (1982)
  • The Rich Die Young (1983)
  • Death by Surprise (1983)
  • Castle Rock (1983)
  • Skulduggery (1984)
  • The Devereux Legacy (1986)
  • Brave Hearts (1987)
  • Crimes of the Heart (1995)
  • Crime on her Mind (1999)
  • Love & Death (2001)
  • Letter from Home (2003)
    • 手紙と秘密(2006年2月、長野きよみ訳、ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • Secrets and Other Stories of Suspense (2008)

受賞・ノミネート歴[編集]

  • 1988年:『舞台裏の殺人』でアガサ賞 長編賞受賞"Death on Demand" でアンソニー賞 ペーパーバック賞ノミネート
  • 1989年:『舞台裏の殺人』でアンソニー賞 ペーパーバック賞受賞、『ミステリ講座の殺人』でアガサ賞 長編賞ノミネート
  • 1990年:『ミステリ講座の殺人』でマカヴィティ賞 長編賞受賞、アンソニー賞 長編賞ノミネート、『ハネムーンの殺人』でアンソニー賞 ペーパーバック賞受賞、『ヴァレンタイン・デイの殺人』でアガサ賞 長編賞ノミネート
  • 1991年:『クリスティー記念祭の殺人』でアガサ賞 長編賞ノミネート
  • 1992年:『幽霊屋敷の殺人』でアガサ賞 長編賞ノミネート
  • 1993年:『幽霊屋敷の殺人』でアンソニー賞 長編賞ノミネート、『死者の島』でアガサ賞 長編賞受賞、「ヘンリー・Oの休日」でマカヴィティ賞 短編賞受賞
  • 1994年:『優雅な町の犯罪』でアガサ賞 長編賞ノミネート
  • 1999年:『死の散歩道』でアガサ賞 長編賞ノミネート
  • 2003年:『手紙と秘密』でアガサ賞 長編賞受賞ピューリッツァー賞 フィクション部門ノミネート
  • 2010年:"Your Turn" でマカヴィティ賞 短編賞ノミネート

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c Encyclopedia of Oklahoma History & Culture”. 2012年7月30日閲覧。
  2. ^ Carolyn Hart: News: HarperCollins Publishers”. Harpercollins.com. 2012年1月30日閲覧。
  3. ^ a b c Sooner Magazine, Winter 2007 - Hart Of the Mystery”. Oufoundation.org. 2012年1月30日閲覧。
  4. ^ Wall, Judith (Winter 2007). “Hart of the Mystery”. Sooner Magazine. pp. 9–13 
  5. ^ Carolyn Hart”. Carolyn Hart. 2012年1月30日閲覧。
  6. ^ Carolyn Hart”. Carolyn Hart. 2012年1月30日閲覧。
  7. ^ Mystery Guide Interview with Carolyn Hart
  8. ^ Carolyn Hart”. Carolyn Hart. 2012年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]