まほろ駅前多田便利軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まほろ駅前多田便利軒
著者 三浦しをん
イラスト 下村富美
発行日 2006年3月25日
発行元 文藝春秋
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判仮フランス装
ページ数 336
次作 まほろ駅前番外地
公式サイト http://www.bunshun.co.jp/mahoro/
コード ISBN 978-4-16-324670-3
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

まほろ駅前多田便利軒』(まほろえきまえただべんりけん)は、文藝春秋より出版されている三浦しをんによる日本小説作品。およびそれを原作とした漫画、映画作品、テレビドラマ。第135回直木三十五賞受賞作品。

本項では、続編『まほろ駅前番外地』(まほろえきまえばんがいち)、『まほろ駅前狂騒曲』(まほろえきまえきょうそうきょく)についても扱う。

概要[編集]

便利屋を営む男性と、その友人の一年間を描いた作品。

別冊文藝春秋』(文藝春秋)第255号から第260号にかけて連載され、2006年3月単行本として出版された。原作のイラストは下村富美。2009年1月に文春文庫として出版された。

『別冊文藝春秋』第274号から第280号にかけて、連作短編「まほろ駅前番外地」が掲載され、2009年10月に単行本として出版された。

週刊文春』2010年10月28日号から2011年9月15日号にかけて、続編となる「まほろ駅前狂騒曲」が掲載、2013年10月に単行本として出版された。イラストは下村富美

山田ユギが作画を担当する漫画版が『ピアニッシモ』(ポプラ社)にて連載されていたが、同誌の休刊により中断。その後、『MELODY』(白泉社)に掲載誌を移し、2010年2月号より連載中。コミックスは同社の『花とゆめコミックススペシャル』レーベルより既刊1巻(1巻は『ピアニッシモ』での連載分)。

本作は瑛太松田龍平主演で映像化されシリーズ作品となっている。第1作『まほろ駅前多田便利軒』は2011年に映画化され、続編『まほろ駅前番外地』は2013年1月からテレビ東京系「ドラマ24」において同キャストでテレビドラマ化された。2014年秋には、シリーズ第3作の『まほろ駅前狂騒曲』が映画化の予定である[1]

あらすじ[編集]

まほろ市の駅前に位置する便利屋、「多田便利軒」。その経営者である多田啓介、そして彼の元へ転がり込んできた行天春彦。二人の下へ舞い込んでくる、どこか奇妙で、きな臭い依頼に係わっていくうちに、さまざまな人間模様が見えていく。痛快便利屋物語。

舞台設定[編集]

物語の舞台となっている「まほろ市」は、神奈川へ張り出した東京都南西部最大の街という設定であり、著者である三浦が在住している町田市がモデルとなっている。

東京都南西部最大の住宅街であり、歓楽街であり、電気街であり、書店街であり、学生街であるがゆえに、スーパーマーケットデパート商店街映画館といった施設は軒並み揃っている。そのため、生涯を通して大凡のことがまほろ市内だけで済み、街から出て行く者が少なく、たとえ出て行ったとしても、また戻ってくる者が多い。

作中に登場する「ハコキュー」、「小山内町」と言った地名や風景の多くは、町田市内に実在する地名や建造物をモデルとしている。

登場人物[編集]

多田 啓介(ただ けいすけ)
まほろ駅前にて「多田便利軒」という名の便利屋を営んでいる三十半ばの男。十数年ぶりに再会した行天と生活を共にすることとなる。バツイチ
行天 春彦(ぎょうてん はるひこ)
多田の高校時代の同級生。十数年ぶりに多田と再会し、彼の下で生活を共にすることとなる。高校在学中に右手の小指を切断した過去がある。多田と同じく、バツイチ。
ルル / ハイシー
まほろ駅の裏通りの風俗店で働いている娼婦たち。
田村 由良(たむら ゆら)
多田が、学習塾への送り迎えの依頼された小学4年生の男児。年齢の割りになかなかの食わせ物。
三峯 凪子(みつみね なぎこ)
行天の元妻である医者。「はる」と言う名の娘がいる。
星(ほし)
まほろ市の裏の世界で幅を利かせている男。麻薬の密売等を行っているが、未成年

書籍[編集]

まほろ駅前多田便利軒

  • 単行本:2006年3月、文藝春秋、ISBN 978-4-16-324670-3
  • 文庫:2009年1月、文春文庫、ISBN 978-4-16-776101-1
    • 「〇 曽根田のばあちゃん、予言する」(『別冊文藝春秋第255号』)
    • 「一 多田便利軒、繁盛中」(『別冊文藝春秋第255号』)
    • 「二 行天には、謎がある」(『別冊文藝春秋第256号』)
    • 「三 働く車は、満身創痍」(『別冊文藝春秋第257号』)
    • 「四 走れ、便利屋」(『別冊文藝春秋第258号』)
    • 「四・五 曽根田のばあちゃん、再び予言する」(『別冊文藝春秋第259号』)
    • 「五 事実は、ひとつ」(『別冊文藝春秋第259号』)
    • 「六 あのバス停で、また会おう」(『別冊文藝春秋第260号』)

まほろ駅前番外地

  • 単行本:2009年10月、文藝春秋、ISBN 978-4-16-328600-6
  • 文庫:2012年10月10日、文春文庫、ISBN 978-4-16-776102-8
    • 「光る石」(『別冊文藝春秋第274号』)
    • 「星良一の優雅な日常」(『別冊文藝春秋第275号』)
    • 「思い出の銀幕」(『別冊文藝春秋第276号』)
    • 「岡夫人は観察する」(『別冊文藝春秋第277号』)
    • 「由良公は運が悪い」(『別冊文藝春秋第278号』)
    • 「逃げる男」(『別冊文藝春秋第279号』)
    • 「なごりの月」(『別冊文藝春秋第280号』)

まほろ駅前狂想曲

映画[編集]

まほろ駅前多田便利軒
監督 大森立嗣
脚本 大森立嗣
原作 三浦しをん
出演者 瑛太
松田龍平
音楽 岸田繁くるり
主題歌 くるり「キャメル」
撮影 大塚亮
編集 普嶋信一
製作会社 「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2011年4月23日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

まほろ駅前シリーズ第1作『まほろ駅前多田便利軒』を映画化。2011年4月23日公開。監督は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣。主演は『ディア・ドクター』の瑛太、『誰も守ってくれない』の松田龍平。東京都町田市がモデルであり、実際に町田市全面協力で市内ロケが行われ[2]、2010年7月から8月までの約1ヶ月に渡り撮影。エキストラも最大200人以上を使っている。

キャッチコピーは「カムバック、しあわせ」「バツイチ男二人の、痛快で、やがて胸に熱く迫る便利屋物語」「お困りごとはアフターケアも万全の多田便利軒へ。」。

公開に先駆け、2011年4月16日から7月3日まで町田市民文学館ことばらんどで、映画公開記念展覧会「三浦しをん THE MAKING OF まほろ駅前多田便利軒」展が開催された[3]

全国111スクリーンで公開され、2011年4月23、24日の初日2日間で興収3,373万7,580円、動員2万4,702人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第10位となった[4]

2011年キネマ旬報日本映画ベストテン第4位。

キャスト[編集]

太字の役名はテレビドラマ版にも登場。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本 - 大森立嗣
  • 原作 - 三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』
  • 撮影 - 大塚亮
  • 照明 - 木村明生
  • 録音 - 加藤大和
  • 美術 - 原田満生
  • セットデザイナー - 杉本亮
  • 編集 - 普嶋信一
  • 音楽 - 岸田繁くるり
  • 記録 - 杉田真一
  • 衣裳 - 纐纈春樹
  • ヘアメイク - 豊川京子
  • 装飾 - 田口貴久
  • 助監督 - 野尻克己
  • 製作担当 - 有賀高俊
  • 製作プロダクション - リトルモア、フィルムメイカーズ
  • 企画 - 菊地美世志、岩浪泰幸、孫家邦
  • プロデューサー - 土井智生、吉村知己
  • 企画協力 - ボイルドエッグズ文藝春秋
  • 特別協力 - 町田市
  • 助成 - 文化芸術復興費補助金
  • 宣伝協力 - ヨアケ
  • 配給 - アスミック・エース
  • 製作会社 - 「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会(フィルムメイカーズ、アスミック・エース、ハピネット日活TSUTAYA グループYahoo! JAPAN、ヨアケ、リトルモア)

主題歌[編集]

テレビドラマ[編集]

まほろ駅前番外地
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜 24:12 - 24:52(40分)
放送期間 2013年1月11日 - 3月29日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
企画 菊池美世志
孫家邦
演出 大根仁
原作 三浦しをん
『まほろ駅前番外地』
『まほろ駅前多田便利軒』
脚本 大根仁
黒住光
ヤシキケンジ
プロデューサー 岡部紳二(テレビ東京
森田昇(テレビ東京)
土井智生
出演者 瑛太
松田龍平
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 連動データ放送
オープニング フラワーカンパニーズ
「ビューティフルドリーマー」
エンディング 坂本慎太郎
「まともがわからない」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

上記の映画版の続編として、まほろ駅前シリーズ第2作『まほろ駅前番外地』をテレビドラマ化。2013年1月11日から3月29日まで、テレビ東京系「ドラマ24」にて放送された(全12回)[5]。監督・脚本は『湯けむりスナイパー』・『モテキ』を手掛けた大根仁が担当、主演の瑛太、松田龍平をはじめ一部キャストは映画版から引き続きの出演となる。ドラマ24ではこのドラマが通算30作品目にあたるため「ドラマ24 第30弾特別企画」というサブタイトルが付く。最終話は番組調整の都合上のため24:42 - 25:22放映。

キャッチコピーは『いろいろあるのさ、誰だって。

本作では、原作の世界観や主演2名のキャラクターは活かしつつ、小説や映画とは違うパラレルなものを描こうと企画され、電気グルーヴの著書に描かれたピエール瀧のエピソードを基にしたり、『探偵!ナイトスクープ』を思わせる番組が登場するエピソードなどを登場させ、原作にないオリジナルストーリーを多く盛り込んでドラマ化している[6]

2013年3月度ギャラクシー賞月間賞受賞並びに、平成25年日本民間放送連盟賞のテレビドラマ部門・優秀賞を受賞[7]

2013年4月6日 - 19日の期間内で、全12話を4パート[注 1]に分けてユーロスペースで上映された[8]。テレビ大阪を除くテレビ東京系列局では、2013年10月9日から12月25日まで水曜23:58 - 24:45枠(『ソコアゲ★ナイト』水曜枠)において再放送を実施した。

また、瑛太は同クールで『最高の離婚』(フジテレビ系)、『極北ラプソディ』(NHK)に主演しており、異例の3本の連続ドラマ主演となる[9]

キャスト(テレビドラマ)[編集]

太字は多田便利軒に仕事を依頼した人物。

多田便利軒
  • 多田 啓介(社長) - 瑛太
  • 行天 春彦(従業員) - 松田龍平
来夢来人
その他
ゲスト

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

  • 原作 - 三浦しをん『まほろ駅前番外地』『まほろ駅前多田便利軒』(文春文庫刊)
  • 脚本 - 大根仁、黒住光、ヤシキケンジ
  • 音楽 - 坂本慎太郎(zelone records)
  • 演出 - 大根仁
  • オープニングテーマ - フラワーカンパニーズ「ビューティフルドリーマー」(Sony Music Associated Records Inc.
  • エンディングテーマ - 坂本慎太郎「まともがわからない」(zelone records)
  • 助監督 - 神徳幸治
  • 脚本協力 - 黒木久勝(第9 - 10話)
  • タイトルバック - 柴田剛
  • VFX - 西尾健太郎
  • カースタント - 海藤幸広
  • アクション演出 - 小原剛
  • アクション演出補 - 南辻史人大石将史
  • 各話スタッフ
    • 吹き替え - 石戸健太郎、田之上生海、荒川真 / 操演 - 岸浦秀一、巻木良孝 / プロレス指導 - 根本太樹(第1話)
    • ガンエフェクト - BIG SHOT(第7・最終話)
    • カニ指導 - 福島屋のよーちゃん(第11話)
  • チーフプロデューサー - 岡部紳二(テレビ東京)
  • プロデューサー - 森田昇(テレビ東京)、土井智生
  • アシスタントプロデューサー - 小松幸敏(テレビ東京)、宮崎慎也
  • 企画 - 菊地美世志、孫家邦
  • 企画協力 - 文藝春秋
  • 制作プロダクション - リトルモア、フィルムメイカーズ
  • 制作 - テレビ東京、リトルモア
  • 製作著作 - 「まほろ駅前番外地」製作委員会2013

映画とドラマの相違点[編集]

  • 映画での二人それぞれのシリアスな過去がドラマでは一切出てこず、コメディー色が押し出されている。それに伴い、映画にも登場する周囲のキャラクターも同一人物ではあるが、雰囲気が違う者もいる。
  • 映画では多田も行天も決まった衣装は無いが、ドラマでは多田は水色の作業服、行天は黒の皮ジャンにベージュのチノパンというスタイルが固定化されている。
  • 映画で説明される多田と行天が中学時代の同級生だという設定も登場せず、ドラマのみを見ると行天が何故多田と一緒に暮らしているのか、多田が何故それを受け入れているのかは不明のままである。
  • 映画では大きく意味を持つ行天の小指の切断痕が、ドラマでは消えている。
  • 基本的に映画を見ずともドラマの内容を把握することは出来るが、映画を見ているか見ていないかにより解釈が大きく分かれる部分が多く存在する。
  • 10話で多田と行天の二人の出会いのエピソードを女子高生に行天が語るシーンが出てくるが、二人の出会いを描いた映画のエピソードとは大きく違う。これについては作中でも多田が指摘している通り行天の作り話と捉えることが出来るが、パラレルワールドという点でドラマでは過去を描いていないことにより、これがドラマの二人の過去だと捉えることも出来る。
  • パラレルワールドではあるが時系列としては映画『まほろ駅前多田便利軒』→ドラマ『まほろ駅前番外地』→映画『まほろ駅前狂騒曲』となっている。

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 原作 脚本
第1話 1月11日 プロレスラー代行、請け負います ドラマオリジナル 大根仁
第2話 1月18日 麗しのカラオケモデル、探します
第3話 1月25日 キャバ嬢ストーカー、捕まえます 大根仁
黒住光
第4話 2月01日 秘密の蝋人形、引き取ります 大根仁
第5話 2月08日 ややこしい過去の整理は、お断りします 『あのバス停で、また会おう』 大根仁
黒住光
第6話 2月15日 出会い系サクラの恋、手伝います ドラマオリジナル 大根仁
黒住光
ヤシキケンジ
第7話 2月22日 廃棄拳銃、引き取ります 大根仁
黒住光
第8話 3月01日 恋敵の婚約指輪、隠します 『光る石』
第9話 3月08日 クソ可愛いまほろJK、ボディガードします 『事実は、ひとつ』
第10話 3月15日 まほろJKの友情、つながせてもらいます
第11話 3月22日 美人未亡人の依頼、何でもやります 『逃げる男』
最終話 3月29日 まほろ駅前多田便利軒、廃業します ドラマオリジナル
平均視聴率 3.1%[10](視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送期間・曜日・時間
関東広域圏 テレビ東京
【制作局】
テレビ東京系列 2013年1月11日 - 3月29日 金曜 24:12 - 24:52[注 10][注 11]
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
大阪府 テレビ大阪 2013年1月14日 - 4月1日 月曜 23:58 - 24:40
奈良県 奈良テレビ JAITS 2013年1月18日 - 4月5日 金曜 25:30 - 26:05
長崎県 長崎放送 TBS系列 2013年1月22日 - 4月16日 火曜 24:20 - 25:00
青森県 青森テレビ 2013年2月1日 - 4月26日 金曜 24:20 - 25:00
宮崎県 宮崎放送 2013年2月4日 - 4月29日 月曜 24:55 - 25:30
山形県 テレビユー山形 2013年2月15日 - 5月10日 金曜 24:50 - 25:30
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列 2013年2月15日 - 4月26日 金曜 25:03 - 25:43
石川県 北陸放送 TBS系列 2013年3月7日 - 5月30日 木曜 25:35 - 26:15
新潟県 テレビ新潟 日本テレビ系列 2013年3月28日 - 6月13日 木曜 24:43 - 25:23
福島県 福島中央テレビ 木曜 25:28 - 26:08[注 12]
鹿児島県 鹿児島放送 テレビ朝日系列 2013年3月30日 - 6月15日 土曜 25:45 - 26:25
全国放送 BSジャパン テレビ東京系列
BSデジタル放送
2013年4月7日 - 6月23日 日曜 23:30 - 24:05
岩手県 IBC岩手放送 TBS系列 2013年4月12日 - 6月28日 金曜 24:55 - 25:35[注 13]
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 2013年4月15日 - 7月1日 月曜 24:53 - 25:33
鳥取県島根県 日本海テレビ 2013年4月20日 - 7月6日 土曜 24:50 - 25:35
熊本県 くまもと県民テレビ 土曜 25:00 - 25:40
和歌山県 テレビ和歌山 JAITS 2013年5月4日 - 7月20日 土曜 26:00 - 26:40
長野県 信越放送 TBS系列 2013年5月10日 - 7月26日 金曜 24:50 - 25:30
滋賀県 びわ湖放送 JAITS 2013年7月7日 - 9月22日 日曜 26:00 - 26:40
岐阜県 岐阜放送 2014年1月5日 - 日曜 25:30 - 26:15
宮城県 仙台放送 フジテレビ系列 2014年1月9日 - 木曜 24:50 - 25:30
テレビ東京 ドラマ24
前番組 番組名 次番組
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵
(2012.10.12 - 2012.12.21)
第30弾特別企画
まほろ駅前番外地
(2013.1.11 - 2013.3.29)
みんな!エスパーだよ!
(2013.4.12 - 2013.7.5)
テレビ東京 水曜23:58 - 24:45枠(『ソコアゲ★ナイト』水曜)
孤独のグルメ Season3
(2013.7.10 - 2013.9.25)
まほろ駅前番外地
(再放送)
(2013.10.9 - 2013.12.25)
※ここまでドラマ枠
BSジャパン 日曜日23:30-24:05枠
ファッション通信
(再放送)
※23:30 - 24:00
(2012.4 - 2013.3)
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵
(2013.1.6 - 3.17)
※24:00 - 24:35
ドラマ24 第30弾特別企画
まほろ駅前番外地
(2013.4.7 - 2013.6.23)
みんな!エスパーだよ!
(2013.7.7 - 2013.9.22)

脚注[編集]

  1. ^ 瑛太×松田龍平「まほろ駅前狂騒曲」映画化決定!大森立嗣監督がメガホン(2013年12月24日)、映画.com、2013年12月24日閲覧。
  2. ^ “三浦しをんさん原作「まほろ駅前多田便利軒」映画化-瑛太さんら町田でロケ”. 町田経済新聞. (2010年8月2日). http://machida.keizai.biz/headline/704/ 
  3. ^ “町田の文学館で「まほろ駅前多田便利軒」展―多彩な企画で作品の舞台裏に迫る”. 町田経済新聞. (2011年3月30日). http://machida.keizai.biz/headline/840/ 
  4. ^ 『GANTZ:PERFECT ANSWER』が首位獲得!『コナン』『クレしん』も勢い衰えず! GWを前に営業再開する被災地の映画館も‎シネマトゥデイ 2011年4月27日
  5. ^ [まほろ駅前番外地]瑛太と松田龍平の話題作、テーマソングはフラカン&坂本慎太郎マイナビニュース 2012年10月19日
  6. ^ てれびのスキマ (2013年1月23日). “何が本当の「まとも」なのか--『まほろ駅前番外地』で起こる小さな奇跡”. 日刊サイゾー. サイゾー. pp. 1-3. 2013年1月24日閲覧。
  7. ^ 平成25年日本民間放送連盟賞、テレビドラマ番組部門の優秀賞を受賞。さらに、10月9日(水)からドラマの再放送が決定!テレビ東京 2013年9月19日
  8. ^ 「まほろ駅前番外地」異例のテレビ連ドラ全話劇場公開 ファンの声で実現”. スポーツニッポン (2013年2月23日). 2013年2月23日閲覧。
  9. ^ 瑛太、今期3作目の主演ドラマ!「次のステージに行くチャンス」”. ORICON STYLE (2013年3月1日). 2013年3月3日閲覧。
  10. ^ 週刊ザテレビジョン2013 No.20』、角川マガジンズ、 33頁、2013年5月23日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 1パートは3話分。
  2. ^ リングネーム:ケゴンノ瀧。
  3. ^ AV女優時代の芸名:喜屋武えりか。
  4. ^ 本名:北村沙織。
  5. ^ 本名:諏訪浩之。
  6. ^ 本名:山崎智則。
  7. ^ 本名:斉藤康高。
  8. ^ 本名:星良一。
  9. ^ 本名:竹内貞雄。
  10. ^ 最終話は金曜 24:42 - 25:22に放送。
  11. ^ 2013年10月クールの『ソコアゲ★ナイト』水曜枠で再放送を実施。
  12. ^ 第1話は木曜 25:13 - 25:43に放送。
  13. ^ 第1話・第2話は金曜 25:50 - 26:30に放送。

外部リンク[編集]