ネヴァダ・バー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネヴァダ・バー
(Nevada Barr)
誕生 1952年3月1日(62歳)
アメリカ合衆国の旗 ネバダ州ヤーリントン英語版
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 カリフォルニア大学アーバイン校
ジャンル ミステリ
主な受賞歴 アガサ賞処女長編賞
1994年 山猫
フランス犯罪小説大賞
1997年 山火事
配偶者 リチャード・ジョーンズ
公式サイト http://www.nevadabarr.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ネヴァダ・バーNevada Barr1952年3月1日 - )は、アメリカの国立公園を舞台としたアンナ・ピジョンシリーズで知られる、アメリカ合衆国の女性推理作家ネバダ州ライアン郡ヤーリントン英語版出身。

経歴[編集]

生まれはネバダ州だが、名前の「ネヴァダ」の由来は州名ではなく、父親が好きな本のキャラクターである[1]カリフォルニア州ジョンストンヴィル英語版で育ち、カリフォルニア大学アーバイン校を卒業する。大学では演劇などを学んだ。

執筆業について[編集]

当時、劇場の監督だった夫が転職後に環境運動に興味を持ち始めた際、バーは夏季のシーズン中のパークレンジャーとして働き始めた。

テキサス州グアダルーペ山脈国立公園で2度目のパークレンジャーの仕事をしていた時に、アンナ・ピジョンのアイディアを思いついた。ピジョンはアメリカ合衆国国立公園局の法務職員という設定である。シリーズは、国中の様々な国立公園を舞台としており、ピジョンはそこで、度々天然資源問題と関連して起こる殺人事件などを解決する。

バーは、ミシシッピ州ナッチェス・トレース・パークウェイで初めて常任のパークレンジャーとなった。著書が商業的な成功を収め始めた後に辞職した。

アンナ・ピジョンとは[編集]

アンナ・ピジョンAnna Pigeon)は、架空のパークレンジャーでシリーズの探偵役。国立公園のパークレンジャーだったこと、夫がニューヨークの劇場で働いていたことなど、著者のバーと経歴が似通っている部分がある。年のころは中年で、体格は小柄だががっちりした体型で、白髪混じりの髪を長い三つ編みに結っている。夫はニューヨークで道路横断中にタクシーにはねられて亡くなっている。後に、ポール・デヴィッドソンという男性と再婚する。ニューヨークでセラピストとして働く姉・モリーがおり、モリーの夫・フレデリックは元FBIのエージェントである。

著書[編集]

アンナ・ピジョン・シリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗 作品の舞台
1 山猫 Track of the Cat 1993年 1994年5月 布施由紀子 福武書店 グアダルーペ山脈国立公園
2 極上の死 Superior Death 1994年 2000年2月 栗原百代 小学館 アイル・ロイヤル国立公園
3 死を運ぶ風 Ill Wind 1995年 1999年5月 松井みどり 小学館 メサ・ヴェルデ国立公園
4 山火事 Firestorm 1996年 2002年7月 栗原百代 小学館 ラッセン火山国立公園
5 絶滅危惧種 Endangered Species 1997年 2002年11月 栗原百代 小学館 カンバーランド島国立海岸
6 闇へ降りる Blind Descent 1998年 2003年5月 栗原百代 小学館 カールズバッド洞窟群国立公園
7 女神の島の死 Liberty Falling 1999年 2003年10月 松井みどり 小学館 自由の女神ナショナル・モニュメント
8 Deep South 2000年 ナッチェス・トレース・パークウェイ
9 Blood Lure 2001年 グレイシャー国立公園
10 Hunting Season 2002年 ナッチェス・トレース・パークウェイ
11 Flashback 2003年 ドライ・トートゥガス国立公園
12 High Country 2004年 ヨセミテ国立公園
13 Hard Truth 2005年 ロッキーマウンテン国立公園
14 Winter Study 2008年 アイル・ロイヤル国立公園
15 Borderline 2009年 ビッグ・ベンド国立公園
16 Burn 2010年 ニューオーリンズ・ジャズ国立歴史公園
17 The Rope 2012年 グレン・キャニオン国立レクリエーション地区

その他[編集]

  • Bittersweet (1984) - 西部開拓時代が舞台の歴史小説[2]
  • Seeking Enlightenment - Hat by Hat : A Skeptic's Path to Religion (2003) - 回想録
  • 1312 (2009) - サイコスリラー

受賞・ノミネート[編集]

出典[編集]

  1. ^ Davis, Jon M.. “Nevada Barr”. The Mississippi Writers Page. 2009年10月18日閲覧。
  2. ^ Bittersweet”. worldcat.org. 2009年10月18日閲覧。
  3. ^ Malice Domestic Convention - Bethesda, MD”. Malicedomestic.org (1988年8月23日). 2012年4月25日閲覧。
  4. ^ a b c d Bouchercon World Mystery Convention : Anthony Awards Nominees”. Bouchercon.info (2003年10月2日). 2012年4月25日閲覧。
  5. ^ a b The Dilys Award - (Imba)”. Mysterybooksellers.com (2012年3月31日). 2012年4月25日閲覧。
  6. ^ Mystery Readers International's Macavity Awards”. Mysteryreaders.org. 2012年4月25日閲覧。
  7. ^ Deadly Pleasures Mystery Magazine- Barry Awards”. Deadlypleasures.com (2008年10月9日). 2012年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]