レスリー・チャータリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レスリー・チャータリス
誕生 1907年5月12日
シンガポール
死没 1993年4月15日(満85歳没)
イングランド ウィンザー
職業 推理作家、脚本家
国籍 イギリス
活動期間 1927年ごろ - 1963年?
ジャンル 推理小説
公式サイト http://www.lesliecharteris.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

レスリー・チャータリス: Leslie Charteris1907年5月12日 - 1993年4月15日)は、推理作家で映画脚本家。シンガポール生まれの中国人イングランド人の混血で、本名は Leslie Charles Bowyer-Yin[1]サイモン・テンプラー、通称「セイント(聖人)」の冒険を記した多数の小説でよく知られている。

生涯[編集]

チャータリスは中国人の父とイングランド人の母の間に生まれた。父は医者で、その祖先はの皇帝まで遡ると自称していた[1]。チャータリスは幼いころから文章を書くことに長け、ある時など自作の短編小説と詩と論説と記事、果てはマンガまで書いて一冊の雑誌を作ったことがある。ランカシャー Fleetwood の Rossall School に入学。

ケンブリッジ大学キングス・カレッジに入学した年に書いた小説が売れると、大学を辞め作家として1人立ちすることにした。チャータリスは因習にとらわれず、したいことをして裕福になりたいと考えていた。その後もスリラー小説を書きつつ、貨物船での荷役、宿屋のバーテンなど仕事を転々とした。他にも、金を採掘したり、真珠を採ったり、すず鉱山やゴム栽培園で働き、巡回ショーでイギリス中を回り、バスの運転手を勤めた。1926年、彼は姓を法的にチャータリスに変更した。この姓の由来は Francis Charteris(18世紀のスコットランドの貴族)と言われているが、BBC Radio 4 のドキュメンタリー "Leslie Charteris – A Saintly Centennial" でチャータリスの娘が語ったところによれば、電話帳からその姓を選んだだけだという。

長編3作目 Meet - The Tiger!(1928年)で、有名なサイモン・テンプラーが初めて登場し、人気が高まった。しかし1980年に再版された際に、チャータリスは序文でこの作品の出来には不満足であり、単にセイントシリーズの出発点という意味しかないと示唆している。チャータリスは Meet - The Tiger! を無視して2作目の Enter the Saint がセイントシリーズの最初だと主張することもあった。例えば、1960年代に Fiction Publishing Company(ダブルデイのインプリント)が再版した Enter the Saint では、本人が序文でそのように書いている。

小説家としてのライフワークがサイモン・テンプラーを主人公とするセイントシリーズだったのは確かで、他の小説は数少ない。例えば、ディアナ・ダービン主演の Lady on a Train脚本を自らノベライズしたものや、Manuel Chaves NogalesJuan Belmonte: Killer of Bulls を英訳したものなどがある。セイントシリーズについては長編、中篇、短編を35年間以上書き続けた。ちなみにさらにその後の20年間はゴーストライターにセイントシリーズを書かせ、自分は編集者のような役割を演じ、時には推敲もした。

1932年、アメリカ合衆国に移住。そこで短編小説を書きながら、パラマウント映画の脚本家となり、George Raft 主演の The Midnight Club の脚本を執筆した。そのころヒンデンブルク号に搭乗してニュージャージー州まで旅したことがある(有名なヒンデンブルク号爆発事故はその翌年)。

チャータリスは中国人との混血であったため、中国人排斥法(中国人の血が50%以上入っている人はアメリカに移住できないとする法律)のせいでアメリカでの永住権を得られなかった。そのため、6カ月ごとにビザを更新する必要があった。その後、議会は彼と彼の娘に帰化資格があると認め、アメリカでの永住権を与えた。

1940年代になると、セイントシリーズを執筆する傍ら、ベイジル・ラスボーン主演のシャーロック・ホームズのラジオドラマシリーズの脚本を書いた。1941年にはライフ誌上でセイントシリーズの短編が写真入りで掲載されたが、その写真でチャータリス本人がサイモン・テンプラーを演じていた。また、セイントシリーズがコミック化され、チャータリスがストーリー原案を作った。

1940年代には、セイントシリーズをベースにした映画がいくつか公開され、それなりに成功を収めた(シリーズをベースにしているが、特定の小説のストーリーに基づいていないものが多い)。

1952年、ハリウッド女優 Audrey Long(1922年生)と結婚。2人はイングランドに戻り、チャータリスは最終的にはサリーに落ち着いた。

作家としてはしばらく低迷したが、1962年から1969年、イギリスでロジャー・ムーア主演のテレビドラマシリーズ The Saint(邦題「セイント/天国野郎」) が放送された。

このシリーズでは多くのエピソードがチャータリスの短編をベースにしている。後の方になるとオリジナル脚本も使われ、チャータリスはそれらもノベライズしてセイントシリーズに加えた(The Saint on TVThe Saint and the Fiction Makers といったそれらの本にはチャータリスが作者として出ているが、実際には別に作者がいる)。その後、短期間ではあるが Ian Ogilvy 主演のテレビシリーズ Return of the Saint(邦題「テンプラーの華麗な冒険」) が放送され、さらに1980年代にはオーストラリアSimon Dutton 主演のシリーズが制作された。これらによりセイントシリーズの寿命が延びた。1980年代には実現しなかったものの、アメリカでのテレビシリーズの話があってパイロット版だけが制作され放送された。

小説家として以外に、チャータリスはアメリカの雑誌に料理のコラムを書いていた。Paleneo という絵画的言語も考案し、それについても本を書いている。さらにメンサの初期メンバーの1人でもあった。

セイントシリーズは百冊近くの本になっていった。チャータリス自身は1963年の The Saint in the Sun を最後に直接執筆することを辞めた。翌年出版された Vendetta for the Saint はチャータリス作とされていたが、実際にはSF作家ハリイ・ハリスンが作者である。その後、上述の通りテレビシリーズからのノベライズが出版されたが、これらも作者は別にいる(ただし、1970年代のいくつかの作品はチャータリスとの合作である)。Return of the Saint の脚本からもノベライズもある。チャータリスはこれら後期の作品については編集者として関わった。The Saint Mystery Magazine という雑誌の編集も行った。セイントシリーズの最後の作品は1983年の Salvage for the Saint である。

1997年のヴァル・キルマー主演の映画『セイント』はセイントシリーズのキャラクター設定を使った作品で、そのノベライズが出版された。また同年、チャータリス自身が1930年代に創設したファンクラブ "The Saint Club" もオリジナルの小説を出版した。これらの作者はいずれも Burl Barer で、彼はチャータリスとセイントシリーズについての本も書いている。

チャータリスは1993年4月16日ウィンザーで亡くなった。

結婚歴[編集]

チャータリスは4回結婚している。

  1. Pauline Schishkin と
  2. Barbara Meyer と
  3. Elizabeth Bryant Borst と
  4. (1952年)女優 Audrey Long(1922年生)と

主な日本語訳作品[編集]

長編または連作短編
  • 聖者の復讐(1957年)、Knight Templar (1930)
  • 聖者ニューヨークに現わる(1957年)、The Saint in New York (1935)
  • 奇跡のお茶事件(1959年)、Follow the Saint (1939)
ジュブナイル
  • ねらわれる男(1957年)
  • 怪紳士暗黒街を行く(1969年)
  • あかつきの怪人(1969年)
    • 以上3冊は『聖者ニューヨークに現わる』のジュブナイル版
  • なぞの怪盗セイント/美少女と宝石(1966年)、日本独自編集
    • なぞの怪盗セイント、The High Fence (1934)
    • 美少女と宝石、Dawn (1948)
  • 怪盗サイモン・テンプラー(1973年)、原作不明
  • 怪盗セイントの金庫やぶり(1990年)、日本独自編集
    • かくされた遺産、The Wicked Cousin (1939)
    • 怪盗セイントの金庫やぶり Judith aka The Naughty Niece (1948)
    • 名優セイント、The Star Producers (1939)

出典・脚注[編集]

  • Burl Barer, The Saint: A Complete History in Print, Radio, Film and Television 1928-1992. Jefferson, N.C.: MacFarland, 2003 (初版は1992年)
  • The Detective in Hollywood, Jon Tuska, 1978 ISBN 0-385-12093-1
脚注

外部リンク[編集]