悼む人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悼む人
著者 天童荒太
発行日 2008年11月30日(単行本)
2011年5月10日(文庫本)
発行元 文藝春秋
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
文庫本
ページ数 456(単行本)
368(文庫上巻)
320(文庫下巻)
公式サイト 『悼む人』特設サイト
コード ISBN 978-4-16-327640-3(単行本)
ISBN 978-4-16-781401-4(文庫上巻)
ISBN 978-4-16-781402-1(文庫下巻)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

悼む人』(いたむひと)は、天童荒太による日本の長編小説。第140回直木賞受賞作。『オール讀物』(文藝春秋)にて2006年10月号から2008年9月号まで連載された後、加筆修正を経て2008年11月に同社より刊行された。2012年大森寿美男の脚本・堤幸彦の演出で舞台化され[1]、2015年2月に同じ脚本・監督により映画化の予定。

続編的扱いの作品として、本作の主人公・静人が書いた日記という体裁を取った『静人日記』がある。

あらすじ[編集]

悼む人に関わる3人を軸として、悼む人の必要性、目的、人間の死生観などを浮き彫りにしていく。

登場人物[編集]

坂築静人(さかつき しずと)
悼む人。新聞や雑誌などの情報を元に事件や事故の現場を訪れ、犠牲者を悼む。
坂築巡子(さかつき じゅんこ)
静人の母。末期癌患者。
坂築鷹彦(さかつき たかひこ)
静人の父。
坂築美汐(さかつき みしお)
静人の妹。
蒔野抗太郎(まきの こうたろう)
週刊誌記者。同僚たちから「エグノ」と呼ばれている。北海道で発見された白骨遺体の事件をきっかけに静人と知り合う。
尾国理々子
蒔野の父の愛人。
奈儀倖世(なぎ ゆきよ)
夫を殺した罪で服役後、事件現場に戻ったところ、悼む行為をしていた静人と出会い、その後、行動を共にする。
甲水朔也(こうすい さくや)
倖世の夫。
福埜怜司
静人の従弟。
高久保英剛
美汐の交際相手。

舞台[編集]

2012年10月19日 - 10月28日にかけてのPARCO劇場での上演など、11都市で公演され、約5万人を動員した[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画[編集]

2015年2月公開予定の日本映画[3]。舞台版と同じく堤幸彦が監督、大森寿美男が脚本を担当した。主演は高良健吾[2]。2014年3月22日にクランクイン[3]福島県山形県新潟県[4]関東近郊[3]で5月上旬まで撮影が行われる予定である[4]

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

関連本[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]