冷静と情熱のあいだ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

冷静と情熱のあいだ』(れいせいとじょうねつのあいだ、Calmi Cuori Appassionati)は、1999年に出版された辻仁成江國香織による恋愛小説。並びにこの小説を原作とした日本映画。

概要[編集]

この小説は、月刊誌にまず江国香織がストーリーを書き、次の刊行時に辻仁成が続きのストーリーを掲載するという、交互連載の形をとりながら書き上げられていった(掲載誌は、1997年から1998年まで『月刊カドカワ』、1998年から1999年まで『feature』)。同じ時系列に起こる出来事を、江國はあおいの目線で、辻は阿形順正(あがたじゅんせい)の目線で描いている。小説は連載が完結すると、江國のパートは赤い装幀で「Rosso(ロッソ)」、辻のパートは青い装幀で「Blu(ブリュ)」というネーミングが冠され、別々の単行本としてセット発売された。この小説は、当時50万部を超えるベストセラーとなった[1]。その後ミリオンセラーとなっている[要出典]

映画[編集]

冷静と情熱のあいだ
Calmi Cuori Appassionati
監督 中江功
脚本 水橋文美江
出演者 竹野内豊
ケリー・チャン
マイケル・ウォン
ユースケ・サンタマリア
篠原涼子
椎名桔平
音楽 エンヤ
主題歌 Wild Child(エンヤ)
撮影 津田豊滋
製作会社 フジテレビジョン
角川書店
東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 2001年11月10日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

映画では、阿形順正を竹野内豊が、あおいをケリー・チャンが演じた。

映画の撮影は、日本のほか、イタリアのフィレンツェミラノでも行われた。イタリアの美しい街並みと日本の学生街、そしてエンヤの神秘的な音楽が、絶妙に絡みあっている。

あらすじ[編集]

※ 映画用に新たに脚本が起こされているため、時間の流れや各シーンは多少小説と異なる。

大学を卒業後、絵画の修復士を志しイタリアフィレンツェの工房で学んでいた阿形順正(あがたじゅんせい)は、同じフィレンツェに住む芽実(めみ)という日本人の彼女にも慕われ、周りの人々から見たら一見順調な人生を歩んでいるようにみえた。しかし、彼の心の中には常に空虚感があった。香港からの留学生で、日本での学生時代をともに過ごし、深く愛し合いお互いを分かり合えた女性、あおいをいまだ忘れられなかった。

あるとき順正は、フィレンツェを訪れた友人の崇(たかし)から、あおいが同じイタリアのミラノにいることを知る。崇から得た情報をたよりにミラノを訪れてみると、あおいはアメリカ人ビジネスマンと生活を共にしていた。全く異なる人生をお互いが歩んでいることを知った順正は、日本に逃げ帰る。

順正の頭の中には、学生時代にあおいが言った「わたしの30歳の誕生日に、フィレンツェのドゥオーモのクーポラで会ってね。約束してね。」という言葉が常にあった。しかし、10年も前の約束をあおいが覚えているとは思えなかった。それにあおいがまだ順正のことを好きでいるはずはないと思っていた。

ある時イタリアの恩師が自殺をしたと工房の同窓生から電話が入る。フィレンツェでの葬式に参列した際、旧友の高梨からかけられた言葉をきっかけに、生活の場をまたイタリアにもどすことを決心をする。そして、芽実に別れを告げる。また以前と変わらない、イタリアでの時間が流れていき、その日はついにやってきた。順正はゆっくりとドゥオーモの階段を、クーポラ(聖堂の丸屋根)をめざして上っていく。やはり、あおいはそこにはいない。ドゥオーモの閉館時間も刻一刻と迫っていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

参考資料・脚注[編集]

  1. ^ 冷静と情熱のあいだ CINEMA TOPICS ONLINE

外部リンク[編集]