ナサニエル・ベンチリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナサニエル・ベンチリー(Nathaniel Benchley, 1915年11月13日 - 1981年12月14日) は、アメリカ合衆国作家

父は作家で、ユーモアリストとして映画にも出演したロバート・ベンチリー。息子は、『ジョーズ』で知られる作家のピーター・ベンチリー

略歴[編集]

マサチューセッツ州ニュートンに生まれる。ハーバード大学卒業。

1939年に「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」に入社。第二次大戦後には「ニューズウィーク」に入社するが、1947年に退社。

作家となり、一般文学や児童文学、そして父親のロバート・ベンチリーや親しい友人だったハンフリー・ボガート等の伝記を書いた。

翻訳された著作[編集]

一般文学・伝記[編集]

  • 『親父と息子』 A Firm Word or Two 早川書房 1967年
  • 『ボギー』 Humphrey Bogart 晶文社 1980年10月

児童文学[編集]

  • 『かわうそのオスカーくん』旺文社 1977年12月
  • 『カヌーはまんいん』文化出版局 1978年12月
  • 『世界のメルヘン8 アメリカ童話2 魔法のそり』講談社 1981年1月
  • 『いたずらスニップいねむりダンカン』あかね書房 1984年5月