エドガー賞 処女長編賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドガー賞 処女長編賞(エドガーしょう しょじょちょうへんしょう、Edgar Award for Best First Novel)は、アメリカ探偵作家クラブが授与するエドガー賞の部門の1つ。優れた処女長編推理小説に与えられる。

各年の結果[編集]

1940年代・1950年代[編集]

1946年
1947年
  • ヘレン・ユースティス 『水平線の男』(1963年 東京創元社)
1948年
1949年
1950年
  • アラン・グリーン 『ボディを見てから驚け!』(1961年 東京創元社)〈改題:『くたばれ健康法!』 1995年 東京創元社〉
1951年
  • トマス・ウォルシュ 『マンハッタンの悪夢』(1959年 東京創元社)
    • サデュアス・オフィン "Happy Holiday!"
    • パトリシア・ハイスミス 『見知らぬ乗客』(1972年 角川書店)
    • トマス・スターリング 『ドアのない家』(1959年 早川書房)
1952年
  • メリー・マクマレン "Strangle Hold"
    • リー・ヘリントン "Carry My Coffin Slowly"
    • サーストン・スコット "Cure it with Honey"
    • デイヴィッド・ウィリアム・メレディス "The Christmas Card Murders"
    • ロバート・B・シンクレア "The Eleventh Hour"
1953年
1954年
1955年
  • ジーン・ポッツ 『さらばいとしのローズ』
1956年
  • レイン・カウフマン 『完全主義者』
    • ハロルド・R・ダニエルズ "In His Blood"
    • フレッド・ルヴォン "Much Ado About Murder"
1957年
  • ドナルド・M・ダグラス 『レベッカの誇り』
1958年
  • ウィリアム・ラウル・ウィークス "Knock and Wait a While"
    • ウォーレン・キャリア "Bay of the Damned"
    • ジェイムズ・クロス "Root of Evil"
1959年
  • リチャード・M・スターン英語版 『恐怖への明るい道』(1961年 早川書房)
    • フランシス・ダンコンベ "Death of a Spinster"
    • ハリー・オルズカー 『殺人をしてみますか?』(1959年 早川書房)
    • エドガー・J・ボール "The Man Who Disappeared"

1960年代[編集]

1960年
1961年
1962年
  • スーザン・ブランク 『緑の死』(1963年 早川書房)
    • オリビア・ドワイト "Close His Eyes"
    • マルコム・ブレイリー "Felony Tank"
    • ブレニ・ジェームズ "Night of the Kill"
    • ウィンフレッド・ヴァン・アタ 『残虐療法』
    • アレックス・ゴードン 『アラベスク』(1966年 早川書房)
1963年
1964年
  • コーネリアス・ハーシュバーグ 『殺しはフィレンツェ仕上げで』(1976年 講談社)
    • H・ファギアス "The Fifth Woman"
    • ジェームズ・M・アルマン "The Neon Haystack"
    • フンラシス・リケット "The Prowler"
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
  • ドロシイ・ユーナック英語版 『おとり』(1970年 早川書房)
  • E・R・ジョンソン 『シルヴァー・ストリート』(1978年 早川書房)
    • ローレンス・カマルク "The Dinosaur"

1970年代[編集]

1970年
  • ジョー・ゴアズ英語版 『野獣の血』(1985年 角川書店)
    • マイリック・ランド 『砂の墓標』(1971年 角川書店)
    • ネイオミ・A・ヒンツェ 『きみはぼくの母が好きになるだろう』(1971年 早川書房)
1971年
1972年
1973年
  • R・H・シャイマー 『密殺の氷海』(1985年 角川書店)
    • アーサー・ゴールドスタイン "A Person Shouldn't Die Like That"
    • フランク・レナード "Box 100"
    • ウィリアム・H・ハラハン "The Dead of Winter"
    • トマス・A・ロバーツ "The Heart of the Dog"
1974年
  • ポール・アードマン 『十億ドルの賭け』(1975年 TBS出版会)
    • クラレンス・ジャクスン "Kicked to Death by a Camel"
    • マイケル・ウルフ英語版 "Man on a String"
    • ジャスティン・スコット "Many Happy Returns"
    • チャールズ・ラーソン "Someone's Death"
1975年
  • グレゴリー・マクドナルド英語版 『フレッチ / 殺人方程式』(1977年 角川書店)
    • ブラウン・メッグス 『サタデー・ゲーム』(1977年 早川書房)
    • ニコラス・メイヤー "Target Practice"
    • ヴァーン・E・スミス "The Jones Man"
    • ドミニク・コスキ、ヴァージル・スコット "The Kreutzman Formula"
1976年
  • レックス・バーンズ 『白の捜査線』(1982年 角川書店)
    • トマス・クロップ "Harmattan"
    • リン・メイヤー 『ペーパーバック・スリラー』(1977年 早川書房)
    • A・J・ラッセル 『百万ドルの掠奪者』(1982年 早川書房)
    • マックス・クロフォード "Waltz Across Texas"
1977年
  • ジェイムズ・パタースン英語版 『ナッシュビルの殺し屋』(1980年 早川書房)
    • マリー・R・レノ "Final Proof"
    • スティーヴ・ニックマイヤー 『殺し屋はサルトルがお好き』(1976年 ごま書房)〈改題:『ストレート』1987年 東京創元社〉
    • ジャニス・ロウ "The Big Pay-Off"
    • アラン・ファースト英語版 "Your Day in the Barrel"
1978年
  • ロバート・ロス "A French Finish"
    • チャールズ・A・グッドラム "Dewey Decimated"
    • ボブ・ランドル "The Fan"
1979年

1980年代[編集]

1980年
1981年
  • ケイ・ノルティ・スミス英語版 『第三の眼』(1983年 早川書房)
    • デイヴィッド・カーキート 『こどもの国の殺人者』(1982年 新潮社)
    • スーザン・ジャフィー 『もう一人のアン』(1987年 早川書房)
    • オリヴァー・バンクス "The Rembrandt Panel"
    • ベッツィ・アズワルド "Winds of the Old Days"
1982年
  • スチュアート・ウッズ英語版 『警察署長』(1984年 早川書房)
    • ヴァーノン・トム・ハイマン "Giant Killer"
    • アンソニー・オルコット "Murder at the Red October"
    • アーネスト・ラーセン "Not A Through Street"
    • ジェフリー・ミラー "The Black Glove"
1983年
1984年
  • ウィル・ハリス 『殺人詩篇』(1985年 早川書房)
    • アンドリュー・テイラー英語版 『あぶない暗号』(1984年 早川書房)
    • キャロリン・ウィート "Dead Man's Thoughts"
    • マーク・ショア 『俺はレッド・ダイアモンド』(1985年 早川書房)
    • ハーバート・レズニコウ 『ゴールド1―密室』(1987年 東京創元社)
1985年
  • リチャード・ローゼン 『ストライク・スリーで殺される』(1987年 早川書房)
    • ジャック・アーリー 『芸術的な死体』(1987年 扶桑社)
    • ダグ・ホーニッグ 『ファウル・ショット』(1986年 扶桑社)
    • アリソン・スミス 『他人の墓』(1986年 扶桑社)
    • オレイニア・パパゾグロウ英語版 『ロマンス作家は危険』(1986年 早川書房)
1986年
  • ジョナサン・ケラーマン 『大きな枝が折れる時』(1986年 扶桑社)
    • ディック・ロクティ 『眠れる犬』(1987年 扶桑社)
    • ダニエル・スタシャワー 『ロンドンの超能力男』(1989年 扶桑社)
    • トニー・フェンリー 『おかしな奴が多すぎる』(1988年 扶桑社)
1987年
  • ラリー・バインハート英語版 『ただでは乗れない』(1987年 早川書房)
    • マイク・ルピカ英語版 『スキャンダラス・レディ』(1988年 二見書房)
    • ジョゼフ・ケーニグ 『死者の眠る沼』(1987年 二見書房)
    • ゲイリー・デヴォン 『ロスト―恐怖の追跡』(1988年 扶桑社)
    • リチャード・ハイヤー 『サイゴン・カフェの爆風』(1988年 二見書房)
1988年
  • デイドラ・S・ライケン 『冷たい眼が見ている』(1989年 早川書房)
    • パーネル・ホール英語版 『探偵になりたい』(1989年 早川書房)
    • ジョン・ランティガ 『熱い稲妻』(1990年 早川書房)
    • ダラス・マーフィー 『残されたネガフィルム』(1988年 新潮社)
    • ドメニック・スタンズベリー 『九回裏の栄光』(1990年 早川書房)
1989年
  • デヴィッド・スタウト英語版 『カロライナの殺人者』(1990年 早川書房)
    • エリザベス・ジョージ 『そしてボビーは死んだ』(1991年 新潮社)〈改題『大いなる救い』1998年 早川書房〉
    • シェリー・ルーベン "Julian Solo"
    • メアリ・ルー・ベネット 『過ぎし日の殺人』(1990年 早川書房)
    • J・マディスン・デイヴィス 『鷲たちの黄昏』(1991年 早川書房)

1990年代[編集]

1990年
  • スーザン・ウルフ 『相棒は女刑事』(1992年 早川書房)
    • ブルース・ツィマーマン英語版 『霧に濡れた橋』(1993年 早川書房)
    • バリー・バーグ 『追われる二人』(1992年 早川書房)
    • メロディ・ジョンソン・ハウ "The Mother Shadow"
    • スーザン・T・シェハック 『屋根裏のコイン』(1997年 勉誠社)
1991年
1992年
1993年
  • マイクル・コナリーナイトホークス(1992年 扶桑社)
    • クレイグ・スミス 『レディ・スティンガー』(1994年 早川書房)
    • クリスティン・アンドレア 『動機』(1996年 講談社)
    • ジェイン・スタントン・ヒッチコック 『目は嘘をつく』(1994年 早川書房)
1994年
1995年
1996年
  • デイヴィッド・ハウスライト 『ツイン・シティに死す』(1996年 早川書房)
    • デイヴィッド・J・ウォーカー "Fixed in His Folly"
    • マーサ・C・ロレンス 『蠍座の殺人』(1998年 早川書房)
    • アラン・ペドラザス 『ハリーの探偵日記』(1997年 早川書房)
    • ケヴィン・オールマン 『気弱な芸能記者』(1999年 早川書房)
1997年
  • ジョン・モーガン・ウィルスン 『夜の片隅で』(1997年 早川書房)
1998年
1999年
  • スティーヴ・ハミルトン 『氷の闇を越えて』(2000年 早川書房)
    • D・R・シャンカー 『十歳の囚人』(2000年 角川書店)
    • ジェン・サックス 『ナイス・レディ』(2000年 早川書房)
    • クリストファー・ライク英語版 『匿名口座』(1998年 講談社)
    • アイラ・ゲンバーグ 『終身刑』(2001年 講談社)

2000年代[編集]

2000年
2001年
2002年
2003年
  • ジョナサン・キング 『真夜中の青い彼方』(2006年 文藝春秋)
    • ベン・レーダー 『馬鹿★テキサス』(2004年 早川書房)
    • カム・マージ 『ジェットスター緊急飛行』(2002年 ヴィレッジブックス)
    • デイヴィッド・ローゼンフェルト英語版 『弁護士は奇策で勝負する』(2004年 文藝春秋)
    • スティーヴン・J・クラーク "Southern Latitudes"
2004年
  • レベッカ・パウェル英語版 『青と赤の死』(2004年 早川書房)
    • マーサ・コンウェイ 『快楽通り12番地』(2005年 早川書房)
    • ジェイムズ・ハイム 『ロデオ・ダンス・ナイト』(2005年 早川書房)
    • ロバート・ハイルブラン 『死刑劇場』(2005年 早川書房)
    • オレン・スタインハウアー 『嘆きの橋』(2005年 文藝春秋)
2005年
2006年
2007年
2008年
  • タナ・フレンチ 『悪意の森』(2009年 集英社)
    • クレイグ・マクドナルド "Head Games"
    • ゴードン・キャンベル "Missing Witness"
    • デレク・ニキータス英語版 『弔いの炎』(2009年 早川書房)
    • クリストファー・ゴファード "Snitch Jacket"
2009年
  • フランシー・リン 『台北(タイペイ)の夜』(2010年 早川書房)
    • ジャスティン・ピーコック "A Cure for Night"
    • チャーリー・ニュートン "Calumet City"
    • デイヴィッド・フラー "Sweetsmoke"
    • トム・エパーソン英語版 "The Kind One"

2010年代[編集]

2010年
2011年
2012年
  • ローリー・ロイ "Bent Road"
    • レナード・ローゼン 『捜査官ポアンカレ-叫びのカオス-』(2013年 早川書房)
    • デイヴィッド・ダッフィ "Last to Fold"
    • スティーヴ・ウルフェルダー "Purgatory Chasm"
    • エドワード・コンロン英語版 "Red on Red"
2013年
  • クリス・パヴォーネ 『ルクセンブルクの迷路』(2013年 早川書房)
    • マイクル・シアーズ 『ブラック・フライデー』(2014年 早川書房)
    • ダニエル・フリードマン "Don't Ever Get Old"
    • スーザン・イーリア・マクニール 『チャーチル閣下の秘書』(2013年 東京創元社)
    • キム・フェイ "The Map of Lost Memories"
2014年[1]
  • ジェイソン・マシューズ "Red Sparrow"
    • ロジャー・ホッブス "Ghostman"
    • ベッキー・マスターマン "Rage Against the Dying"
    • キンバリー・マクライト "Reconstructing Amelia"
    • マシュー・グイン "The Resurrectionist"

出典[編集]

  1. ^ Edgar Nominees”. 2014年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]