修道士カドフェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

修道士カドフェル(しゅうどうしカドフェル、Cadfael)は、エリス・ピーターズ作の連作歴史ミステリーの主人公。イングランドシュロップシャーシュルーズベリにある聖ペテロ・聖パウロ大修道院(シュルーズベリ大修道院、ベネディクト会)の修道士。一風変わった経歴を持つ修道士のカドフェルが様々な事件を解決していく。

修道院では、彼が東方より持ち帰った種子から育てたハーブが揃った薬草園を管理している。

舞台背景[編集]

12世紀前半のイングランド。ヘンリー1世亡き後、スティーブン王と従妹のモード王女の王位争いによる内戦が起こる。また、シュルーズベリはウェールズとの国境に近いため、ウェールズのオエイン・グウィネズ大公も、虎視眈々と領土の拡張をねらっている。

経歴[編集]

カドフェルは、1080年ウェールズのトレヴリュー生まれ。本名は、カドフェル・アプ・メイリース・アプ・ダフィッズ。16歳で第1回十字軍に参加する。エルサレム陥落後は、船員として東方にとどまる。40歳を過ぎてから、イングランドに戻り、修道士となる。

特技など[編集]

  • 長年、東方で兵士・船員として活躍した豊富な人生経験を持つ。
  • 薬草に関する知識が豊富。自分で調合した薬で治療も行う。
  • 治療を目的として、修道院の外にもたびたび出かけている。
  • 英語ウェールズ語の両方に堪能。

登場人物[編集]

カドフェル (デレク・ジャコビ)声 山野史人
本編主人公
ヒュー・ベリンガー
(シーン・パートウェイ、1話~4話 エオイン・マッカーシー、6話~10話)声 森田順平(アンソニー・グリーン、10話~13話)声 土師孝也
シュルーズベリ執行長官代理。2作目から登場
ヘリバート (ピーター・コプリー)声 北村弘一(1話~4話)
修道院の院長、4話のラストに院長の座をラドルファスに託す
ラドルファス (テレンス・ハーディマン)声 大木民夫 (5話~13話)
ヘリバートから院長を託される、副院長がカドフェルの行動を非難するが聞き入れずカドフェルを支持する事が多い
ロバート (マイケル・カルバー)声 金内喜久夫(1話~4話) 坂口芳貞(5話~13話)
副修道院長。虚栄心が強く野心家でカドフェルを忌々しく思っている
ジェローム 声 佐久田修(1話~13話)
副院長の腰巾着、副院長と同様カドフェルを良く思っていない
オズウィン 声 小室正幸(2話~10話)
カドフェルお気に入りの修道士話

用語[編集]

既刊一覧[編集]

修道士カドフェルシリーズ[編集]

  • 聖女の遺骨求む (A Morbid Taste for Bones)
  • 死体が多すぎる (One Corpse Too Many)
  • 修道士の頭巾 (Monk's Hood)
  • 聖ペテロ祭の殺人 (Saint Peter's Fair)
  • 死への婚礼 (The Leper of Saint Giles)
  • 氷の中の処女 (The Virgin in the Ice)
  • 聖域の雀 (The Sanctuary Spallow)
  • 悪魔の見習い修道士 (The Devil's Novice)
  • 死者の身代金 (Dead Man's Ransom)
  • 憎しみの巡礼 (The Pilgrim of Hate)
  • 秘跡 (An Excellent Mystery)
  • 門前通りのカラス (The Raven in the Foregate)
  • 代価はバラ一輪 (The Rose Rent)
  • アイトン・フォレストの隠者 (The Hermit of Eyton Forest)
  • ハルイン修道士の告白 (The Confession of Brother Haluin)
  • 異端の徒弟 (The Heretic's Apprentice)
  • 陶工の畑 (The Potter's Field)
  • デーン人の夏 (The Summer of the Danes)
  • 聖なる泥棒 (The Holly Thief)
  • 背教者カドフェル (Brother Cadfael's Penance)
  • 修道士カドフェルの出現 (A Rare Benedictine、短編集)

映像化[編集]

1994年から1998年まで、イギリスのテレビ局ITVにおいて映像化された。主演はデレク・ジャコビハンガリーで撮影され、第4シーズンまで制作された。