大杉君枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおすぎ きみえ
大杉 君枝
プロフィール
出身地 日本の旗 日本東京都杉並区
生年月日 1963年7月4日
没年月日 2007年2月2日(満43歳没)
血液型 AB
最終学歴 立教大学
勤務局 日本テレビアナウンサー
活動期間 1987年2007年
ジャンル 情報番組
出演番組・活動

大杉 君枝(おおすぎ きみえ、(旧姓:鈴木)、1963年7月4日 - 2007年2月2日)は、日本テレビの元アナウンサーである。

来歴・人物[編集]

東京都杉並区出身。姉はジャズシンガーの鈴木陽子。光塩女子学院高等科出身。立教大学社会学部卒業後、1987年に日本テレビに入社。同期アナウンサーは保坂昌宏

大学生時代実家が不審火で火事になり、父親と弟が焼死している。

1997年11月に不動産業を経営している男性と結婚したが、2002年2月に離婚。2003年8月に広告代理店電通に勤務する10歳年下の男性と再婚。仕事でも夫の姓である「大杉」姓に変更。不妊治療の末、2006年10月に43歳で第1子となる男児を出産。

育児休業中の2007年2月2日、東京都渋谷区の自宅マンションから転落死。遺書らしきものが残されており自殺と見られる[1]。出産後に全身の疼痛を伴う原因不明の病気である線維筋痛症を発症し治療を受けていた[2]

番組出演履歴[編集]

上記のほか、日テレNEWS24の気象情報の自動音声と提供スポンサーの声も担当していた(本人の逝去後、新音声への入れ替えまで、当該気象情報はナレーション無しであったが、気象情報の自動音声と提供スポンサーの声は、後輩の杉上佐智枝アナウンサーが引き継いだ)。

映画出演履歴[編集]

  • 模倣犯(2002年、東宝):アナウンサー

脚注[編集]

関連項目[編集]