最後から二番目の恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最後から二番目の恋
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 宮本理江子
谷村政樹(第1期)
並木道子(第1期)
加藤裕将(第2期)
脚本 岡田惠和
出演者 小泉今日子
中井貴一
坂口憲二
内田有紀
飯島直子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 連動データ放送
最後から二番目の恋(第1シリーズ)
放送時間 木曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2012年1月12日 - 3月22日(11回)
プロデューサー 若松央樹
浅野澄美(FCC
エンディング 浜崎あゆみ「how beautiful you are
外部リンク 公式サイト
スペシャル
放送時間 金曜日21:00 - 22:52(112分)
放送期間 2012年11月2日(1回)
プロデューサー 若松央樹
浅野澄美(FCC)
エンディング 浜崎あゆみ「how beautiful you are」
外部リンク 公式サイト
続・最後から二番目の恋(第2シリーズ)
放送時間 木曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2014年4月17日 - 2014年6月(予定)
プロデューサー 若松央樹
浅野澄美(FCC)
エンディング 浜崎あゆみ「Hello new me」

特記事項:
初回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
『2012秋』は『金曜プレステージ』で放送。
テンプレートを表示

最後から二番目の恋』(さいごからにばんめのこい)は、2012年1月12日から3月22日までフジテレビ木曜劇場枠(毎週木曜日22:00 - 22:54、JST)で放送された日本のテレビドラマ。主演は小泉今日子中井貴一。尚、2014年4月17日から放送される予定の『続・最後から二番目の恋』(ぞく・さいごからにばんめのこい)についても記載する。

概要[編集]

古都・鎌倉を舞台とした45歳独身女性と50歳独身男性が繰り広げる恋愛青春劇。ダブル主演の小泉と中井は、1995年のフジテレビ月9ドラマまだ恋は始まらない」以来17年ぶりの共演で、どちらも岡田恵和による脚本。

小泉は、第49回ギャラクシー賞のテレビ部門・個人賞[1]、第38回放送文化基金賞の番組部門・演技賞[2]を受賞。演出の宮本理江子は2012年度芸術選奨新人賞(放送部門)受賞。番組も、第38回放送文化基金賞のテレビドラマ部門・番組賞を受賞。

同年11月2日の『金曜プレステージ』で、『最後から二番目の恋 2012年秋』が放送された。本作品は、東京ドラマアウォード2013において、作品賞の単発ドラマ部門・優秀賞を受賞した[3]

そして、2014年4月17日から第2シリーズとして、『続・最後から二番目の恋』が放送される予定。[4]

キャッチコピーは「大人って、淋しすぎると笑っちゃう」(第1シリーズ)、「大人の青春って、始末に負えない。」(第2シリーズ)。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

吉野 千明〈45〉
演 - 小泉今日子
テレビ局に勤務する敏腕プロデューサー。性格は明るく溌剌として姉御肌で誰からも好かれるが、反面かなりの毒舌家。男勝りで時折ガラの悪い口調になったり突飛な行動をとるせいで、和平から「元ヤンキー」ではないかと疑われている。読書家で自宅には大量の本が置かれている。
数々のヒット作を世に送り出してきたが、仕事人間で温かい家庭生活とは全く無縁の人生を送ってきた。そうした独身生活に一抹の寂しさを感じ、同じく独身の女友達と一緒に鎌倉の古民家に住む約束をするが土壇場で裏切られ、やけを起こし一人で長倉家の隣に引っ越して来る。それ以来お隣さんとして長倉家と交流することが多くなり、個性的な兄妹たちとの繋がりを持っていく。
非の打ち所のない性格の真平とは恋人同士の関係に発展する。反対に和平とはケンカばかりしているのだが、なぜか自然とウマが合ってしまう不思議な関係。また、千明が思いも寄らない人物から熱烈な想いを寄せられることになる。
2012・秋では手がけたドラマの低視聴率から仕事を干され、すっかり落ち込んでいた。しかも、名誉挽回のチャンスは苦手にしているサスペンスドラマの仕事だった。
長倉 和平〈50〉
演 - 中井貴一
鎌倉市役所観光推進課課長。長倉家の長男。性格は生真面目な堅物で理屈っぽく、なにかと説教臭い。嫌味且つ細かい発言で、で千明や典子からは「小姑じみている」「オバサンくさい」と指摘されることが多い。また、自分にも他人にも厳しい質で、なかなか羽目を外すことが出来ない。
両親を早くに亡くし、一家の大黒柱としての責任感から実直に生きてきた。口うるさくもあるが兄としては立派で頼もしい。そうした自分の人生や人柄について「古くさい」「器が小さい」と自嘲しており、年齢には人一倍敏感。妻に病気で先立たれてからは、シングルファーザーとして一人娘を育てているが子育てに関しては妻に任せきりだったせいで、思春期を迎えたえりなとの接し方に困り真平を頼るなど、父親としてはかなり情けない。家庭でも職場でも周囲の個性的な人々に振り回される日々を送っている。
2012・秋では元部下が上司に昇進。鎌倉観光大使の一件を巡ってとんでもない事態に陥る。なお、劇中で51歳の誕生日を迎えた。

長倉家[編集]

長倉 典子〈45〉
演 - 飯島直子
旧姓水谷、長倉家の長女。専業主婦(後にパートに出るようになる)。性格は超マイペースで自己中心的。人の話はまったく聞かず、物事を深く考えずノリと勢いに任せて生きているところがある。さらに口が軽く、余計なことをベラベラしゃべってしまう。性格は浮き沈みが激しく、周囲を振り回す。家事万能だが、あまり動きたがらない。
夫と長男から相手にされない寂しさから、頻繁に実家である長倉家に出入りしている。高校生時代は、教師と恋人関係に発展し付き合ったことがあるなどモラルが欠落しており、時折とんでもないことをしでかす。夫である水谷広行と熟年離婚するも、その後も水谷家で生活していたが、ある事件がもとで水谷家を家出して千明の家に居候として転がり込んだ。
2012・秋では家族にハワイ旅行を提案するが、同意を得られず落ち込む。そんなとき、ひょんなきっかけでフラダンススクールに行くことになり「事件」が起きる。
長倉 万理子〈35〉
演 - 内田有紀(幼少期:久家心
長倉家の次女、双子の姉。感情を表に出すのが苦手で暗い表情やもっさりした服のセンス、極端な人見知りが原因で周囲にうまく馴染めず、仕事が長続きしない。また、情緒不安定で打たれ弱く些細なことがきっかけで部屋に引き籠もってしまう。恋愛経験はゼロで未だ処女。性格は意外とお茶目で色々なことに興味を示し、メカにも強く、観察力もずば抜けている。凝り性で興味のあることに夢中になると周りが見えなくなる。
双子の真平と不思議な心の通じ方をしており、お互いに考えていることがわかる。「真平がいなくなってしまうのでは」という不安感のせいで不安定な性格になったのではないかと真平は思っている。だが、千明との出会いがきっかけで性格も生活も大きく変化していく。
2012・秋では千明が仕事を干される間、局のあちこちから誘いがかかるも、千明に恋してる理由からチームに残ることを決め、本格的にドラマの勉強を始める。脚本家の執筆する現場を間近に見るうち、自分の新しい道は脚本家になることだと決断する。
長倉 真平〈35〉
演 - 坂口憲二(幼少期:内田陸斗)
長倉家の次男、双子の弟。自宅を改装しカフェを経営している。イケメンで楽天的な明るい性格かつ、子煩悩なしっかり者で長倉家においては主夫の役割を果たしている。また、フェミニストで「天使」を自称して世界中の女性を幸せにしたいと思っているため、一人の女性だけを愛さないようにしているとうそぶく。兄の和平とは心を許せる親友のような間柄。
実は深刻な病を抱えており、いつ倒れるともわからない状態にある。そのせいで運転免許も持たず、特定の女性との深い交際が出来なかった。こと病気に関しては家族にも徹底した秘密主義。常に自分の感情を押し殺すように生きてきたせいで、自由奔放な千明を心から愛するようになる。
2012・秋では千明とは「元カノ」「元カレ」と呼び合うなど相変わらず仲が良く、デートの最中でも寂しい女性を見ると「天使」の血が騒いでしまうなど、知美をやきもきさせている。だが、ふとしたことがきっかけで知美に病気のことを知られてしまう。
長倉 えりな〈11〉
演 - 白本彩奈
和平の一人娘で小学六年生。大人びており、性格はクールでドライ。和平に対しては特に手厳しく、汚らわしいモノでも見るようにしている。反面、叔父の真平に対しては素直で可愛らしく、千明には懐いている。

JMTテレビ[編集]

三井
演 - 久保田磨希
AP(アシスタント・プロデューサー)、千明が仕事上で一番頼りにしているスタッフ。千明の健康管理から人間関係の調整まで幅広くサポートしており、さながら「賢妻」である。
武田 誠
演 - 坂本真
飯田 ゆかり
演 - 広山詞葉
栗山 はるか
演 - 益若つばさ
世間が注目しテレビ局が大事にしている新進気鋭の若手脚本家。不思議キャラかつマイペース。脚本の腕もイマイチで仕事も遅い。実は主婦で子持ち。

鎌倉市役所観光推進課[編集]

田所 勉
演 - 松尾諭
和平の部下。メタボ体型で女性には縁がない。公務員ゆえに上司の和平にも歯に衣着せぬ物言いで、毎度掛け合いのようなやりとりをしている。
大橋 知美
演 - 佐津川愛美
和平の部下。童顔にアニメ声、オカッパ頭が特徴。自分が思ったことは上司に対してもズケズケ発言し、和平にパソコン操作を教えるなどしっかり者。性格はいわゆるツンデレ。こだわりが強く、マイペースかつ我が儘。対人関係は苦手で人と話をするのはあまり得意ではない。母親が和平と見合いをする話が出るも、和平が亡き妻に誠実な態度を示したことに好意を抱き告白。和平を親娘で奪い合う状態になる。
2012・秋では「金太郎」と呼ばれていたり、「彼女」と思われていなかったりもするが真平との交際は続いている。だが、真平の病気のことを知って思い悩み、ある人物に相談をもちかける。
一条
演 - 織本順吉
些細な事で鎌倉市役所に電話してくる札付きのクレーマー爺さん。それでも和平のことは嫌っておらず、度々呼び出しては世間話をして楽しんでいる。
見た目こそ堅物だが、ケータイで出会い系サイトを愉しんでいたり、キャバクラ通いをしているなど、かなりファンキーな人物。

その他[編集]

荒木 啓子
演 - 森口博子
出版業界で働く千明の独身仲間。千明同様に仕事人間で家庭生活とは無縁。悩みを共有する2人とは仲が良く、週末は高級レストランでの食事を愉しんでいる。
水野 祥子
演 - 渡辺真起子
音楽業界で働く千明の独身仲間。千明同様に仕事人間で家庭生活とは無縁。恋多き女性で男性にときめいては痛い目に遭うことが多い。
水谷 広行〈53〉
演 - 浅野和之
典子の夫。夫婦間の会話が減り、職場から帰宅しても挨拶を交わさず自室に入る。妻に隠れて出会い系サイトを使っていたことが判明し、典子と喧嘩する。見た目は真面目そうだが、お調子者且ついい加減で無責任な性格。妻に内緒でキャバクラ通いもしている根っからの遊び人。自分よりも年上ということもあって和平から煙たがられているが、「お兄さん」と慕っている。息子とは仲がよい。
水谷 翔
演 - 田中碧海
典子と広行の1人息子。
大橋 秀子
演 - 美保純
知美の母親、夫は他界し娘と2人で暮らしている。亡くなった夫に対しては貞淑で従順な妻として寄り添うが、散々苦労させられた。見合いで知り合った真面目で誠実な和平に入れ上げ、娘との間に「三角関係」を生じさせる。だが、家族や千明の前で見せる和平の素顔に接して唖然となってしまい、身を引いた。

ゲスト[編集]

第1話
たかし
演 - 渡辺邦斗
千明ら独身3人組が集まるレストランのイケメンスタッフ。
第2話
畑中 みどり
演 - 吉田羊(第3 - 6話)
真平の小学校同級生、離婚し幼い息子を連れて鎌倉の実家に戻ってくる。
第6話
村上 文也
演 - 八神蓮(第7話)
典子と出会い系サイトを通じて知り合う。母親に対しての悩みを相談する。
第10話
ふゆみ
演 - しのへけい子
和平の初キスの相手。
2012秋
灰田 マモル
演 - リリー・フランキー
サスペンスしか書かない遅筆の脚本家。サスペンス物に苦手意識が強い千明と仕事をすることになる。女好きでものぐさ且つマイペース、更に重度のヘビースモーカー。だが観察眼は鋭く、話す言葉にも含蓄がある。
向坂 緑子
演 - 萬田久子
著名な小説家。夫に先立たれ、現在は大きな屋敷に独りで暮らしている。和平が鎌倉市の世界遺産親善大使になってもらうために送ったメールが気になり、連絡を取る。引き受けるための条件としてとんでもないことを言いだし、物議を醸すことになった。
コア
演 - レイナードリー・フォレスト
タヒチアンダンス講師。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

最後から二番目の恋(第1シリーズ)[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第01話 2012年1月12日 寂しくない大人なんていない 宮本理江子 12.1%
第02話 2012年1月19日 ひとりって切ないくらい自由 12.8%
第03話 2012年1月26日 大人の青春を笑うな! 11.8%
第04話 2012年2月02日 女が年取るってせつないよね 谷村政樹 11.4%
第05話 2012年2月09日 人生最後の恋って何だろう 並木道子 12.6%
第06話 2012年2月16日 今迄のどんな恋にも似てない 宮本理江子 11.7%
第07話 2012年2月23日 恋ってどうすれば良いんだ? 谷村政樹 13.1%
第08話 2012年3月01日 大人のキスは切なくて笑える 宮本理江子 11.5%
第09話 2012年3月08日 キスは口ほどにものを言う! 谷村政樹 12.3%
第10話 2012年3月15日 大人の未来だって、輝いてる 宮本理江子 13.0%
最終話 2012年3月22日 まだ恋は終わらない〜最終回 13.7%
平均視聴率 12.4%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

2012年秋[編集]

放送日 サブタイトル 演出 視聴率
2012年11月2日 あの“大人って淋しすぎると笑っちゃう”の二人が今夜復活!
とにかく笑ってとにかく泣けるロマンチックコメディー!
宮本理江子 10.6%

続・最後から二番目の恋(第2シリーズ)[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[5]
第01話 2014年4月17日 %
平均視聴率 %(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
蜜の味
〜A Taste Of Honey〜

(2011.10.13 - 2011.12.22)
最後から二番目の恋
(2012.01.12 - 2012.03.22)
カエルの王女さま
(2012.04.12 - 2012.06.21)
医龍-Team Medical Dragon-4
(2014.01.09 - 2014.03.20)
続・最後から二番目の恋
(2014.04.17 - 2014.06(予定))
-