ジャッロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャッロ: Giallo、発音 ['ʤallo])は、イタリアの20世紀の文学ジャンル、映画のジャンルである。フランス幻想文学犯罪小説ホラー小説エロティック文学に密接にかかわりがある。日本では、ジャーロと表記されることも多い。この語はジャンルの実作例にも使用される語であり、その場合、英語においても、イタリア語の複数形 "gialli"(ジャッリ)を使用することもできる(日本語での使用は稀少である)。「ジャッロ」(giallo) の語はイタリア語で「黄色」を意味し(Wiktionary: giallo参照)、黄表紙のペーパーバックに装丁された同ジャンル小説の起源に由来している。

文学[編集]

「ジャッロ」(giallo) の語は、1929年にアルノルド・モンダドリ・エディトーレ社から最初に出版されたミステリー小説、犯罪小説の一連のパルプ・マガジン『ジャッロ・モンダドリ』(Giallo Mondadori) を記述したのが起源となっている。その黄表紙には、1920年代 - 1930年代アメリカの同ジャンルによく似たフーダニット小説が掲載されていた。英語のパルプ・フィクションとのこのリンクは、イタリア人作家がつねにアメリカ風のペンネームで書いていたことでも補強された。初期のジャッロの多くは、アメリカ小説のイタリア語への翻訳ものであった[1]

チープなペーパーバックとして出版されたが、「ジャッロ」小説の成功は、ほかの出版社の注意をすぐに惹きはじめ、各社のヴァージョンをリリースしはじめた。その際には黄表紙の伝統を引き継ぐことを忘れなかった。「ジャッロ」小説はとても人気で、アガサ・クリスティエドガー・ウォーレスジョルジュ・シムノンといった国外のミステリ小説、犯罪小説の作家たちの既成の作品ですら、イタリア国内での最初の出版の際には、「ジャッロ」と銘打たれた。『ジャッロ・モンダドリ』は現在も月刊で発行されており、同ジャンルでの世界でもっとも長寿な出版のひとつである。

このようにして、イタリア語において、「ジャッロ」の語をミステリ小説、犯罪小説、探偵小説を指す同義語と化した。英語においては、とくに映画のジャンルを定義する(後述)ときにはすでに流通している語であるが、それ以上にイタリア語においては一般的な意味をもっている。

映画[編集]

映画におけるジャンルとしての「ジャッロ」は1960年代に始まる。「ジャッロ」小説の映画化としてはじまったが、すぐに現代的な映画技法の進化をともなって、ユニークなジャンルをつくりだした。イタリア国外で「ジャッロ」として知られる映画は、イタリアでは「スリリング」(thrilling) あるいはたんに「スリラー」(thriller) と呼ばれ、同語はまず、ダリオ・アルジェントマリオ・バーヴァといった1970年代イタリアの古典作品群を通常は指す。

性格[編集]

「ジャッロ」映画の作品群は、過度の流血をフィーチャーした引き伸ばされた殺人シーンを特徴とし、スタイリッシュなカメラワークと異常な音楽のアレンジをともなう。字義通りのフーダニットの要素は保たれてはいるが、スプラッターなモダンホラーと結合し、イタリアで永年続いている伝統であるオペラを通じてフィルターをかけられ、荒唐無稽な「グラン・ギニョール」的な劇作を示す。通常、ふんだんなヌードや性描写をも含む。

「ジャッロ」作品は、狂気や疎外感、偏執病といった強力に心理学的なテーマを導入することを典型とする。たとえば、セルジオ・マルティーノ監督の Il Tuo vizio è una stanza chiusa e solo io ne ho la chiaveEye of the Black Cat とも、1972年)は、はっきりとエドガー・アラン・ポーの短篇小説『黒猫』を下敷きにしている。

印象的な音楽の使用でも有名である。ダリオ・アルジェント監督と作曲家エンニオ・モリコーネ、音楽監督のブルーノ・ニコライ、そしてのちのゴブリンとのコラボレーションがもっとも知られている。

発展[編集]

字義通りの「ジャッロ」の伝統を源泉とするのと同様に、「ジャッロ」映画の作品群は、まず、ドイツにおける「クリミ」現象にも影響を受けている。「クリミ」とは、エドガー・ウォーレスの小説を原作とした1960年代の白黒映画がそのオリジナルである。

映画ジャンルとしての「ジャッロ」を生み出した最初の作品はマリオ・バーヴァ監督の『知りすぎた少女』(La ragazza che sapeva troppo, 1963年)である。同作のタイトルはアルフレッド・ヒッチコック監督の『知りすぎていた男』(1956年)を参照しており、アングロアメリカンカルチャーとの関係を再度強固にした。マリオ・バーヴァ監督の1964年の映画『モデル連続殺人!』(Sei donne per l'assassino) は、「ジャッロ」のエンブレムとなる要素を導入した。黒い皮手袋に光る凶器をもった仮面の殺人者、がそれである[2]

すぐに「ジャッロ」は、強烈な色彩とスタイルの付加的な層をつけくわえ、固有のルールをもち、典型的なイタリア風味をもった固有のジャンルのひとつになった。「ジャッロ」の語は、ついに、ヘヴィであり演劇的でありスタイル化された視覚的要素の同意語となった。

1970年代に同ジャンルは絶頂期を迎え、数10作ものイタリア「ジャッロ」映画を公開した。同ジャンルを代表するもっとも有名な監督は、ダリオ・アルジェントマリオ・バーヴァルチオ・フルチアルド・ラドセルジオ・マルティーノウンベルト・レンツィプピ・アヴァティである。

おもな作品一覧[編集]

[編集]

脚註[編集]

  1. ^ R. Worland著 The Horror Film p.276
  2. ^ A. Rockoff著、Going to Pieces p.30

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ブログ[編集]