エリザベス・ジョージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリザベス・ジョージ(Elizabeth George, 1949年2月26日 - )は、アメリカ合衆国推理作家

オハイオ州ウォーレン生まれ。本名はエリザベス・スーザン・ジョージ(Elizabeth Susan George)。カリフォルニア大学リバーサイド校卒業。長年、英語教師として高校に勤務していた。現在カリフォルニア州ハンティントン・ビーチ在住。

生粋のアメリカ人でありながら、イギリス・スコットランド・ヤードの警察官トマス・リンリーとバーバラ・ハヴァーズを主人公にした「リンリー警部」シリーズを書き続けている。作家デビュー作でもある第1作「大いなる救い」がアンソニー賞アガサ賞の最優秀処女長篇賞を受賞した。「リンリー警部」シリーズは、BBCによってテレビ番組が多数作られている。

著作[編集]

  • リンリー警部シリーズ
    • A Great Deliverance (1988) 大いなる救い(ハヤカワミステリ文庫)そしてボビーは死んだ(新潮文庫)
    • Payment In Blood (1989) 血塗られた愛情(新潮文庫)
    • Well-Schooled In Murder (1990) 名門校 殺人のルール(新潮文庫)
    • A Suitable Vengeance (1990) ふさわしき復讐(ハヤカワミステリ文庫) 
    • For The Sake of Elena (1992) エレナのために(ハヤカワミステリ文庫) 
    • Missing Joseph (1993) 罪深き絆(上・下)(ハヤカワミステリ文庫)
    • Playing For The Ashes (1994) 隠れ家の死(上・下)(ハヤカワミステリ文庫)
    • In The Presence Of The Enemy (1996) 消された子供(上・下)(ハヤカワミステリ文庫)
    • Deception On His Mind (1997)
    • In Pursuit Of The Proper Sinner (1999)
    • A Traitor To Memory (2001)
    • A Place of Hiding (2003)
    • With No One as Witness (2005)
    • What Came Before He Shot Her (2006)
    • Careless in Red (2008)
    • This Body of Death (2010)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]