メアリ・H・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メアリ・ヒギンズ・クラーク
MaryHigginsClark.jpg
誕生 1927年12月24日(86歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 小説家
国籍 アメリカ合衆国
活動期間 1975年 - 現在
主題 推理小説
子供 キャロル・ヒギンズ・クラーク
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

メアリ・ヒギンズ・クラーク(Mary Higgins Clark、1927年12月24日 -)は、アメリカニューヨーク在住の小説家。「サスペンスの女王」として知られる。秘書やスチュワーデスとして働いた後、結婚を機会に執筆の道に入る。キャロル・H・クラークは実の娘。

その作品の多くは、精神的なトラウマを持つ女性がそれを克服するというモチーフによる。視覚的な表現が巧みであり、映画のようだと評されることもある。

作品[編集]

映画化作品[編集]

  • 『誰かが見ている』1982年
  • 『子供たちはどこにいる』 1986年
  • 『殺したのは私』 2002年

受賞歴[編集]

  • Grand Prix de Literature Policier 1980
  • Gold Medal of Honor, American-Irish Historical Society 1993年
  • Spirit of Achievement Award, Albert Einstein College of Medicine of Yeshiva University 1994年
  • Gold Medal in Education, National Arts Club 1994年
  • Horatio Alger Award 1997年
  • Deauville Film Festival Literary Award 1998年
  • Outstanding Mother of the Year 1998年
  • Catholic Big Sisters Distinguished Service Award 1998年
  • Bronx Legend Award 1999年
  • Graymoor Award, Franciscan Friars 1999年
  • MWA賞 2000年
  • Ellis Island Medal of Honor 2001年
  • Passionists' Ethics in Literature Award 2002年
  • Christopher Life Achievement Award 2003年
  • アガサ賞 2010年