最後の一葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

最後の一葉」(さいごのいちよう/ひとは、原題:The Last Leaf)は、オー・ヘンリーの短編小説。「最後の木の葉」とも。日本でも小中学校の教科書にも採用されており、知名度が高い。

あらすじ[編集]

壁を這う(つた)の葉

ワシントン・スクエアの西側にある、芸術家が集まる古びたアパートに暮らす画家のジョンジー(ジョアンナ)と同じく画家のスー。貧しいながら暖かい生活を送っていた中、ある日ジョンジーは重い肺炎を患ってしまう。スーは、医者から「ジョンジーは生きる気力を失っている。このままでは彼女が助かる可能性は十のうち一」と告げられる。心身ともに疲れ切り、人生に半ば投げやりになっていたジョンジーは、窓の外に見える煉瓦の壁を這う、枯れかけたの葉[1]を数え、「あの葉がすべて落ちたら、自分も死ぬ」とスーに言い出すようになる。

彼女たちの階下に住む老画家のベアマンは、口ではいつか傑作を描いてみせると豪語しつつも久しく絵筆を握らず、酒を飲んでは他人を嘲笑う日々を過ごしていた。ジョンジーが「葉が落ちたら死ぬ」と思い込んでいることを伝え聞いたベアマンは「馬鹿げてる」と罵った。

その夜、一晩中激しい風雨が吹き荒れ、朝には蔦の葉は最後の一枚になっていた。その次の夜にも激しい風雨が吹きつけるが、しかし翌朝になっても最後の一枚となった葉が壁にとどまっているのを見て、ジョンジーは自分の思いを改め、生きる気力を取り戻す。

最後に残った葉はベアマンが嵐の中、煉瓦の壁に絵筆で描いたものだった。ジョンジーは奇跡的に全快を果たすが、ベアマンは肺炎になり、最後の一葉を描いた2日後に亡くなる。真相を悟ったスーは物語の締めくくりで、あの最後の一葉こそ、ベアマンがいつか描いてみせると言い続けていた傑作であったのだと評する。

解説[編集]

ある一面からは、この物語はベアマン老人の自己犠牲を描いた物語と解釈することができる。一方でこの物語は、芸術の世界にしがみつき、傑作をものにすべく高みを求め続けた老芸術家の生き様を、壁を這う老いた蔦に重ね合わせて描いた作品であると解釈される場合もある[2]

なおベアマンはドイツ出身らしく、彼の台詞には"Vass!"(:was=:what)、"mit"(英:with)などのドイツ訛りが転写されて登場する。

脚注[編集]

  1. ^ 日本語訳では木の葉と訳される場合もある。英語原文では“ivy leaf”(セイヨウキヅタ、あるいはつる植物の総称)となっている。Wikisource reference O. Henry. The Last Leaf (Henry). - ウィキソース. 
  2. ^ 木下高徳 「アメリカ文学編 O・ヘンリー作 最後の一葉」『世界文学の名作と主人公 総解説』 自由国民社〈総解説シリーズ〉、1994年10月31日、改訂版第1刷、158頁。ISBN 4-426-60606-3

外部リンク[編集]