わたしたちの教科書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

わたしたちの教科書』(わたしたちのきょうかしょ)は、2007年4月12日から6月28日までフジテレビ系列で毎週木曜日22:00 - 22:54(JST)に放送された菅野美穂主演のテレビドラマ。全12話。初回のみ15分拡大して放送(22:00 - 23:09)。同年10月17日に『わたしたちの教科書 DVD-BOX 〜ディレクターズカット完全版〜』として販売される。

脚本の坂元裕二は本作で第26回向田邦子賞を受賞。

概要[編集]

女子生徒・明日香の転落死をきっかけとして、さまざまな問題が噴出する公立中学校を舞台に、翻弄される教師・生徒たちと、真相を究明しようとする弁護士の姿を描いた、「戦い」がテーマの社会派ドラマ。

第1話 - 第7話が学校ドラマの「第一部」、第8話 - 第12話が1年後を舞台とするリーガル・サスペンスが中心の「第二部・裁判編」の二部構成である。

本作が制作された前年は子供のいじめによる自殺が一種の社会現象となっていて問題視されていたこともあり、いじめや社会問題を題材に取り入れたストーリーを展開し、発端である「転落事故」を、状況証拠と登場人物の発言を通じてのみ間接的に描写するという、芥川龍之介の小説『藪の中』を思わせる本格ミステリー的構成をとっている。

主演の菅野美穂は日本テレビ制作の『あいのうた』以来の主演をつとめる。

作中の明日香の台詞「世界を変えることは、できますか?」が、番組全体のキャッチコピーとして使用されている。

ストーリー[編集]

喜里丘中学校で、生徒・藍沢明日香が校舎4階から転落、死亡した。不登校気味の明日香をかねてより気にかけていた臨時教師・加地耕平は、明日香の義母・弁護士の積木珠子とともに、明日香が執拗ないじめを受けていたことに気づく。いじめを苦にしての自殺ではないかとの疑念を抱いた二人は、明日香の無念を晴らすべく事件の真相を明らかにしようとする。

キャスト[編集]

主人公[編集]

積木 珠子〈30 → 31〉
演 - 菅野美穂
クライサー法律事務所所属の、徹底した現実主義者の敏腕弁護士。ドライな性格で、3か月程度ともに暮らしただけの明日香へは無関心だった。転落事故を契機としてで明日香の苦境を知り、自責の念から事実を究明しようとする。明日香の復讐という個人的な動機で訴訟を起こしたが、やがていじめ問題全体にも関わるようになる。
喜里丘中学校が所属事務所に弁護を依頼したため、同事務所と対立する。告訴の意思を曲げなかったため解雇され、直之からも婚約を破棄される。同志であった耕平も離反してしまい孤立するが、法廷闘争を強行する。
喫煙者であるが、人前ではあまり煙草は吸わない[1]

クライサー法律事務所[編集]

瀬里 直之〈36 → 37〉
演 - 谷原章介
現在クライサー法律事務所の事実上の経営者。珠子の同僚弁護士で婚約者だったが、雨木の弁護依頼を受け、珠子の最大の敵となる。自らの信念に従い珠子を解雇、離別した。主要人物中唯一の「転落事故」における第三者であり、喜里丘中学校側の弁護士兼被告(喜里丘中学校)代理人という立場から冷徹な弁護活動を繰り広げる。常に温和な態度を崩さないが、他人の利己主義や自己欺瞞について容赦なく指弾する面も持つ。私怨で告訴にこだわる珠子を否定する。
宇田 昌史〈30 → 31〉
演 - 前川泰之
クライサー法律事務所所属の弁護士で、直之の部下。あまり目立った活動をしていない。

喜里丘中学校[編集]

教職員[編集]

加地 耕平〈24 → 25〉
演 - 伊藤淳史
準主人公。理科担当。喜里丘中学校に新卒の臨時教師として赴任、舞台である2年3組(第二部では3年3組および剣道部顧問)の担任となる。情熱に溢れ、坂本金八を理想の教師とする、人を疑えない典型的な善人。
明日香の死に疑問を抱き、担任するクラスの生徒を疑うという立場の矛盾に悩みつつも、珠子に協力する。そのため裏切者として職場いじめの標的となる。反発していた雨木のある一面を垣間見たことで学校側に転向、正教員となる。学校や生徒を守るためにいじめを否定し、「転落事故」からも目をそらすようになり、珠子と対立するようになる。
第二部では、法廷で暴露されたいじめの事実に衝撃を受け、進行中のいじめ問題に向きあい、雨木と再び対立するが…。
大城 早紀〈27 → 28〉
演 - 真木よう子
社会科担当。一般教師だが職員室のまとめ役であり、雨木の片腕的存在。教職を聖職とする反面、授業中は生徒を放任している。かつて生徒の保護者と愛人関係にあったため、喜里丘中学校に異動してきた。その過去を暴露され、自暴自棄の末辞職しようとするが雨木により不問とされた。自分にない教育への情熱を持つ耕平へ好意を抱き、恋愛関係を経て婚約する。珠子を目の敵にしている。
吉越 希美〈25 → 26〉
演 - 酒井若菜
英語科担当。自他ともに認める喜里丘中学校のマドンナ的教師だが、やや思慮に欠ける面を持つ。勤務時間外にキャバクラアルバイトをしていた。三澤や熊沢と同様、いじめ問題を傍観する。
戸板 篤彦〈29 → 30〉
演 - 大倉孝二
体育科担当。傍若無人だが金銭には細かい。娘の養育費のために起こした、出入り業者との収賄事件が発覚し、一時自宅謹慎処分となる。処分に関わった雨木と耕平を敵視、孤立していた珠子に接近する。きっかけは逆恨みと金銭目的だったが、次第に珠子の頼れる協力者となっていく。
第二部では、学校内の珠子側のスパイとして活動する。裁判中そのことが発覚するが、学校での待遇に変化はないようである。意外にも素朴な正義感を持っており、かたくなな雨木に苛立つ側面を見せる。
八幡 大輔〈25 → 26〉
演 - 水嶋ヒロ
数学科担当。病的なまでにエリート意識が強い完璧主義者。日誌の一つの記載漏れを隠蔽するために、すべての日誌を隠匿している。かつては耕平同様、金八のような教師になることを夢見ていた。
第二部では、ストレスや自らの理想と現実の乖離により、ノイローゼ状態に陥ってしまう。錯乱して耕平に殴打されている。
熊沢 茂市〈45 → 46〉
演 - 佐藤二朗
国語科担当。一見物静かで温厚そうな中年教師だが、生徒の問題行為を看過する事なかれ主義者。娘の担当教師殴打事件への対応が原因で、娘から白眼視されている。
雨木 真澄〈53 → 54〉
演 - 風吹ジュン
副校長。理不尽なクレームをつける保護者に対し決然と対抗処置をとる、喜里丘中学校の事実上の最高責任者。明日香の事件を「転落事故」として処理しようとする。学校という組織を守ることがすなわち生徒を守ることだという信念を持ち、そのためには手段を選ばない。常に冷静で、めったに感情をあらわにすることはないが、実は情の深い人物である。2001年に私立翔嘉学園中学校に勤務していたが、同じく在籍していた息子・音也の不祥事で、退職せざるをえなかった過去がある。その際、いじめの事実を公表することで事態を収拾しようとしたが、逆にバッシングを助長してしまい、結果として学校を崩壊させてしまう。裁判の過程でもはや隠蔽が不可能な状況となっても、かたくなにいじめの存在を否定し続ける。
大桑 久雄〈40 → 41〉
演 - 戸田昌宏
主任クラスの教師。経理担当。
高野
演 - じょじ伊東
剣道部の元顧問。
三澤 亜紀子
演 - 市川実和子
元2年3組担任だった、耕平の前任者。性格は非常に子供っぽく無責任。生徒思いではあったが、指導能力に乏しい。明日香のいじめ被害を報告するが、雨木に無視されたと感じ、教師を辞めた。
第二部では、原告証人となるが、反対尋問で勤務態度に問題のあったことが露呈してしまい、証言の信憑性を失う。
美術教師
演 - 諏訪友紀
保健教諭
演 - 横山真弓
鶴田
演 - 佐藤正和
理科教師
校長
演 - 鶴谷嵐
喜里丘中学校の校長。ほとんど登場しない。

生徒2年3組 → 3年3組[編集]

藍沢 明日香〈13〉
演 - 志田未来(小学生時:小野花梨
積木珠子の義理の娘。家庭的に恵まれず、児童養護施設「ひなぎくの家」で育つ。朋美とは幼少時からの親友。半年以上にわたり、クラスメイトから執拗にいじめを受けていた。校舎4階から転落して死亡、「転落事故」として処理される。死後、事件をうけたマスコミ中傷報道により、「悪質な非行少女」にされてしまう。その後は徐々に真実が明かされていくが…。
仁科 朋美〈14 → 15〉
演 - 谷村美月(小学生時:佐藤未来
明日香の唯一の親友。ピアニストを夢見ていたが、指の怪我のため断念した。明日香同様いじめの被害者であると珠子に告白する。証人として利用しようとした珠子が接近するも、一旦は承諾した証言をなぜか拒否する。
第二部では、特にいじめの対象となった描写はない。「加寿子へ謝罪の手紙を書く」という耕平の提案に賛同した数少ない生徒の一人。突如、最後の証人として出廷する。
山田 加寿子〈14 → 15〉
演 - 鈴木かすみ
ゴスロリ趣味をもつ眼鏡の少女。「ポー」という名でサイトを運営している。耕平に好意を抱き年相応の悪戯をする反面、しばしば驚くほど達観した言葉を漏らす。
第二部では、明日香の死後の新たないじめの標的にされ、「カス子」と呼ばれている。変装して裁判を傍聴するが、目の当たりにした耕平の言動に幻滅する。飛び降り自殺しようとするが、自作の詩を渡していた珠子の説得を受け思いとどまり、クラスの実態を語る。珠子の提案で不登校を実行、級友達の謝罪の手紙を渡す耕平にいつもの悪戯をして転校していく。
兼良 陸〈14 → 15〉
演 - 冨浦智嗣
剣道部所属。尊敬する父・兼良保の女子高生への買春行為に心を痛めている。2年3組(3年3組)のいじめの扇動者。両親に対するストレスの捌け口としていじめを行っている。
第二部では、いじめの容疑者として事情聴取を受ける一方で、加寿子をいじめ続けている。両親の意向で出廷し偽証を行うが、鬱憤が爆発し衝動的に父の買春行為を告発する。そして自業自得とは言え自分が次のいじめの標的となってしまい、自暴自棄となるが珠子に叱咤され、償いの第一歩としてクラスメイトの前で今までの自分の行いを告白、懺悔する。
朋美とともに偶然、父・保の買春行為を目撃する。父への怒りと擁護という相反する感情が、恋愛関係にある朋美への攻撃感情へと転化されていた。
山藤 拓巳〈14 → 15〉
演 - 登野城佑真
2年3組(3年3組)の生徒。授業を平然と無視したり、面白半分に早紀の過去を暴露するなど、親と同じく自己中心的な言動が目立つ。上述の陸のような現実からの逃避目的ではなく、単なる快楽目的で問題行為を行っている。
山西 麻衣〈14 → 15〉
演 - 伊藤沙莉
2年3組(3年3組)の生徒。女子でトップの成績を誇る優等生。自傷癖がある。陸に便乗していじめを楽しみつつも、「自身が主導している訳ではない」という理由から、いじめ行為への当事者意識が希薄であり、まったく罪悪感を抱いていない。明日香や加寿子ら被害者側のみならず、陰では陸らいじめ主導者側をも見下し馬鹿にしていた。
須藤 彩佳〈14 → 15〉
演 - 柳田衣里佳
2年3組(3年3組)の生徒。麻衣の友人で、同じく率先していじめに加担する。幼少時の体験によるシュークリームへのトラウマがある。
本多 雅樹〈14 → 15〉
演 - 池田晃信
白井 岳志〈14 → 15〉
演 - 城野真之介
徳田 嘉則〈14 → 15〉
演 - 吉田ニコル
2年3組(3年3組)の生徒たち。積極的にいじめに加担する、陸のとりまき。陸が弱みを見せた途端、すぐさまいじめの標的を陸に切り替える。


その他[編集]

洋食屋「ぶらじる」コック
演 - 土田アシモ
洋食屋「ぶらじる」おばちゃん
演 - よしのよしこ
西原 良枝
演 - 高田聖子
児童養護施設「ひなぎくの家」に勤める女性。
日野 圭輔
演 - 小市慢太郎
心療内科医。大学教授。
雨木 音也〈20 → 21〉
演 - 五十嵐隼士 (D-BOYS)
雨木真澄のひとり息子。母が自分を認めていないと感じ、憎悪している。
母親の真澄が翔嘉学園中学校で教鞭をとっていた2001年に同校に在籍していた音也は、いじめを行っていたクラスメイトの脚部をナイフで刺し、およそ成人まで刑務所に服役していた。刺傷事件を起こす前に「悪いイジメっ子は僕が処刑する」と漏らしていたという。
もとは繊細で優しい性格であったが、いじめの存在する学校生活や母親との確執の中で、いじめ加害者に制裁を加えていじめをなくせばいいという、暴力を信奉する歪んだ人格を形成していった。成人後も、別の高校のいじめ加害者への傷害事件により、1年間刑務所に服役していた。
第二部では、出所し保護観察を受けているようだが、血のついた服を隠したりなどと、しばしば怪しげな行動をとる。喜里丘中学校でいじめがあったことを見抜いてからは、喜里丘中学校周辺をうろつき監視している。また母の書類を盗み見ることで喜里丘中学校の内情を把握している。
上記の役柄は五十嵐が演じた『ウルトラマンメビウス』のビビノ・ミライとは正反対のキャラクターで、またメビウス終了からまだ2か月しか経過していないことから話題になった。
山藤 美佐
演 - 栗田よう子
山藤拓巳の母。拓巳の授業態度を注意した耕平に対し一方的な苦情を申し立てるなどの過保護ぶり、意図的な給食費滞納などの利己主義が目立つ、いわゆるモンスターペアレント
藍沢 謙太郎
演 - 河原雅彦
藍沢明日香の実父、積木珠子の元夫。訴訟の原告となる。ひそかに若年性認知症を患っており、持病への恐怖から失踪、珠子が明日香へ冷淡な態度をとる原因となるトラウマをつくる。ほとんどの記憶を失いつつも、娘のために原告になろうとする。
藍沢 惣次郎
演 - 山本學
藍沢謙太郎の父。事件報道の影響もあり珠子を忌避するも、息子・謙太郎の気持ちを汲み、息子に代わり法定代理人となる。
長部 祐一
演 - 斉藤嘉樹
3年の新聞部部員。元担任の希美に、名を「長谷部」と誤解されていた。
実緒
演 - 高瀬リエ
女子高生。保の援助交際相手。
瀬里 行彦
演 - 勝部演之
瀬里直之の父。加療入院中のクライサー法律事務所代表。妻を医療事故により喪った過去を持つ。医療過誤として告訴するか否かの選択を迫られ、和解を選んだ。このことは直之の精神的なバックボーンとなっている。
裁判官
演 - 矢島健一
珠子が喜里丘中学校相手に起こした裁判の裁判長。
村雲 初枝
演 - 森康子
西多摩市教育委員会の委員。判定委員会指導力不足教員の調査・認定を担当。
羽田
演 - 鶴田忍
教育委員会教育長。
熊沢 桜
演 - 波瑠
熊沢茂市の娘。女子高生。自身にセクハラをした担当教師に対し、殴打事件を起こす。ところが父・茂市が事情を無視し一方的に謝罪してしまったため父に不信と失望を抱き、親子関係は断絶してしまう。長期家出中。
兼良 保
演 - ???
兼良陸の父。警視庁刑事部長。一人息子の陸に、「清く正しく正直に生きよ」と教育していた。しかし、陰では女子高生と買春行為を行っており、後に我慢の限界を迎えた陸によってその事実を暴露され、取調べを受ける結末となった。
兼良 由香里
演 - 渡辺典子
兼良陸の母。陸に対し過干渉気味。夫の不貞行為を知りながら黙殺している。陸がいじめ加害者であることを否定し、そのように法廷で証言させるが、結果として陸の暴走を招いてしまう。

スタッフ[編集]

音楽[編集]

主題歌[編集]

BGM[編集]

  • 劇中ではセルゲイ・ラフマニノフ交響曲第2番第2楽章、第3楽章、ピアノ協奏曲第2番第2楽章にリピートなど若干のアレンジをくわえられたものが多用されている。それぞれ、深刻な事態や感動的な展開で使用されている。
  • 雨木音也の登場シーンでは、攻撃的なメタリカの「サム・カインド・オブ・モンスター」が使用された。

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2007年4月12日 いじめと裁判と 河毛俊作 14.2%
第2話 2007年4月19日 学校崩壊 11.3%
第3話 2007年4月26日 女教師の秘密の顔 葉山浩樹 10.7%
第4話 2007年5月03日 校庭の奇妙な事件 10.4%
第5話 2007年5月10日 職員室のイジメ!! 河毛俊作 09.0%
第6話 2007年5月17日 恋をする気持ち 西坂瑞城 10.1%
第7話 2007年5月24日 第一部完結!! 提訴 河毛俊作 10.2%
第8話 2007年5月31日 第二部!! 法廷対決 葉山浩樹 11.0%
第9話 2007年6月07日 大逆転の重要証人 西坂瑞城 11.9%
第10話 2007年6月14日 少年の立つ法廷 河毛俊作 12.1%
第11話 2007年6月21日 激震!!最後の証人 葉山浩樹 10.7%
最終話 2007年6月28日 感動のラスト!!希望の明日へ 河毛俊作 12.4%
平均視聴率 11.2%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品[編集]

CD・DVD[編集]

  • わたしたちの教科書 DVD-BOX 〜ディレクターズカット完全版〜(2007年10月17日発売)
  • わたしたちの教科書 オリジナルサウンドトラック(2007年5月28日発売)

小説版[編集]

内容はドラマ版と異なるところがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、菅野自身は非喫煙者であり、役作りのために初めて喫煙した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
拝啓、父上様
(2007.01.11 - 2007.03.22)
わたしたちの教科書
(2007.04.12 - 2007.06.28)
山おんな壁おんな
(2007.07.05 - 2007.09.20)