最高の離婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最高の離婚
Meguro river and Atlas Tower.jpg
東京都・中目黒目黒川(ロケ地周辺)
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 スペシャル
清水一幸
演出 連続ドラマ
宮本理江子
並木道子
加藤裕将
宮脇亮
スペシャル
並木道子
脚本 坂元裕二
出演者 瑛太
尾野真千子
真木よう子
綾野剛
エンディング 桑田佳祐Yin Yang
外部リンク 最高の離婚
〔連続ドラマ〕
放送時間 木曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2013年1月10日 - 3月21日(11回)
プロデューサー 清水一幸
浅野澄美(FCC)
若松央樹(第3 - 最終話)
最高の離婚Special 2014〔スペシャル〕
放送時間 21:00 - 23:25(145分)
放送期間 2014年2月8日(1回)
プロデューサー 浅野澄美(FCC)
並木道子

特記事項:
初回・最終回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

最高の離婚』(さいこうのりこん)は、2013年1月10日から3月21日までフジテレビ木曜10時枠で放送されたテレビドラマ。初回と最終回は15分拡大(22:00 - 23:09)。

結婚を考える年代が男女共に20代を超え、30代になり、さらに独り身の環境を望む人間やお付き合い感覚で結婚したためにすぐに離婚してしまう夫婦が増えているという現代の複雑な結婚事情を背景に、30代の未熟な結婚観を通して、結婚のあり方や家族について描くラブコメディドラマ[1]。主演の瑛太、Wヒロインの尾野真千子真木よう子[2]に加え、綾野剛の4名が2組のアラサー夫婦を演じる。坂元裕二による書き下ろしオリジナル作品[3]。物語は東京都中目黒を舞台とする。キャッチコピーは「なぜだろう。別れたら好きになる。

瑛太は本作放送当時、『まほろ駅前番外地』(テレビ東京)、『極北ラプソディ』(NHK)にも主演しており、異例の同じクールで3本の連続ドラマ主演となった[4]

第50回ギャラクシー賞、2013年日本民間放送連盟賞をはじめ、主要な出演者たちも含め多数の賞を受賞している。

2014年2月8日には、連続ドラマの1年後を描くスペシャルドラマ『最高の離婚Special 2014』が放送された。

あらすじ[編集]

濱崎光生(瑛太)は、東日本大震災発生時の帰宅困難な状況下、取引会社の受付で挨拶程度しか言葉を交わしたことがなかった結夏(尾野真千子)と出会い、声をかける。ともに災害に見舞われた不安な気持ちを抱える中で二人は意気投合し、その後同棲に発展して結婚する。しかしそれから2年後の現在、几帳面な光生と大雑把な結夏の生活習慣は全く噛み合わず、光生はなぜ結婚したのかすらわからなくなる。

キャスト[編集]

人物の名前・年齢は公式サイト相関図[5]、見逃し配信[6]で確認できる内容に基づく。

主要人物[編集]

濱崎 光生(はまさき みつお)〈30〉
演 - 瑛太
結夏の夫。自動販売機設置会社の営業部社員。理屈っぽく神経質で細かい性格で、時折デリカシーのない発言をする。家事全般が得意で妻が散らかした部屋を文句を言いながらも片づけている。
人と関わることよりも動物と接する方が好き。盆栽が趣味。名前を「はまき」と読み間違えられることが多いがそのたびに「はまき」だと訂正している。
濱崎 結夏(はまさき ゆか)〈30〉
演 - 尾野真千子
実家は富士宮。旧姓:星野。光生の祖父が開業した「かめちゃんクリーニング店」を引き継ぐ。夫に比べて大雑把な性格。家事が苦手でよく洗濯物を取り込むことを忘れるため、光生に叱られている。
神社で拾ってきた猫2匹・はっさくとマチルダを飼っている。それぞれの名前はマチルダは光生が、はっさくは結夏が名付けた。
上原 灯里(うえはら あかり)〈30〉
演 - 真木よう子
女性専用のアロマテラピー&タイ古式マッサージ店「Se Terang」を営んでいる。旧姓:紺野。青森県八戸市出身。光生の元恋人で、大学時代に付き合っていた。光生が突然、ぎっくり腰になった縁で彼と再会する。
上原 諒(うえはら りょう)〈30〉
演 - 綾野剛
灯里の夫。美術大学の講師。結夏が働いているクリーニング店に、妻には見せられない洗濯物を出している。

濱崎夫妻の家族[編集]

瀬田 智世(せた ともよ)
演 - 市川実和子
光生の姉。旧姓:濱崎。祖母が経営する「金魚CAFE」で働き、夫と一緒に店を守り立てている。
瀬田 継男(せた つぐお)
演 - 松尾諭
智世の夫。妻と仲良くお揃いのTシャツを着ている。
濱崎 亜以子(はまさき あいこ)〈80〉
演 - 八千草薫
光生・智世の祖母。光生の性格をよく理解しており、妻の結夏との関係も良好で彼女が困ったときには助言をしている。昔は夫が開業したクリーニング店を手伝っていたが、現在は孫夫婦と協力して「金魚CAFE」を営んでいる。プロレスが好きで特にDDTプロレスリング飯伏幸太はサインをもらうほどのファンである。

諒の愛人[編集]

有村 千尋(ありむら ちひろ)
演 - 小野ゆり子
美術大学学生。灯里は夫・諒の愛人関係を知っているのに、怒りもせず普段通りに夫と接しているのを見て、悔しい気持ちになって、諒の自宅に石を投げ入れる。
光永 詩織
演 - 大谷英子
服飾雑貨「minaminova」店員。
日野 明希
演 - 遊井亮子

小牧歯科医院[編集]

海野 菜那(うみの なな)
演 - 芹那
歯科衛生士。毎回興奮して話す光生の家庭や妻に対しての愚痴を上手く聞き流している。光生に気のある素振りを見せていたが、急に新しい彼氏を作り寿退社する。
森田 穂香
演 - 谷一歩[7][8]
歯科衛生士。
小牧 純次
演 - 服部靖司
院長。

その他[編集]

島村
演 - 黒田浩史
自動販売機設置会社の下請け社員。
大原
演 - 田中聡元
そば・うどん「じょうなん亭」店員。結夏が愚痴を零す相手。日頃の鬱憤を話す相手がいなくなった光生も来店する。
樺田
演 - 山谷初男
早朝に妻と散歩するのが習慣で、朝帰りをすることが多い諒と顔見知りになる。妻と連れ添って55年目を迎える。
矢萩 聡子
演 - 宮地雅子
「かめちゃんクリーニング店」従業員。
初島 淳之介〈23〉
演 - 窪田正孝
合コンで結夏の隣に座った男性。富士川出身。商業施設で清掃員のアルバイトをしている。結夏と出身地が近いことが分かり意気投合する。

ゲスト[編集]

複数話・単話登場の場合は演者名の横の括弧()内に表記。

第2話[編集]

星野 健彦
演 - ガッツ石松(第8・最終話)
結夏の父親。尿路結石を患っている。
星野 慶子
演 - 大島蓉子(最終話)
結夏の母親。
星野 健二
演 - 小林正寛(最終話)
結夏の兄。大雑把な性格が妹と似ている。まもなく2人目の子供が産まれる。
田村
演 - 波岡一喜
結夏の元彼氏。富士宮市にある高校でソフトボールを教えている。
パンツェッタ・ジローラモ
演 - 本人
道端で一緒に写真を撮ってくれるよう結夏にお願いされ、快く引き受ける。

第3話[編集]

大村 圭輔
演 - KEIJIEXILE
結夏と合コンで知り合い、ゴルフデートを重ね、結夏を映画に誘う。上映が始まってから遅れてきた彼女が悪気ない態度を見せたことに腹を立て、仕事があると告げて帰ってしまう。

第4話[編集]

初島 晴彦
演 - 尾花かんじ
初島 知輝
演 - 西嶋一八
初島 果歩
演 - 信太真妃
以上は淳之介の家族。晴彦は妻を早くに亡くし、父子家庭で子供たちを育てている。

第5話[編集]

実里
演 - 平田薫
灯里の妹。既婚者で八戸市に住んでいる。家族で東京観光した帰りに姉の家を訪ねる。

第6話[編集]

井畑
演 - 宮根誠司
ラーメン店店主。光生が勤める会社の取引相手。

第8話[編集]

堀 義之
演 - 浅間伸一郎(最終話)
菜那の結婚相手。

第10話[編集]

都並 竜也(つなみ たつや)
演 - 佐藤祐基
「PHプロモーション」のスカウトマン秋葉原交差点で目が合った結夏に声を掛け、女優としてAVの「人妻誘惑温泉」シリーズに出演しないかと勧誘する。メアドは「tsunami-lucky@phpro.co.jp」[9]
佐藤 美紀
演 - 入山法子
結夏の友人。行き場所がない彼女を居候させている。その代わりに夜間、仕事している時間帯に息子・大輔(演:須田瑛斗)の面倒を見てもらう。
でんぱ組.inc
演 - 本人(最終話)[10][11]
アイドルグループ。光生は取引先の大井競馬場の職員・多田(演:青木一)に強引に連れて来られた彼女らのライヴの異様な雰囲気に飲み込まれ、足早に帰ろうとしていたが、ライヴが始まると気持ちが高揚し、鬱々とした精神状態から解放される。

最終話[編集]

濱崎 修一
演 - 山崎一
光生の父親。夫婦で山梨県山中湖に暮らす。背格好、性格、話し方が写し鏡のように光生にとても似ている。
濱崎 清恵
演 - 浅茅陽子
光生の母親。結夏のように大雑把な性格をしており、息子・光生より嫁と馬が合う。
たこ焼き屋
演 - 時任三郎(友情出演)[12]
たこ焼き屋店主。震災直後、光生が結夏と初めて出会った「調布」、光生が結夏と離婚してから寄りを戻すことを決めた富士宮からの帰り道「中目黒」と、光生と結夏の大事な局面でばったり会う。

Special 2014[編集]

潮見 薫
演 - 臼田あさ美
諒の初恋の女性。バツ2。諒が高校生の時、寝台特急カシオペアに一緒に乗って駆け落ちした。
黒部 三徳〈36〉
演 - 岡田義徳
北海道旭川出身。妻に逃げられ、男手一つで2人の子供を育てている。「かめちゃんクリーニング店」の近所で弁当屋を営み、次第に結夏に好意を寄せていく。
依田令美
演 - 筧美和子
占い好きな歯科衛生士。巨乳。光生に興味がある。

スタッフ[編集]

  • 演出補 - 宮脇亮、府川亮介
  • 撮影 - 須藤康夫
  • 録音 - 酒井順
  • 編集 - 新井孝夫
  • ライン編集 - 大方泉
  • ミュージックエディター - 小西善行
  • サウンドエディター - 伊東晃
  • 編集デスク - 吉田竜二
  • 技術プロデュース - 瀬戸井正俊
  • 技術デスク - 藤井弘章
  • TD - 高津芳英
  • 照明 - 白倉孝雄
  • 映像 - 中村宏
  • カメラ - 宮﨑康仁
  • MA - 水戸レイ子
  • 美術プロデュース・デザイン - 塩入隆史
  • 美術プロデュース - 柴田慎一郎
  • 美術進行 - 内村和裕
  • 大道具製作 - 西田裕一
  • 操作 - 近藤知幸
  • 建具 - 船岡英明
  • 装飾 - 橋本裕之
  • 持道具 - 佐々木ちほ
  • 衣装 - 佐藤愉貴子
  • スタイリスト - 大森茂雄
  • 視覚効果 - 江崎公光
  • 電飾 - 白鳥雄一
  • アクリル装飾 - 石橋誉礼
  • 小道具印刷 - 佐藤好治
  • 生花装飾 - 牧島美恵
  • フードコーディネーター - 住川啓子
  • CG - 三塚篤
  • エンドタイトルバック - 川村ケンスケ
  • ダンス振付 - EBATO
  • 特殊メイク - 江川悦子メイクアップディメンションズ
  • アロママッサージ指導 - 伊藤みゆき(マン・ダムール)
  • 方言指導 - 髙橋瑞紀
  • スケジュール - 佐々木詳太
  • 制作担当 - 飯塚昌夫
  • 制作主任 - 須田裕之
  • 記録 - 石田眞理
  • Special Thanks - DDTプロレスリング
    • 「結夏と亜以子のお気に入りのプロレス団体」という設定でドラマ内においてもDDTのグッズ商品(ウサギ型のポーチ、ヘアバンドやポスターなど)が使用されていたが、第8話で2人が実際に試合を観戦するシーンでは高木三四郎飯伏幸太男色ディーノKUDO大石真翔入江茂弘、そしてレフェリーの松井幸則が出演して試合を展開した。ちなみにこの時に光生をカナディアンバックブリーカーで担ぎ上げた高木は第8話のオンエア後よりこの技に「最高の離婚」という技名をつけて使用している。
  • 企画 - 清水一幸(Special)
  • プロデュース - 清水一幸(第1 - 最終話)、浅野澄美(FCC)、若松央樹(第3 - 最終話)、並木道子(Special)
  • 協力プロデュース - 若松央樹(Special)
  • アソシエイトプロデューサー - 若松央樹(第1 - 2話)
  • プロデュース補 - 郷田悠
  • 制作著作 - フジテレビ

受賞歴[編集]

  • 第76回ザテレビジョンドラマアカデミー賞[13]
    • 最優秀作品賞
    • 主演男優賞(瑛太)
    • 助演女優賞(尾野真千子)
    • ドラマソング賞(桑田佳祐「Yin Yang」)
    • 脚本賞(坂元裕二)
    • 監督賞(宮本理江子、並木道子、加藤裕将)
  • 第39回放送文化基金賞[14]
    • テレビドラマ番組部門 テレビドラマ番組賞
    • 演技賞(瑛太)
    • 演技賞(尾野真千子)
  • ギャラクシー賞
    • 2013年3月度月間賞[15]
    • 第50回 テレビ部門 選奨[16]
  • 2013年日本民間放送連盟賞[17]
    • 番組部門 テレビドラマ番組 最優秀賞
  • 東京ドラマアウォード2013[18]
    • 主演男優賞(瑛太)
    • 助演男優賞(綾野剛)
  • 第68回日本放送映画藝術大賞(放送部門)
    • 最優秀主演女優賞(尾野真千子)※『夫婦善哉』の演技と合わせて。
    • 最優秀助演男優賞(綾野剛)※『八重の桜』の演技と合わせて。
    • 最優秀主題歌賞(桑田佳祐「Yin Yang」)
    • 最優秀編集賞(新井孝夫)

放送日程[編集]

連続ドラマ[編集]

各話 放送日 サブタイトル ラテ欄 演出 視聴率[19]
第1話 2013年1月10日 つらい。結婚って、長い長い拷問ですよ 宮本理江子 13.5%
第2話 2013年1月17日 あなたなんて死ねばいいのに 並木道子 11.0%
第3話 2013年1月24日 もう一つの夫婦の秘密と真実 10.8%
第4話 2013年1月31日 いい加減に認めたら!?私はずっと前から気づいているよ!?
あなたは私のことなんて好きじゃないの!あなたが好きなのは自分だけなの!
あなたが好きなのは自分だけ 加藤裕将 12.3%
第5話 2013年2月07日 いや別にね、浮気ダメ絶対とか言いませんよ。
男ならみんなそういう気持ちどこかにあるでしょう。
僕だって、出来るもんなら浮気したい!
出来るもんなら浮気したい! 並木道子 11.3%
第6話 2013年2月14日 男が子供だから女はこうなるの。
妻って結局、鬼嫁になるか泣く嫁になるかの二択しかないのよ。
馬鹿馬鹿しい。夫婦なんて茶番だよ
男が子供だから女は鬼嫁か泣く嫁になるしかない! 加藤裕将 12.1%
第7話 2013年2月21日 お別れするのは自分で決めた事だけど少し寂しい気もします。
でもまたあなたをこっそり見たくなった時は、あなたにちょっと話しかけたくなった時は…
お別れは自分で決めたこと 並木道子 11.7%
第8話 2013年2月28日 街に出て、たまたま出会った人に自分から声かけて、誰でもいいから抱かれたいって、
そういう人になっちゃうんじゃないかって…いいじゃない、一回寝てみよ?
いいじゃない、一回寝てみよ 12.9%
第9話 2013年3月07日 離婚は最悪の結果じゃないと思います。
何も愛情がないのに期待もしていないのに一緒にいるのが一番不幸ですよね。
今度は最高の結婚をしてください
今度は最高の結婚をしてね! 宮脇亮 10.7%
第10話 2013年3月14日 あなたがその子の父親になればいいんじゃない!?
それが、一番丸く収まるんじゃないのかな?
責任っていうかさ、面倒見てあげるべきじゃないの?
あなたがその子の父親になればいいんじゃない? 加藤裕将 10.6%
最終話 2013年3月21日 正直つらいです。結婚って、拷問だと思っていましたが、違いました。
結婚は、食物連鎖です。黙って食べられるのを待つだけ。あーつらい。四倍つらい
結婚って、拷問だと思ってましたが、違いました 並木道子 12.7%
平均視聴率 11.8%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

スペシャル(2014年)[編集]

放送日 サブタイトル 演出 視聴率
2014年2月08日 離婚の原因が何かわかります? 結婚です。結婚するから離婚するんです。つらいです 並木道子 13.6%

脚注[編集]

  1. ^ 1月の木曜劇場は、瑛太が主演!共演はWヒロインとして尾野真千子、真木よう子、そして綾野剛!木曜劇場『最高の離婚』” (2012年11月29日). 2013年3月3日閲覧。
  2. ^ とれたてフジテレビ(2013年1月10日)
  3. ^ 最高の離婚:初回視聴率13.5% 瑛太主演のラブコメ”. 毎日jp. 毎日新聞社 (2013年1月11日). 2013年1月15日閲覧。
  4. ^ 瑛太、今期3作目の主演ドラマ!「次のステージに行くチャンス」”. ORICON STYLE (2013年3月1日). 2013年3月3日閲覧。
  5. ^ 相関図、公式サイト、2013年5月31日閲覧。
  6. ^ 最高の離婚フジテレビオンデマンド
  7. ^ とれたてフジテレビ (2013年2月28日). “瑛太主演『最高の離婚』の第8話(2月28日放送)に谷一歩(22)の出演が決定!木曜劇場『最高の離婚』”. 2013年3月22日閲覧。
  8. ^ シネマトゥデイ (2013年2月28日). “22股交際アイドル谷一歩、「最高の離婚」で瑛太を翻弄!”. 2013年3月22日閲覧。
  9. ^ フジテレビが震災ドラマの小道具に「tsunami-lucky」と記載し物議に ガジェット通信 2014年1月11日
  10. ^ シネマトゥデイ (2013年3月14日). “秋葉原発アイドル・でんぱ組.inc、「最高の離婚」で瑛太と共演!”. 2013年3月15日閲覧。
  11. ^ ORICON STYLE (2013年3月14日). “でんぱ組.incが本人役でドラマ初出演 瑛太主演『最高の離婚』”. 2013年3月15日閲覧。
  12. ^ 時任三郎オフィシャルFacebookより引用
  13. ^ 週刊ザテレビジョン2013 No.20』、角川マガジンズ、 32-35頁、2013年5月21日閲覧。
  14. ^ “第39回「放送文化基金賞」表彰対象について” (PDF) (プレスリリース), 放送文化基金, (2013年5月31日), http://www.hbf.or.jp/awards/pdf/39kisha.pdf 2013年5月31日閲覧。 
  15. ^ 放送批評懇談会 ギャラクシー賞2013年3月度月間賞より。
  16. ^ 第50回ギャラクシー賞受賞作品放送批評懇談会、2013年6月3日閲覧。
  17. ^ 日本民間放送連盟賞/2013年(平成25年)入選作品・事績日本民間放送連盟、2013年9月20日閲覧。
  18. ^ 『あまちゃん』7冠! 東京ドラマアウォード2013授賞式”. オリコンスタイル. オリコン (2013年10月22日). 2013年10月22日閲覧。
  19. ^ 全放送回と平均の出典。最高の離婚 -スポニチ Sponichi Annex 芸能、2013年3月22日参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
結婚しない
(2012.10.11 - 2012.12.20)
最高の離婚
(2013.1.10 - 2013.3.21)
ラスト♡シンデレラ
(2013.4.11 - 2013.6.20)
フジテレビ 土曜プレミアム
最高の離婚special2014
(2014.2.8)
星新一ミステリーSP
(2014.2.15予定)