アーウィン・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーウィン・ショー(Irwin Shaw, 1913年2月27日-1984年5月16日)は、米国劇作家小説家。本名アーウィン・ギルバート・シャムフォロフ(Irwin Gilbert Shamforoff)。ロシア系ユダヤ人ニューヨークブルックリン区生まれ。ブルックリン・カレッジ卒。1936年戯曲「死者を葬れ」などでデビューファシズムの危機を警告した「ブルックリン神話」連作を書く。1948年、第二次大戦における連合国ナチスの若者を描いた長編小説『若き獅子たち』を刊行(58年映画化)。70年には『リッチマン、プアマン』がベストセラーとなった。短編も多く、「夏服を着た女たち」はしゃれた短編として日本でもしばしば話題にのぼる。常盤新平が多く訳している。

邦訳[編集]

  • young Lions
    • 若い獅子たち 鈴木重吉,A.E.クラウザー共訳 筑摩書房 1952 「若き獅子たち」と改題、文庫 
  • 湖畔の情事 佐伯彰一三笠書房 1959
  • 夜の裏町の恋 短篇集 長谷川正平音羽書房 1967
  • 夏服を着た女たち 常盤新平訳 ニューヨーカー短篇集 第1 早川書房 1969 のち角川文庫 
  • ブレーメン号の水夫 常盤新平訳 ニューヨーカー短篇集 第2 早川書房 1969
    • Sailor off the Bremen 1939
  • サマー・ドレスの女たち 小島信夫訳 アメリカ短篇24 集英社 1970 (現代の世界文学)
  • フランス式にさようなら ニューヨーカー作品集 常盤新平訳 月刊ペン社 1971 「フランス風にさようなら」旺文社文庫
  • 娘ごころ・フランス風に 北山顕正,永井衷英宝社 1971
  • フランスの女を妻にした男 常盤新平訳 マドモアゼル短篇集 1 新書館 1972
  • Rich man, Poor Man
    • 富めるもの貧しきもの 大橋吉之輔訳 早川書房 1973 のち文庫 
  • Evening in Byzantium 1973
    • ビザンチウムの夜 小泉喜美子訳 早川書房 1979.5 のち文庫 
  • 小さな土曜日 小泉喜美子訳 早川書房 1979.11 のち文庫 
  • 犬にもなれない男たちよ 北山克彦サンリオ 1980.2
  • 真夜中の滑降 中野圭二訳 早川書房 1981.2 のち文庫
  • ニューヨークは闇につつまれて 常盤新平訳 大和書房 1981.11 のち講談社文庫 
  • 緑色の裸婦 短篇集 小笠原豊樹草思社 1983.7 のち集英社文庫 
  • 夏服を着た女たち 常磐訳 1984.5 (講談社文庫) のち文芸文庫 
  • 心変わり 常盤新平訳 王国社 1985.12
  • パリスケッチブック 中西秀男訳 サンリオ 1986.6 のち講談社文庫 
  • Mixed Company 1950
    • 混合ダブルス 常盤新平訳 王国社 1987.4 「ニューヨーク恋模様」講談社文庫
  • Lucy Crown 1956
    • ルーシィ・クラウンという女 佐伯彰一訳 大和書房 1987.12
  • Voices of a Summer Day 1965
    • 夏の日の声 常盤新平訳 講談社 1988.4 のち文庫 
  • Bread upon the Waters
    • はじまりはセントラル・パークから 平井イサク訳 講談社 1989.4 のち文庫 
  • Two Weeks in Another Town 1960
    • ローマは光のなかに 工藤政司訳 マガジンハウス 1990.11 のち講談社文庫 
  • Beggarman, Thief 1977
    • 乞うもの盗むもの 北山克彦訳 1991.2 (ハヤカワ文庫)
  • The Troubled Air 1951 
    • 乱れた大気 工藤政司訳 マガジンハウス 1994.2

参考[編集]

  • 英米文学辞典