雪の女王 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雪の女王
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週火曜日
放送期間 2006年11月13日 - 2007年1月9日(16回)
放送国 韓国の旗 韓国日本の旗 日本
制作局 KBS
監督 イ・ヒョンミン
脚本 キム・ウニ、ユン・ウンギョン
出演者 ヒョンビンソン・ユリイム・ジュファンユ・イニョン
音声 朝鮮語
字幕
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示
雪の女王
各種表記
ハングル 눈의 여왕
漢字 눈의女王
発音 ヌネ ヨワン
ローマ字 The Snow Queen
テンプレートを表示

雪の女王(ゆきのじょおう、朝鮮語: ヌヌェ ヨワンハングル: 눈의 여왕)は、2006年11月13日から2007年1月9日まで韓国KBSで放送されたテレビドラマである。全16話。

あらすじ[編集]

科学高校に通うハン・テウン(ヒョンビン)は、ある日図書館で『雪の女王』の本を売ってくれとせがむ少女キム・ボラ(ソン・ユリ)と出会う。お嬢様のボラに振り回されながらも優しいテウンに「もう一度会いたい」とポケベルを渡した。そんな矢先、世界数学オリンピックの結果を巡って、親友キム・ジョンギュ(ボラの兄)を事故で亡くしたことに責任を感じたテウンは高校を中退。ボラとの約束を果たさぬまま姿を消す。それから8年後、テウンはハン・ドックと名前を変え、ボクシングジムに泊り込みながら暮らしていた。友人を見舞った病院の廊下で自殺を図ろうとしていた大学生のボラと再会するが、お互い会ったことがあるとは気付かず……。

キャスト[編集]

韓国国外での放送[編集]

日本[編集]

字幕版が2007年4月13日から8月3日までBSジャパンで毎週金曜22時 - 放送され、吹替版が2007年5月10日から8月30日までテレビ東京系列で毎週木曜12時30分 - 13時25分まで放送された。2010年11月17日から12月9日までTBS韓流セレクト枠にて二重音声(日本語+原語)+日本語字幕版が放送された。

吹替を担当した声優は以下の通り[1]:

脚注[編集]

  1. ^ 雪の女王 出演者プロフィール テレビ東京公式サイト 2013.10.18 13:38 (UTC) 閲覧

外部リンク[編集]


TBS 韓流★セレクト
前番組 番組名 次番組
シンデレラマン
(2010.10.25 - 2010.11.16)
雪の女王
(2010.11.17 - 2010.12.9)
ドラゴン桜〈韓国版〉
(2010.12.10 - 2011.1.7)