オレン・スタインハウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オレン・スタインハウアー英語:Olen Steinhauer、1970年6月21日- )はアメリカ合衆国出身の推理小説作家。

略歴[編集]

メリーランド州バルティモアにて出生、バージニア州で育つ。ペンシルベニア州ロックヘブン大学Lock Haven University of Pennsylvania)およびテキサス大学オースティン校に通った後、ボストンエマーソン大学での文学創作課程においてMFA(Master of Fine Arts:芸術学修士)の認定を受ける。

大学を卒業した後、ヨーロッパに渡り、ユーゴスラビア時代のクロアチアチェコスロバキアイタリアなどを転々とする。また、1年間のフルブライト留学交付金を受けてルーマニアに滞在、1989年のこの地での民主化革命に関する " Tzara's Monocle " という小説を書き上げ、ニューヨークに戻ってエージェントに出版交渉を託す。

しかし、実際に彼の処女作として世に出たのは、2003年発表の東欧を舞台にした警察小説 " The Bridge of Sighs " (邦訳:『嘆きの橋』)であった。この小説は、冷戦時代における東欧のある仮想小国の警察機構の犯罪捜査を巡って、終戦から共産圏崩壊までを年代紀的に描く全5部作の第1作で、この後一年一作のペースで2007年にシリーズを完結させた。(日本では最初の2作が訳出されている)

2003年以降、ハンガリーブタペストに居を移し、妻と娘と住む。2009年から2010年にかけての冬には、ドイツライプツィヒ大学アメリカ研究所(Leipzig's Institute for American Studies)で文学客員教授(the Picador Guest Professor for Literature)を務めた。

2009年発表の CIA(米中央情報局)を背景としたスパイ小説 " The Tourist "(邦訳:『ツーリスト』)はベストセラー入りし、ジョージ・クルーニーの「Smoke House Films」によって映画化される。また、2010年には続編の " The Nearest Exit " が好評を博している。

作品リスト[編集]

※東欧某国・民警シリーズ:全5部作
  • The Bridge of Sighs (2003) 『嘆きの橋』(訳=村上博基 文春文庫)…5賞にノミネート
  • The Confession (2004) 『極限捜査』(訳=村上博基 文春文庫)
  • 36 Yalta Boulevard (2005)
  • Liberation Movements (2006)…エドガー賞 長編賞ノミネート
  • Victory Square (2007)
CIA諜報員ミロ・ウィーバー(Milo Weaver)シリーズ:全3部作(予定)
  • The Tourist (2009)『ツーリスト -沈みゆく帝国のスパイ』上/下(訳=村上博基 ハヤカワ文庫)…映画化
  • The Nearest Exit (2010)『ツーリストの帰還』上/下(訳=村上博基 ハヤカワ文庫)
  • An American Spy (2012)

外部リンク[編集]