コージー・ミステリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コージー・ミステリcozy mystery)は推理小説のジャンルの1つ。

概要[編集]

イギリス第二次世界大戦時に発祥した小説形式で、当時アメリカで流行していたハードボイルド形式の小説の反義語として用いられた。

ハードボイルドのニヒルでクールなイメージに対し、「地域社会が親密である」「居心地が良い」といった意味を持つ「コージー(cozy)」を使用し、日常的な場面でのミステリーであることを示す。

特徴としては

  • 探偵役が警察官私立探偵などの職業的捜査官ではなく素人であること
  • 容疑者が極めて狭い範囲のコミュニティに属している
  • 暴力表現を極力排除していること

などがあげられる。

代表的な作品としてはアガサ・クリスティミス・マープルシリーズなど。

現代におけるコージー・ミステリ[編集]

時代が下がった現代においては女性を読者対象としたコメディタッチの推理小説を主にコージー・ミステリと呼称する。大抵の場合、主人公の恋愛などのロマンス要素も含んでいる。

最も多いパターンとしてはアメリカやカナダなどにある住人同士がほぼ全員顔見知りであるような田舎町を舞台とし、主人公の探偵役となるのはその町に住む女性である、という物があげられる。 主人公は癖のある周りの人々に振り回されつつ事件を解決するというのがパターンである。

上記のパターン以外にもニューヨークハリウッドなどの大都会を舞台にし、キャリア・ウーマンが探偵役として活躍するというタイプも存在する。

コージー・ミステリは欧米で発展したものであるため日本ではほとんど作例が無く、これに近いものは「日常の謎」系統の作品となる。

主な作品[編集]

小説[編集]

  • アリサ・クレイグ(Alisa Craig)(シャーロット・マクラウド)
    • 『ジェネット&マドックシリーズ』(創元推理文庫)
    • ディタニー・ヘンビットシリーズ(創元推理文庫)
  • クレオ・コイル(Cleo Coyle)
    • 『コクと深みの名推理シリーズ』(ランダムハウス講談社文庫)
  • ジル・チャーチル(Jill Churchill)
    • 『主婦探偵ジェーンシリーズ』(創元推理文庫)
    • 『グレイス&フェイヴァーシリーズ』(創元推理文庫)
  • ローラ・チャイルズ(Laura Childs)
    • 『お茶と探偵シリーズ』(ランダムハウス講談社文庫)(コージーブックス)

ペニーフット・ホテルシリーズ』(創元推理文庫)

TVドラマ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]