バリー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バリー賞(バリーしょう、The Barry Award)は、1997年からアメリカ合衆国季刊推理雑誌『デッドリー・プレジャーズ (Deadly Pleasures) 』の編集者らによって授与されるミステリの賞。2007年から2009年には『ミステリー・ニュース (Mystery News) 』の出版と合わせてバウチャーコンの会場で受賞作が発表された。賞の名は、アメリカの批評家、バリー・ガードナーに因む[1]

長編賞、新人賞、英国ミステリ賞、ペーパーバック賞、スリラー賞、短編賞、ノンフィクション賞などの部門がある。「英国ミステリ賞」は、イギリスで最初に出版された作品が対象であり、著者の国籍や作品の舞台がイギリスでなくても構わない。

部門別の受賞者・候補者[編集]

デニーズ・ミーナ(2006年 最優秀英国ミステリ賞受賞)
カルロス・ルイス・サフォン(2005年 最優秀新人賞受賞)
ローラ・リップマン(2004年・2008年 最優秀長編賞受賞)
ヴァル・マクダーミド(2000年・2004年 最優秀英国ミステリ賞受賞)
ハーラン・コーベン(1998年 最優秀ペーパーバック賞受賞)

長編賞[編集]

受賞 ノミネート
1997年 ピーター・ラヴゼイ 『猟犬クラブ』
1998年 マイクル・コナリートランク・ミュージック
1999年 レジナルド・ヒル 『ベウラの頂』
デニス・ルヘイン 『愛しき者はすべて去りゆく』
2000年 ピーター・ロビンスン 『渇いた季節』
2001年 ネヴァダ・バー "Deep South"
2002年 デニス・ルヘインミスティック・リバー
2003年 マイクル・コナリーシティ・オブ・ボーンズ
2004年 ローラ・リップマン 『あの日、少女たちは赤ん坊を殺した』
2005年 リー・チャイルド 『前夜』
2006年 トマス・H・クック 『緋色の迷宮』
2007年 ジョージ・P・ペレケーノス 『夜は終わらない』
2008年 ローラ・リップマン 『女たちの真実』
2009年 アーナルデュル・インドリダソン "The Draining Lake"
2010年 ジョン・ハート 『ラスト・チャイルド』
2011年 スティーヴ・ハミルトン 『解錠師』
2012年 ユッシ・エーズラ・オールスン 『特捜部Q―檻の中の女―』
2013年 ピーター・メイ英語版 "The Black House"

スリラー賞[編集]

受賞 ノミネート
2005年 バリー・アイスラー 『雨の罠』
2006年 ジョゼフ・ファインダー英語版 『解雇通告』
2007年 ダニエル・シルバ "The Messenger"
2008年 ロバート・クレイス 『天使の護衛』
2009年 ブレット・バトルズ英語版 "The Deceived"
2010年 ジャミー・フレヴェレッティ "Running from the Devil"
2011年 デオン・マイヤー "13 Hours"
2012年 トマス・ペリー英語版 "The Informant"
2013年 ダニエル・シルバ "The Fallen Angel"

英国ミステリ賞[編集]

受賞 ノミネート
2000年 ヴァル・マクダーミド 『処刑の方程式』
2001年 スティーヴン・ブース英語版 『黒い犬』
2002年 スティーヴン・ブース英語版 『死と踊る乙女』
2003年 ジョン・コナリー "The White Road"
2004年 ヴァル・マクダーミド 『過去からの殺意』
2005年 ジョン・ハーヴェイ英語版 『血と肉を分けた者』
2006年 デニーズ・ミーナ "The Field of Blood"
2007年 ケン・ブルーウン "Priest"
2008年 エドワード・ライト "Damnation Falls"
2009年 スティーグ・ラーソンミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女
2010年 フィリップ・カー "If The Dead Not Rise"
2011年 レジナルド・ヒル "The Woodcutter"
2012年 ピーター・ジェイムズ英語版 "Dead Man's Grip"

ペーパーバック賞[編集]

受賞 ノミネート
1997年 スーザン・ウェイド "Walking Rain"
1998年 ハーラン・コーベン 『ロンリー・ファイター』
1999年
2000年 ロビン・バーセル 『霧に濡れた死者たち』
キャロライン・ロー "An Antidote for Avarice"
2001年 エリック・ライト英語版 『ロージー・ドーンの誘拐』
  • グリン・マーシュ・アラム "Dive Deep and Deadly"
  • ケイト・グライリー "Death Dances to a Reggae Beat"
  • キャシー・ジョン "Little Mexico"
  • ベス・ソーニエ "Distemper"
2002年 デボラ・ウッドワース "Killing Gifts"
  • シンクレア・ブラウニング "Rode Hard, Put Away Dead"
  • デボラ・モーガン "Death is a Cabaret"
  • ベス・ソーニエ "The Fourth Wall"
  • マーティン・J・スミス "Straw Men"
2003年 ダニエル・ジラール英語版 "Cold Silence"
2004年 ジェイソン・スター英語版 "Tough Luck"
2005年 エレーヌ・フリン "Tagged for Murder"
2006年 リード・ファレル・コールマン "The James Deans"
2007年 ショーン・ドリットル英語版 "The Cleanup"
2008年 ミーガン・アボット英語版 『暗黒街の女』
2009年 ジュリー・ハイジィ "State of the Onion"
2010年 ブライアン・グルーリー英語版 『湖は餓えて煙る』
2011年 ヴァル・マクダーミド "Fever at the Bone"
2012年 マイクル・スタンレイ "Death of the Mantis"
2013年 スーザン・イーリア・マクニール 『チャーチル閣下の秘書』

新人賞[編集]

受賞 ノミネート
1997年 チャールズ・トッド英語版 『出口なき荒野』
  • マイケル・C・ホワイト 『兄弟の血』
  • ジェイムソン・コール "A Killing in Quail County"
  • ジャン・グレーテル "Lie down with Dogs"
  • G・D・ギアリーノ "What the Deaf Mute Heard"
  • マイケル・フレイズ 『天使の悪夢』
1998年 リー・チャイルド 『キリング・フロアー』
1999年 ウィリアム・K・クルーガー 『凍りつく心臓』
  • ジョン・ビルハイマー "The Contrary Blues"
  • スティーヴ・ハミルトン 『氷の闇を超えて』
  • ロビン・ハサウェイ 『フェニモア先生、墓を掘る』
  • ウィリアム・ホフマン英語版 "Tidewater Blood"
  • J・ウォリス・マーティン 『水底の死者の眠り』
  • リーサ・リアドン 『ビリーが死んだ夏』
  • D・R・シャンカー 『十歳の囚人』
2000年 ドナ・アンドリューズ 『庭に孔雀、裏には死体』
2001年 デイヴィッド・リス 『紙の迷宮』
2002年 C・J・ボックス 『沈黙の森』
2003年 ジュリア・スペンサー=フレミング英語版 "In the Bleak Midwinter"
  • デイヴィッド・コーベット 『悪魔の赤毛』
  • ピップ・グレンジャー "Not All Tarts are Apple"
  • ジョナサン・キング 『真夜中の青い彼方』
  • エディー・ミューラー英語版 "The Distance"
  • ベン・レーダー 『馬鹿★テキサス』
2004年 P・J・トレイシー 『天使が震える夜明け』
2005年 カルロス・ルイス・サフォン風の影
  • チャールズ・ベノー 『レッド・ダイヤモンド・チェイス』
  • ジェイムズ・O・ボーン "Walking Money"
  • コリン・コッタリル 『老検死官シリ先生がゆく』
  • クレア・マトゥーロ 『毒の花の香り』
  • ウィル・トマス英語版 "Some Danger Involved"
2006年 スチュアート・マクブライド英語版 『花崗岩の街』
2007年 ルイーズ・ペニー 『スリー・パインズ村の不思議な事件』
2008年 タナ・フレンチ 『悪意の森』
2009年 トム・ロブ・スミスチャイルド44
2010年 アラン・ブラッドリー英語版 『パイは小さな秘密を運ぶ』
  • ジョシュ・バゼル英語版 『死神を葬れ』
  • レベッカ・キャントレル 『レクイエムの夜』
  • ソフィー・リトルフィールド 『謝ったって許さない』
  • アッティカ・ロック 『黒き水のうねり』
  • スチュアート・ネヴィル 『ベルファストの12人の亡霊』
2011年 ポール・ドイロン 『森へ消えた男』
  • ルー・バーニー "Gutshot Straight"
  • ブルース・ダシルヴァ 『記者魂』
  • グラハム・ムーア "Sherlockian"
  • ウィリアム・ライアン "The Holy Thief"
  • キース・トムスン 『ぼくを忘れたスパイ』
2012年 テイラー・スティーヴンス 『インフォメーショニスト』
2013年 ジュリア・ケラー英語版 "A Killing In The Hills"
  • アレックス・グレシアン "The Yard"
  • ティム・オマラ "Sacrifice Fly"
  • デイヴィッド・マーク "The Dark Winter"
  • マイクル・シアーズ "Black Fridays"
  • オーウェン・ラウカネン "The Professionals"

特別賞[編集]

2000年代ベスト賞
受賞 ノミネート
スティーグ・ラーソンミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』(2005年)

出典[編集]

  1. ^ The Barry Awards”. Deadly Pleasures (2008年10月9日). 2012年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]