安藤鶴夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1955年

安藤鶴夫(あんどう つるお、1908年明治41年)11月16日 - 1969年昭和44年)9月9日)は、小説家直木賞受賞)、落語および歌舞伎分野を主な専門分野とする評論家演芸プロデューサー。元々は歌舞伎担当の新聞記者だった。

生涯[編集]

東京市浅草区向柳原町(現在の東京都台東区浅草橋)に、義太夫の8代目竹本都太夫の長男として生まれる。本名、花島鶴夫。法政大学文学部仏文科卒業の時に髪を切り、以後、死ぬまでイガグリ頭で通す。1939年(昭和14年)、都新聞社(後に國民新聞社と合併して東京新聞社、現在の中日新聞東京本社)に入り、やがて文化部に移る。敗戦直後に東京新聞社を退社し、スクリーン・ステージ新聞社に入社する。

1946年(昭和21年)に、『東宝』誌に「小さん・聞書」(4代目柳家小さんの芸談)、『苦楽』誌に聞書「落語鑑賞」(8代目桂文楽の噺、10話)を連載。1949年(昭和24年)、苦楽社からそれらをまとめて『落語鑑賞』として上梓し、寄席評論家としての評価を確立。特に、文楽の話芸を活字で再現して高く評価された。

1950年(昭和25年)から三越名人会を、1953年(昭和28年)からは三越落語会を主宰。新作落語が人気を博していた戦後古典落語を再評価して演芸評論の重鎮となった。それまで主に寄席で聞くものだった落語をホール落語という新しい形を定着させた功績は大きい。1959年(昭和34年)に急逝した湯浅喜久治[1]の遺志を継ぎ、東横落語会を引き継いだ。

幅広い交友関係をもち、各種芸能に造詣が深かった。落語・講談等の寄席評論家としては正岡容と双璧。古典落語至上主義、新作落語排斥の急先鋒であり、戦後の落語界に大きな影響を与えた。文化庁芸術祭賞実行委員。

小説も手がけ、1963年(昭和38年)『巷談本牧亭』により、第50回直木賞受賞。劇団前進座によって劇化され、日本国内の他に日中国交回復前の中国・北京でも上演された。

物事への感情の入れ方が激しくアンドウツルオならぬ「カンドウスルオ」の異名があり、自著『巷談本牧亭』でも言及している。テレビ番組夢であいましょうにゲスト出演した際には、梓みちよが歌ったこんにちは赤ちゃんを聞いて放送中に涙ぐみ絶句した[2]。反面、他人の礼を失した態度には厳しく、来訪した編集者が原稿をあらためずに持ち帰ろうとしたところ取り上げてしまった。小料理屋で見知らぬ客が「アンツルがいる」と口にしたのを耳にして相手を怒鳴りつけた事もある[3]

日本の伝統芸能に関心を持つ若者を良い芸を紹介しようという意識は強く、写真家の金子桂三は他人に書庫を見せない安藤に伝統芸能関連の書籍を貸してもらい、のちに文楽狂言の撮影を手掛けるきっかけになった。永六輔人間国宝である豊竹山城少掾浄瑠璃を見せられて当時は浄瑠璃そのものの良さが理解できず、正直に理解できないと言ったところ怒った安藤に君は日本人ではないと言われ、後日安藤からわざわざ中国語に翻訳させた永を叱る手紙が届いた。以降「えい君」と呼んでもらえず冗談交じりに「ヨン君」と中国語風に呼ばれて安藤の逝去まで続いた[4]。厳しい演芸評論の一面ユーモラスな面も持ち合わせていた。

四谷にある鯛焼き屋を尻尾まで餡子が入っていると戦後新聞紙上で書いたところ大人気になり、2012年(平成24年)現在も盛業中。最晩年、東京に残された客席が畳敷きの最後の寄席(落語定席)だった人形町末廣が閉場すると聞き、各方面へ保存を働きかけるも諸事情あり、自身が糖尿病で健康を害していたこともあって保存は果たせなかった[5]

1969年(昭和44年)9月9日、死去。享年60。

1980年代には、落語ファン以外からは忘れ去られた存在となっていたが、安藤の影響を大きく受けた世代の一人である小林信彦が、志ん朝について書いた文章等で自身に大きな影響を与えた存在としてとり上げたため、再び注目を浴びた。小林は『日本の喜劇人』の古川緑波についての記述において間接的に、安藤は評論家としてよりもエッセイストとして優れていたと書いている。高田文夫は、若い頃に安藤の多大な影響を受けたと語っている。また、近年のお笑いブームを幅広くフォローしている評論家西条昇も、安藤を高く評価し、同じ評論家としてリスペクトしている。

批判と反論[編集]

安藤の活動・論調にとって、実質的な師匠とでも言うべき存在は、久保田万太郎である。古典落語という言葉は、久保田万太郎・安藤鶴夫師弟のいずれかが昭和20年代に「発明」したと言う説がある[6]。「落語鑑賞」は、『苦楽』編集長の大佛次郎が落語を文学として読むに堪える文章として載せたいと久保田に連載を依頼したが、久保田が安藤を推薦したのがきっかけである。師弟の信頼は篤かったが、反面、安藤は久保田以外の意見は聞かなかった。

3代目三遊亭金馬東宝専属)と不仲だった久保田や安藤の評価では金馬の芸は一貫して低評価であったが、同業者である8代目桂文楽は金馬を高く評価していた。低く評価する理由を質問したところ安藤は金馬は乞食芸だと答え争いを好まない文楽は引き下がったが、自身の弟子に安藤鶴夫は何もわかっていないと漏らしていた[7]5代目古今亭志ん生は長い間売り出せず、評論家にも相手にされなかったが売れたらすり寄ってきたと弟子に発言している[8]。5代目志ん生については安藤は文章や放送台本で多数触れている。

自身の好む芸人を礼賛し続ける反面、自身の好まない落語家には辛辣だった。そのあり方から本業の評論はおろか生き方に至るまで激しい毀誉褒貶に見舞われ、その頃すでに権威となっていた安藤に良くない印象を持つ者は芸人・関係者・ファンに至るまで数多く存在した。安藤から高い評価を得ながら批判の矛先がいつ自分に向けられるかと疑心暗鬼になっていた者も少なくない。永六輔が安藤の評伝が没後4年(執筆当時)を経て1冊も出版されず不思議に思い、安藤について書こうとしたところよく書くのか、それとも悪くかと各方面から真意を聞かれている[9]

戦前は7代目三笑亭可楽、戦後は8代目桂文楽や3代目桂三木助を高く評価する一方、以下の落語家は辛辣に批評するか無視だった。

初代柳家権太楼
東宝専属。爆笑新作落語で当時から人気が高かった。権太楼は安藤の批判に激怒し、決闘を申し込んだ。これは言論や芸の上での決闘でなく本当の殺し合いであり、安藤は他人に仲裁を頼み、権太楼に謝罪せざるを得ない羽目になった。
3代目春風亭柳好
野ざらし」で有名な柳好である。徹底的に明るい芸風で古典落語を演じて寄席で人気の落語家だった。柳好は表立っては反論をしなかったが、嫌いなら放って置いてくれれば良いと発言していた[10]1956年(昭和31年)に柳好が鈴本演芸場の楽屋で逝去した際に安藤は「まことに江戸っ子らしい死」「本格の芸ではない」「軽いポンチ絵風の芸」「はなやかな高座」と書き残している[11]
3代目三遊亭金馬
上記参照。
2代目三遊亭円歌
3代目三遊亭金馬の弟弟子である2代目三遊亭円歌には客席で露骨にそっぽを向いて「鑑賞拒否」の態度を取った。
7代目立川談志
後の落語立川流家元である。安鶴は二つ目時代の談志を賞賛したが[12]、その後天狗になっている、調子にのりすぎていると批判し続けた。談志はのちに自著で評論家が恣意的に自身の意に沿わない芸人を誹謗して「プロである芸人の芸と商売」を邪魔するのは不当と批判する一方で、芸と芸人へ熱意があると判断した落語評論家の事は高く評価している[13][14]。談志の安藤批判は後年辛辣さを増し、「安鶴は駄目だよ」「安藤鶴夫みたいなヤツの意見を(三木助は)聞いて(落語の芝浜を)嫌らしくしている」等、安藤の落語評論を否定した。[15]

著作[編集]

  • 随筆舞台帖 和敬書店 1949年
  • 落語鑑賞 苦楽社 1949年 のち旺文社文庫
  • 名作聞書 落語と講談 読売新聞社 1955年 読売文庫
  • 舞台人 読売新聞社 1956年 読売文庫
  • 寄席 落語からサーカスまで ダヴィッド社 1957年 のち旺文社文庫、
  • 『落語国・紳士録』青蛙房 1959年 のち旺文社文庫、ちくま文庫平凡社ライブラリー
  • 『寄席紳士録』文芸春秋新社 1960年 のち角川文庫、旺文社文庫
  • おやじの女 青蛙房 1961年
  • ある日、その人 婦人画報社 1962年
  • 芸について 青蛙房 1962年
  • まわり舞台 桃源社 1963年
  • 『巷談本牧亭』桃源社 1963年 のち角川文庫、旺文社文庫、ちくま文庫、河出文庫  
  • 古い名刺 青蛙房 1963年
  • 雪まろげ 桃源社 1964年 のち旺文社文庫
  • 竹とんぼ 朝日新聞社 1964年
  • わが落語鑑賞 1965年 筑摩書房〈筑摩叢書〉 のちちくま文庫、河出文庫  
  • わたしの寄席 雪華社 1966年 のち河出文庫 
  • 百花園にて 三月書房 1967年
  • 文楽・桐竹紋十郎 (写真 金子弘) 求竜堂 1967年
  • わたしの東京 求竜堂 1968年
  • 雨の日 読売新聞社 1968年
  • 年年歳歳 求竜堂 1968年 のち旺文社文庫
  • 寄席はるあき 東京美術 1968年 のち河出文庫 
  • 笛の四季 安藤鶴夫作品集 東京美術 1969年
  • 『安藤鶴夫作品集』朝日新聞社 全6巻 1970-71年
  • 三木助歳時記 旺文社文庫 1975年 のち河出文庫  
  • 昔・東京の町の売り声 ラジオエッセイ集 旺文社文庫 1978年 
  • 文楽芸と人 朝日選書 1980年 
  • うき世に人情の雨が降る 座談集 論創社 1981年
  • 『あんつる君の便箋』論創社 1985年 
  • 歳月 安藤鶴夫随筆集 講談社文芸文庫、2003年 

共編著[編集]

関連書[編集]

  • 『KAWADE道の手帖―安藤鶴夫 生誕100年記念総特集』 河出書房新社 2008年
  • 安藤はる子『朝顔の苗 夕顔の苗 父安藤鶴夫の想い出』論創社 1981年

脚注[編集]

  1. ^ 演芸プロデューサー。東横落語会を主催。小説『巷談本牧亭』の主役の一人。
  2. ^ 永六輔『明治からの伝言-若々しい老人たち-』171頁
  3. ^ 金子桂三『志ん生を撮った!』27-28頁。
  4. ^ 永六輔『明治からの伝言-若々しい老人たち-』169頁
  5. ^ 金子桂三『志ん生を撮った!』205頁。
  6. ^ 評論家の大友浩は、落語研究家の山本進の説として、昭和23年の「第四次落語研究会」のパンフレットに今村信雄が書いたのが初出ではないかという説を紹介している(安藤が始めて用いたのは昭和29年のNHKの番組名「古典落語の夕べ」)。KAWADE道の手帖『安藤鶴夫』135頁。
  7. ^ 古今亭八朝・岡本和明編『目白・柏木・黒門町 内儀さんだけはしくじるな』文藝春秋、2008年、218頁。
  8. ^ 古今亭圓菊『落語家圓菊 背中の志ん生 師匠と歩いた二十年』うなぎ書房、2001年、199頁。
  9. ^ 永六輔『明治からの伝言-若々しい老人たち-』168頁。
  10. ^ 大西信行『落語無頼語録』
  11. ^ 『寄席 ―落語からサーカスまで―』161-163頁。
  12. ^ 『寄席 ―落語からサーカスまで―』157-158頁。若手落語会で演じた「首提灯」を賞讃している。
  13. ^ 立川談志『現代落語論』138-139頁。
  14. ^ 立川談志『現代落語論其二 あなたも落語家になれる』104頁、214-215頁。
  15. ^ 立川談志『落語CDムック立川談志1』竹書房
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 安藤鶴夫『寄席 ―落語からサーカスまで―』旺文社文庫、1981年。
  • 永六輔『明治からの伝言-若々しい老人たち-』ちくま文庫、1995年。
  • 金子桂三『志ん生を撮った!』うなぎ書房、2004年。
  • 須貝正義『私説安藤鶴夫伝』論創社、1994年。 
  • 立川談志『現代落語論』三一書房、1980年。
  • 立川談志『現代落語論其二 あなたも落語家になれる』三一書房、1985年。  
  • 『KAWADE道の手帖―安藤鶴夫 生誕100年記念総特集』、河出書房新社、2008年。