マイクル・コリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイクル・コリンズ: Michael Collins)は、デニス・リンズ(英: Dennis Lynds、1924年1月15日 - 2005年8月19日)のペンネームであり、主にミステリーを書いていたアメリカ合衆国作家である。

リンズは約40年以上に渡って、80の長篇小説と200の短篇小説を書いた。アメリカ探偵作家クラブ (MWA) からエドガー賞アメリカ私立探偵作家クラブから特別功労賞、MWA南カリフォルニア支部からマーロウ特別功労賞を授与された。

経歴[編集]

セントルイス生まれ。両親は役者で旅先で生まれた。一人っ子である。ニューヨーク州で育ち、第二次世界大戦ではヨーロッパで戦い、青銅星章とパープルハート章を授与された。ニューヨークで雑誌編集者を経て、1965年に専業作家となりカリフォルニア州に移住した。スリラー作家 Gayle Lynds と結婚。死ぬまでカリフォルニアに定住した。

マイクル・コリンズ[編集]

マイクル・コリンズ名義では、《隻腕探偵ダン・フォーチューン》シリーズを書いた。このシリーズは1967年の『恐怖の掟』に始まり(エドガー賞最優秀新人賞受賞)、非常に長く書き続けた。推理小説の現代化に貢献したと評価されている。

「自然主義的なスペード(ダシール・ハメット)からロマンチックなマーロウ(レイモンド・チャンドラー)を経て、心理学的なアーチャー(ロス・マクドナルド)へと受け継がれた私立探偵の系譜は、社会学的なフォーチューン(マイクル・コリンズ)によって完成されたと見る批評家は多い」
- Private Eyes: 101 Knights (Robert Baker and Michael Nietzel)

「リンズを1970年代の最良のサスペンス作家」とした Baker と Nietzel は、さらに次のように続けている。「西ドイツの犯罪文学協会は彼を次のように評した:

「マイクル・コリンズは私立探偵小説の新たな展開をもたらした。1960年代末に彼はこの分野に長年待ち望まれていた人間性のような新しいものを与えた。彼の小説は単なるエンターテインメントを越えている。探偵の背後には人生観があり、個々の小説でアメリカ社会の特殊な一面を垣間見せてくれる」

Baker と Nietzel はコリンズの最初の小説に端を発した現象を次のように指摘した。「『恐怖の掟』… は、今となっては新進ハードボイルド作家によく使われる「ハメット以来のベスト」、「新たなチャンドラー」、「ロス・マクドナルドの後継者」といった言われ方をする最初の作家となった。フォーチューンは現代の私立探偵の中では年長と言える」現代の探偵小説と言われているのは、ローレンス・ブロックロバート・B・パーカーエルモア・レナードビル・プロンジーニなどである。

ウィリアム・アーデン[編集]

1968年から1989年にかけて、リンズはウィリアム・アーデン(William Arden)名義で児童向け探偵小説のシリーズ《ヒッチコックと少年探偵トリオ》の小説を14冊書いた。また、同じペンネームで私立探偵 Kane Jackson のシリーズも5冊書いている(1968年から)。また、スパイ小説の名作とされる短篇 "Success of a Mission" もこの名義で書いており、1968年のエドガー賞短篇小説部門にノミネートされた。

他のペンネーム[編集]

リンズは、それ以外にもマーク・サドラー(Mark Sadler)、ジョン・クロウ(John Crowe)、カール・デッカー(Carl Dekker)といったペンネームを使い分けた。数年間、彼は3つの出版社についてこれらの名義を使い分けていた。別のペンネームで書かれた作品が同時にベストセラーリストに掲載されたこともある。

その他[編集]

探偵小説を書く傍ら、純文学も書いている。特に短篇は100篇ほど書いた。そのうちの5篇は Best American Short Stories に選ばれた。

主な日本語訳作品[編集]

マイクル・コリンズ名義(ダン・フォーチューン)[編集]

  • 恐怖の掟、Act Of Fear(1967年)
  • 真鍮の虹、 The Brass Rainbow(1969年)
  • ひきがえるの夜、Night Of The Toads(1970年)
  • 黒い風に向かって歩け、Walk A Black Wind(1971年)
  • 虎の影、Shadow Of A Tiger(1972年)
  • 無言の叫び、The Silent Scream(1973年)
  • ブルー・シティ、Blue Death(1975年)
  • 鮮血色の夢、The Blood-Red Dream(1976年)
  • フリーク、Freak(1983年)

ウィリアム・アーデン名義[編集]

  • ちぢむ家の秘密、The Mystery of the Shrinking House(1972年)
  • ゆうれい湖の秘密、The Secret of Phantom Lake(1973年)

マーク・サドラー名義[編集]

  • 落ちる男、The Falling Man(1970年)
  • ここにて死す、Here to Die(1971年)
  • 炎の環、Circle of Fire(1973年)

ジョン・クロウ名義[編集]

  • もうひとつの死、Another Way to Die(1972年)
  • 暗闇の感触、A Touch of Darkness(1972年)

外部リンク[編集]