警察小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

警察小説(けいさつしょうせつ)は推理小説ミステリー)の一つの形式であり、警察官もしくは刑事、あるいは彼らを含む警察機構や組織の事件犯罪に対する捜査活動を軸に展開する小説のジャンルである。刑事小説(けいじしょうせつ)とも称される。ポリス・プロシーデュラル(Police procedural)。

概要[編集]

警察小説とは、推理小説の中で「脇役」的存在であることの多かった「警察官」というポジションを主人公、またはそれに近い立場に置いたものである。ただし、警察官が探偵役であるからといって必ずしも警察小説と呼ばれるとは限らない。内容は執筆作家が多数であることもあって、本格サスペンスから活劇暗黒小説などと幅広い。

ハードボイルド要素を織り込んだ作品も多いが、横山秀夫らの登場により、推理要素を取り込みながらも人情ある人間ドラマを重視した作品も増えてきている。近年は特定の主人公を置きつつも、警察の組織的捜査を比較的リアルなタッチで描く作品が多く現れており、これらをもっとも狭義の警察小説と呼ぶこともできる。

こうした傾向や、テレビドラマの影響により、かつてのように連続殺人事件を所轄の数名の刑事だけで捜査したり、県境をまたいで捜査したり逮捕したりといった現実離れした描写の小説は少なくなった。また、捜査上の秘密として従来はあまりオープンにされなかった警察組織の内部機構ではあるが、警察官や組織ぐるみの不祥事などが顕在化するにつれ、市民生活に密着した彼らの活動を批判的あるいは逆に称揚的に評価するさまざまな描写の作品が生まれ、TVドラマ・シリーズの原作となるケースも多い。

代表作家[編集]

国内[編集]

海外[編集]