フランス推理小説大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス推理小説大賞(Grand prix de littérature policière)は、フランス推理小説の賞。1948年、評論家・小説家のモーリス=ベルナール・アンドレーブフランス語版(1918-2005)により創設された。新進作家の激励を目的とした登竜門的な賞で、部門はフランス語作品部門と翻訳作品部門がある。審査員は国際的に著名な人物10人が務める。

フランス語作品部門[編集]

日本語訳のある作家はカタカナで表記する。

著者 フランス語タイトル (原題) 日本語訳
1948 レオ・マレフランス語版 Le Cinquième Procédé
1949 Odette Sorensen La parole est au mort
1950 Géo-Charles Véran Jeux pour mourir
1951 Jacques Decrest & Germaine Decrest Fumées sans feu
1952 André Piljean Passons la monnaie!
1953 Jean-Pierre Conty Opération Odyssée
1954 François Brigneau La beauté qui meurt
1955 Gilles-Maurice Dumoulin Assassin, mon frère
1956 Guy Venayre Les petites mains de la justice
ミシェル・ルブラン Pleins feux sur Sylvie 『殺人四重奏』(鈴木豊訳、創元推理文庫、1961年)
1957 フレデリック・ダールフランス語版 Le bourreau pleure 『甦える旋律』(長島良三訳、文春文庫、1980年)
1958 フレッド・カサック On n'enterre pas le dimanche 『日曜日は埋葬しない』(中込純次訳、ハヤカワ・ミステリ、1961年)
1959 Paul Gerrard Deuil en rouge
1960 ユベール・モンテイエ Les mantes religieuses 『かまきり』(斎藤正直訳、ハヤカワ・ミステリ、1964年)
同一の訳で『世界ミステリ全集』第15巻(早川書房、1973年)にも収録
1961 ※実施されず
1962 Pierre Forquin Le Procès du diable
1963 セバスチアン・ジャプリゾ Piège pour Cendrillon 『シンデレラの罠』(望月芳郎訳、創元推理文庫、1964年)
『シンデレラの罠』(平岡敦訳、創元推理文庫、2012年)
1964 Michel Carnal La jeune morte
1965 マルク・ドロリー Bateau en Espagne 『スペインの城』(秘田余四郎訳、ハヤカワ・ミステリ、1966年)
1966 ローレンス・オリオール L'interne de service 『やとわれインターン』(荒川比呂志訳、ハヤカワ・ミステリ、1969年)
1967 ジャン=ピエール・アレム Le Crocodile dans l'escalier
1968 ドミニック・ファーブル Un beau monstre 『美しい野獣』(野口雄司訳、ハヤカワ・ミステリ、1970年)
1969 フランシス・リックフランス語版 Drôle de pistolet 『奇妙なピストル』(岡村孝一訳、ハヤカワ・ミステリ、1976年)
1970 ポール・アンドレオータフランス語版 Zigzags 『ジグザグ』(牧原宏郎訳、ハヤカワ・ミステリ、1972年)
1971 ルネ・レウヴァンフランス語版 L'assassin maladroit 『そそっかしい暗殺者』(日影丈吉訳、ハヤカワ・ミステリ、1973年)
1972 ジルベール・タニュジ Le canal rouge 『赤い運河』(谷亀利一訳、ハヤカワ・ミステリ、1973年)
1973 ジャン=パトリック・マンシェット Ô dingos, ô châteaux! 『狼が来た、城へ逃げろ』(岡村孝一訳、ハヤカワ・ミステリ、1973年)
1974 A・P・デュシャトーフランス語版 De cinq à sept avec la mort 『五時から七時までの死』(岡村孝一訳、ハヤカワ・ミステリ、1975年)
1975 Yvon Toussaint Un Incident indépendant de notre volonté
1976 ジャン=フランソワ・コアトムールフランス語版 Les sirènes de minuit 『真夜中の汽笛』(長島良三訳、角川文庫、1986年)
1977 クリストフェール・ディアブル La plus longue course d'Abraham Coles, chauffeur de taxi 『雨を逃げる女』(長島良三訳、角川文庫、1988年)
1978 Madeleine Coudray Dénouement avant l'aube
1979 ジョゼフ・ビアロフランス語版 Le salon du prêt-à-saigner
1980 ドミニック・ルーレフランス語版 Le crime d'Antoine 『寂しすぎるレディ』(長島良三訳、ハヤカワ・ミステリ、1983年)
1981 ピエール・シニアックフランス語版 Aime le maudit
L'unijambiste de la côte 284
Reflets changeants sur mare de sang
1982 Jean-Pierre Cabanes L'audience solennelle
1983 Jean Mazarin Collabo-song
1984 ルネ・ベレットフランス語版 Sur la terre comme au ciel
1985 ディディエ・デナンクスフランス語版 Meurtres pour mémoire 『記憶のための殺人』(堀茂樹訳、草思社、1995年)
1986 Gérard Delteil N'oubliez pas l'artiste!
Christian Gernigon La queue du scorpion
1987 ジャック・サドゥールフランス語版 Trois morts au soleil 『太陽の下、三死体』(長島良三訳、新潮文庫、1988年)
1988 Jean-Paul Demure Aix abrupto
1989 Tito Topin Un gros besoin d'amour
1990 ミシェル・カンフランス語版 Billard à l'étage
1991 エルヴェ・ジャウエンフランス語版 Hôpital souterrain
1992 トニーノ・ベナキスタフランス語版 La Commedia des ratés
1993 Paul Couturiau Boulevard des ombres
1994 ジャン=ジャック・フィシュテルフランス語版 Tiré à part 『私家版』(榊原晃三訳、創元推理文庫、2000年)
1995 Philippe Huet La main morte
1996 Jean-Hugues Oppel Ambernave
1997 ブリジット・オベールフランス語版 La Mort des bois 『森の死神』(香川由利子訳、ハヤカワ・ミステリ文庫、1997年)
1998 Serge Gardebled Sans homicide fixe
1999 ローラン・ベネギフランス語版 La paresse de Dieu
2000 Pascal Dessaint Du bruit sous le silence
2001 ミシェル・クレスピ Chasseurs de têtes 『首切り』(山中芳美訳、ハヤカワ・ミステリ文庫、2002年)
2002 Patrick Pécherot Les brouillards de la butte
2003 Laurent Martin L'ivresse des dieux
2004 ヴィルジニ・ブラックフランス語版 Double peine
ジルベール・シヌエフランス語版 Les Silences de Dieu
2005 Philip Le Roy Le dernier testament
2006 Catherine Fradier La colère des enfants déchus
2007 DOA Citoyens clandestins
2008 Caryl Férey Zulu
2009 Hervé Le Corre Les coeurs déchirés
2010 Alexandra Schwartzbrod Adieu Jérusalem
2011 DOA & Dominique Manotti L’Honorable Société
2012 Karim Miské Arab jazz

翻訳作品部門[編集]

参考文献[編集]

  • 平岡敦「フランスのミステリ賞総まくり」(『ミステリマガジン』1998年4月号)
  • 権田萬治「フランス推理小説大賞」権田萬治監修『海外ミステリー事典』新潮社、2000年、p.282

関連項目[編集]