ディリス賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディリス賞( - しょう、The Dilys Award )は、アメリカ独立系ミステリ専門書店協会(Independent Mystery Booksellers Association、以下略称:IMBA)によって1992年から毎年贈られる賞。その年に書店が「最も楽しんで売ることができた」推理小説に贈られる[1][2]。IMBAは、主にミステリを売る小売書店のための組織である。賞の名は、アメリカ合衆国初のミステリ専門書店を設立したディリス・ウィンという人物に因む[3]

各年の結果[編集]

[3]

受賞作 ノミネート作
1992年 カール・ハイアセン 『珍獣遊園地』
1993年 ジョン・ダニング 『死の蔵書』
1994年 ペーター・ホゥ 『スミラの雪の感覚』
1995年 ジャネット・イヴァノヴィッチ 『私が愛したリボルバー』
1996年 マイクル・コナリーラスト・コヨーテ
1997年 マイクル・コナリー 『ザ・ポエット』
1998年 ジャネット・イヴァノヴィッチ 『モーおじさんの失踪』
1999年 デニス・ルヘイン 『愛しき者はすべて去りゆく』
2000年 ロバート・クレイス "L.A. Requiem"
2001年 ヴァル・マクダーミド 『処刑の方程式』
2002年 デニス・ルヘインミスティック・リバー
2003年 ジュリア・スペンサー=フレミング英語版 "In the Bleak Midwinter"
2004年 ジャスパー・フォード 『文学刑事サーズデイ・ネクスト2―さらば、大鴉』
2005年 ジェフ・リンジーデクスター 幼き者への挽歌
2006年 コリン・コッタリル 『三十三本の歯』
2007年 ルイーズ・ペニー 『スリー・パインズ村の不思議な事件』
2008年 ウィリアム・K・クルーガー 『血の咆哮』
2009年 ショーン・チャコーヴァー "Trigger City"
2010年 アラン・ブラッドリー 『パイは小さな秘密を運ぶ』
2011年 ルイーズ・ペニー "Bury Your Dead"
2012年 S・J・ローザン 『ゴースト・ヒーロー』
2013年 ピーター・ロビンスン "Before The Poison"
  • コリン・コッタリル "Grandad, There's a Head on the Beach"
  • タナ・フレンチ "Broken Harbor"
  • スーザン・イーリア・マクニール 『チャーチル閣下の秘書』
  • クリス・パヴォーネ 『ルクセンブルクの迷路』
2014年 ウィリアム・K・クルーガー 『ありふれた祈り』
  • リンジー・フェイ "Seven for a Secret"
  • アレックス・グレシアン 『刑事たちの四十八時間』
  • アン・ヒラーマン "Spider Woman's Daughter"
  • G・M・マリエット "Pagan Spring"
  • ヴィダル・サンドストル "The Land of Dreams"

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]